知の高速道路

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 知の高速道路(ちのこうそくどうろ)とは、2006年のベストセラー梅田望夫の著書「ウェブ進化論」のなかで羽生善治名人が語った学習論の一つである。学習の高速道路(がくしゅうのこうそくどうろ)とも同義である。

概要[編集]

ITとネットが進化したことによる変化として、従来は機会を得ることが難しかったような優れた対戦相手とより多くの対戦をこなす機会が誰でも容易に手に入るようになった。これによって効率的な学習環境で学習することができる。特に将棋に関して、このことを「ウェブ進化論」の中で羽生善治名人は「高速道路が敷かれた。」と表現した。その後、将棋に限らずITとネットの普及によって効率的な学習環境が確立された状況を包括的に表現して「知の高速道路」と表現するようになった。

問題点[編集]

「ウェブ進化論」のなかで羽生善治名人は「高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起きています。」と述べた。これは誰でも容易に高効率な学習環境の中で学習するため、ある程度の学習を積んだもの同士での比較で、他者よりも抜きんでることがより難しくなっていることを表現したものである。 このことを2009年5月出版の梅田望夫著「シリコンバレーから将棋を観る」のなかで羽生善治名人は超一流 = 才能 × 対象への深い愛情ゆえの没頭 × 際立った個性という方程式を示し、以下のように述べた。「「知の高速道路」が敷設され、癖のない均質な強さは昔に比べて身につけやすくなった。しかし「高速道路を走りきった後の大渋滞」を抜けるには、加えてこれらの三要素が不可欠なのだ。特に「際立った個性」の強さが、最後の最後に紙一重の差を作り出す源となるのである。そしてそれは、どんな分野にもあてはまる普遍性を有する。私は、これからの時代の「超一流」を目指すとは、突き詰めればこういう事なのではないかと思うに至ったのである。[1][2] また、2017年の羽生善治名人著「人工知能の核心」のなかで以下のようにも指摘している。「私が最も強く懸念しているのは、この「学習の高速道路」を走るなかで、大量の情報を得ることに追われて、かえって自分の頭で課題を解決する時間がなくなっていくことです。実のところ私は、今の若い棋士たちの、未知の局面に出合ったときの対応力が少々落ちている気がしています。

解決案[編集]

2007年11月出版梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」のなかで「大渋滞」から脱出するために必要なこととして以下のように述べている。 「自らの「向き不向き」と向き合い、自らの志向性を強く意識し、「好きを貫く」ことこそが競争力を生む。」 大渋滞の中で没個性にならないために「好きを貫くことが必要であると述べている。

脚注[編集]


This article "知の高速道路" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:知の高速道路.