栗原知己

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 栗原 知己(くりはら ともみ、1966年 - )は、日本のまちづくり、都市開発、地域ブランディングの専門家である。現在、株式会社クオル[1]。代表取締役。

人物[編集]

京都市生まれ。[2]。京都工芸繊維大学建築学科 大学院修了後、森ビル株式会社に就職。

「六本木ヒルズ」「愛宕グリーンヒルズ」「お台場ヴィーナスフォート」 などの大規模複合施設の企画開発・運営を担当するなかで、地域の管理運営手法である「タウンマネジメント」に従事。イルミネーションや映画祭などまち全体のイベントをプロデュースし新たなまちづくりの可能性を見出す。

専門[編集]

・都市デザイン、商業施設・公共空間、公園・広場の設計

・イベントのプロデュース

・タウンマネージメント・エリアマネジメント、パークマネジメント

・地域の活性化・ブランド化

・地域コミュニティの開発

・広告媒体の企画開発、デジタルサイネージ

主な仕事[編集]

2017年

・ハレザ池袋豊島区庁舎跡地エリアの愛称 公募・選定ディレクション[3]

2016年

・[立川タクロス]再開発施設ネーミング提案

[福徳の森]日本橋エリア広場空間のディレクション

[G4 BRICKS BLD.] 銀座オフィスビルのデザイン監修

2015年

[品川シーズンテラス]エリアマネジメント組織運営

[品川プリンスホテル]いちょう坂のリニューアル監修

2014年

・[江戸桜通り地下歩道]一般社団法人日本橋室町エリアマネジメントの設立

2013年

[ 磯子タウンマネジメント倶楽部] 大規模マンションのコミュニティ形成

[ワテラス] 一般社団法人淡路エリアマネジメント組成コンサルティング

掲載記事・インタビュー他[編集]

•2018年04月: エリマネを体系的に学ぶ講座開設/クオル

•2016年08月: EKISUMER Vol.29「駅前エリア価値向上について考える」

•2016年10月: 企業×HAPIKU「まちづくりの伝道師として。タウンマネジメントで未来を切り拓く。」

•2016年 2月: 週刊ビル経営「不動産ソリューションブック」タウンマネジメント総論

•2015年 9月: 週刊ビル経営「街づくりの新潮流 タウンマネジメント」

•2012年 2月: リクルートブリリア特集号「Create new Stage」

•2011年10月: Webマガジン ACROSS REPORT「TOWN DESIGN CAFE(タウンデザインカフェ)」

•2011年10月: 伊藤忠FA 流行誌Vol.75「コラム有識者に聞く、震災を経て街のコミュニティ力が重視される時代に」

•2011年 9月: 商店建築9 月号「社会を変えるデザインキーワードVol.5」

外部リンク[編集]

株式会社クオル


This article "栗原知己" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:栗原知己.

  1. QUOLについて”. QUOL Co.,Ltd.. 2018年7月22日閲覧。
  2. まちづくりの伝道師として。タウンマネジメントで未来を切り拓く。”. HAPIKU Vol.03 (2016年10月24日). 2018年7月22日閲覧。
  3. 庁舎跡地エリアの愛称「Hareza(ハレザ)池袋」に決定”. 豊島区区政情報. 2017年3月28日閲覧。