Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

生きたメキシコ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 生きたメキシコ (いきたメキシコ) とはメキシコの殺人事件の俗称で、インターネットで検察すると、非常にグロテスクな映像が検索結果にヒットする、いわゆる”検索してはいけない言葉”として有名ある。しかし、このワードで検索してもすぐに、動画がヒットすることはあまりない。「生きたメキシコ」の由来は、犯人が被害者に生きたまま拷問をする事件だった事から、そう呼ばれている。

見るだけでトラウマになる可能性があるので、絶対に興味本位で検索してはいけない。

概要[編集]

生きたメキシコは、メキシコの麻薬カルテル、ロス・セタスが警察官の親子を拷問の末殺害するというものである。


詳細(閲覧注意)[編集]

動画が始まると、まず親子2人が、屋外で拘束されているシーンから始まる。(左が父親、右が子供)

次にカルテルのメンバーらしき人が父親の髪を掴んで、何か質問をする。しかし、父親は答えずに息子に心配をしている。

カルテルのメンバーが棒のようなものと取り出し、父親を殴打している。 そして、散々殴った後にカルテルのメンバーがナイフを取り出し、父親の首を斬首する。 父親が殺害されている間、息子は空を見上げている。

父親が殺害された後、息子への拷問が始まる。

始めに、抵抗する息子を押さえつけ、皮膚をナイフで剥がしていく。 ナイフで皮膚を剥がしていくと、内臓のようなものが見えてくる。

最後に生きたまま心臓を取り出して、息子は絶命。 息子の遺体の上に心臓が置かれて動画は終了

このような拷問が行われる理由[編集]

メキシコではメキシコ麻薬戦争などの影響で、メキシコ政府、各麻薬カルテルなどの間で対立状態にある。そのためカルテルが敵対する組織のメンバーを拷問し、その映像を見せしめの為にインターネット場に公開しているとされている。

犯人[編集]

犯人についてはあまりわかっていないとされている。この事件にロス・セタスが関与していると言われているが、詳しいことはわかっていない。また、仮に犯人がわかったとしても、メキシコ内は、麻薬カルテルに実質支配されている状態にあるので、犯人がロス・セタスのような大きな麻薬カルテルだった場合が逮捕されない可能性もある。


This article "生きたメキシコ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:生きたメキシコ.