祖国の歌 (ソビエト連邦の歌)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 祖国の歌(ロシア語: Песня о родине, tr. Pesnya o rodinye)は、ソビエト連邦の曲である。 ロシアの音楽家であるイサーク・ドゥナエフスキーによって作曲され、ヴァシリー・レベジェフ=クマチによって作詞された。

歴史[編集]

この曲は1936年の映画サーカス」の主題歌として初登場した。 この映画は、アフリカ系アメリカ人との混血の子供を産んだ後に人種差別を受け、ソ連に亡命したアメリカ人女性の物語である。 彼女はサーカスの活動の一環としてソ連を訪れ、そこでパフォーマンスディレクターのイワン・ペトロヴィッチ・マルティノフに恋をする。 彼女が新しい環境に同化するにつれて、彼女の愛はマルティノフだけでなく、ソ連という国家、それを洗練させた理想、そしてソビエト社会で新たに発見した自由にも向けられる。 この祖国の歌のメロディーとコーラスは映画の至るところに現れ、最後のスタンザの両方の部分は、映画のラストシーン、赤の広場のメーデーパレードで主人公たちが行進する部分で歌われる。

この歌は大人気を博し、1937年には、全曲(4番まで)の録音が発表された。また1939年には、ビブラフォンで演奏された最初のコーラスノートがソ連国営ラジオの正式なコールサインとなった。 しかしその後スターリン批判が巻き起こると、3番の歌詞はスターリン憲法に言及していたために削除され、同志の団結とマルクス主義を強調する新しい歌詞に置き換えられたが、この部分は歌われず、1番、2番、4番のみのバージョンが歌われることが多い。

この歌はのちに、ドイツ語やハンガリー語を含む東側諸国の他のいくつかの言語にも翻訳され、朝鮮語や中国語のバージョンも存在している。 また、CIS諸国においてはソ連崩壊後も、国土の広大さを称える歌詞から特にロシア連邦で愛国的な曲として人気があり、公的な場で歌われることも多い。

歌詞[編集]

Широка страна моя родная,

Много в ней лесов, полей и рек!

Я другой такой страны не знаю,

Где так вольно дышит человек.


От Москвы до самых до окраин,

С южных гор до северных морей

Человек проходит, как хозяин

Необъятной Родины своей.


Всюду жизнь и вольно и широко,

Точно Волга полная, течёт.

Молодым везде у нас дорога,

Старикам везде у нас почёт.


Широка страна моя родная,

Много в ней лесов, полей и рек!

Я другой такой страны не знаю,

Где так вольно дышит человек.


Я другой такой страны не знаю,

Где так вольно дышит человек.

外部リンク[編集]

en:Wide is My Motherland


This article "祖国の歌 (ソビエト連邦の歌)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:祖国の歌 (ソビエト連邦の歌).