Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

木下富美子

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

スクリプトエラー: モジュール「Protection banner」はありません。

日本の旗 日本の政治家
木下 富美子
きのした ふみこ
生年月日 (1966-10-13) 1966年10月13日(54歳)
出生地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
出身校 東京外国語大学
前職 博報堂従業員
所属政党 (都民ファーストの会→)
無所属(SDGs東京)
公式サイト 木下ふみこ(都議会議員)公式サイト

東京都の旗 東京都議会議員
選挙区 板橋区選挙区
当選回数 2回
在任期間 2017年7月23日 - 現職
テンプレートを表示

木下 富美子(きのした ふみこ、1966年10月13日 - )は、日本の政治家。東京都議会議員(2期)。活動名および議員名簿上の表記は木下ふみこ[1]

来歴[編集]

生い立ち・学生時代[編集]

愛知県名古屋市に生まれる。名古屋市立富士見台小学校、名古屋市立千種台中学校、名古屋市立向陽高等学校を経て、1985年東京外国語大学スペイン語学科入学と同時に上京。1年間休学し、アルバイトで貯めた資金で渡西。マドリードにてスペイン語・スペイン文化を学ぶ。通訳案内士(英語)の資格を取得[2]

博報堂勤務時代[編集]

1990年、株式会社博報堂入社。入社4年目から3年間香川県高松市に転勤。1999年、出産・育児に伴う休業を経て広報室に復帰[2]。2003年に当時環境大臣であった小池百合子が手掛けた地球温暖化対策国民運動「クールビズ」キャンペーンに参画[3]。地域ブランディングを専門とする「地ブランド[4]」プロジェクトを立ち上げる。「みんなの力で未来を創る」に携わる。2012年〜14年内閣府男女共同参画局に出向。女性の活躍促進政策、ダイバーシティ政策の企画立案を担当[3]。広報の責任者を務める。2015年〜17年内閣官房まち・ひと・しごと創生本部より派遣され、北海道江差町顧問(非常勤)となる。豊島区長主催のとしまF1会議出席がきっかけとなり、2015年、豊島区国際アート&カルチャー都市懇話会委員に就任[2]

2016年10月、小池百合子都知事が主宰する政治塾「希望の塾」が開講[5]。同塾に入塾[2]

東京都議会議員[編集]

2017年3月28日、都民ファーストの会は2017年東京都議会議員選挙の板橋区選挙区に下村博文の元秘書の平慶翔を擁立したと発表[6]。さらに4月21日、木下を同選挙区の2人目の公認候補に決定した[7]。同年7月2日に行われた都議選に同選挙区より立候補し、得票数(39,230票[8])1位にて初当選した(平も3位で当選)。同月23日、東京都議会議員就任。東京都議会都市整備委員会委員、東京都男女平等参画審議会委員、板橋区消防団運営委員会委員[2]

2018年9月、都民ファーストの会東京都議団副幹事長に就任。東京大学大学院都市工学専攻都市持続再生学コースに入学。同年10月より東京都議会厚生委員会委員[9]に、東京都観光事業審議会委員として活動。2019年9月、都民ファーストの会東京都議団副政調会長に就任、東京都消費対策審議会委員として活動。2020年10月より東京都議会総務委員会委員、東京都動物愛護審議会委員、東京都中小企業対策審議会委員として活動[2]

2期目の再選[編集]

2021年7月4日に行われた東京都議会議員選挙で都民ファーストの会は、平慶翔を板橋区選挙区から千代田区選挙区に国替えさせ、木下はそのままとした。得票数3位で再選した[10]。しかし、投開票翌日の5日に、後述の選挙期間中の無免許事故が報道で明らかになり、都民ファーストの会はこれを受け「明確な法律違反で、公人としてあるまじき行為」とした上で、木下を除名処分とした[11][12][13]

7月15日、自民・公明・共産・立憲民主の各党および一人会派は、木下に対する議員辞職勧告決議案を共同提出する方針を固めた。都民ファーストの会も同調し[14][15]、改選後の任期初日の7月23日の臨時会で全会一致で可決された。木下氏はこの日の臨時会も欠席した[16]

無免許運転事故[編集]

2021年東京都議選期間中の7月2日午前7時半ごろに板橋区高島平3丁目の「高島平二丁目交差点」で車をバックさせて衝突事故を起こしていたこと、免許停止期間中の無免許状態であったことが、投票翌日の7月5日に報道された[11][17]。この事故により車を運転していた50代の男性と同乗者の妻が軽傷を負った[18][19]。男性は7月下旬、TBSの取材に事故の詳細を証言。交差点内で右折の表示が出ても木下が進まなかったため、男性がクラクションを鳴らすと木下は勢いをつけてバックしてぶつけた。青信号になった途端、木下はスピードを出して直進。男性もまっすぐ追いかけ、200メートル先で木下の車をとめたという。警視庁はあて逃げの可能性も調べている[20]

木下はメディアの取材に「大きな事故ではまったくない」「2月ごろに免許停止になったが、事故当日は停止期間が終わったと勘違いをしていた」「選挙活動中で、選挙対策本部には(事故を起こしたことを)話したが、他には説明できていなかった」などのコメントを出した[18][19][21]。これに対し、交通事故を専門の一つとする弁護士は新聞紙上で「免停期間中は免許証が取り上げられている状態のため、期間を勘違いしたという話はにわかに信じがたい」と指摘した[22]

同日午後、都民ファーストの会は木下を「当面の間、党員資格停止処分とする」と発表した[23][18][19]。その後、「除名処分」とすることを決定[12]。木下は産経新聞の取材に対し、「仕事をしていくことで期待に応えたい」として議員辞職はしない考えを示している[24]。同年7月6日、板橋区役所で行われた当選証書付与式を無断欠席した[25][26]。木下は前日の除名処分の決定に対して弁明をしなかったため、都民ファーストの会は同日付で木下を正式に除名した[12]。同日、木下は、一人会派である「SDGs東京」を立ち上げた[27][28][29]。小池はこれに対して7月9日の定例会見で「新しい会派を作るという出処進退の選択肢があることに私は大変驚いた」と述べた[30]

7月7日、小池は木下の問題について、報道陣の取材に「それは論外です。この後の対応の仕方についてもよく自分を律されることが重要だと思う」と述べた[31][22]。同日、都民ファーストの会の荒木千陽代表は「出処進退についての熟考を求めたい」として、議員辞職を求める考えを示した[32]。7月8日、木下は自身のホームぺージの各ページを取り下げ、謝罪文のテキストだけを掲載。「捜査中の案件なので、弁護士の助言を受けて、それが整理された段階で説明したい」と述べた[33]

7月9日、東京新聞が報じたところによると、木下の進退問題について、7月8日夕方までに都議会局や都選挙管理委員会に「辞職するべきだ」「給与が出るのはけしからん」など430件以上の抗議が寄せられたという[34]。7月11日、木下は自身のTwitterに鍵をかけ、非公開にした。また前後して、自身の政治活動用のFacebookを閲覧不能にした[35]。7月14日、東京新聞は、木下が謝罪文をホームぺージに載せただけで公の場に姿を現していないことに言及し、「説明責任を放棄している」と指摘。同記事でジャーナリストの鈴木哲夫は「謝罪文は一方的に出しているだけ。会見などで、負託を受けている有権者が思う『なぜ』に答えることができないのであれば、辞職するしかないだろう」とコメントした[36]

交通事故発覚に伴って報じられた諸問題[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

  • 木下は2018年から2021年にかけて、5回免許停止処分を受けていた。違反の内訳は速度違反2回、携帯電話使用2回、信号無視1回、一時停止無視1回[37]
  • 同じ選挙区から立候補していた他の候補や陣営は、木下が告示前や選挙期間中に自動車を運転する姿をたびたび目撃したと証言[22][38][39]。なお木下は自身のホームページで、保有資格に「普通自動車運転免許」を挙げている[18]
  • 木下の選挙を応援していた板橋区議の南雲由子は公式サイトで、2日の事故直後、木下本人から警察署に迎えに来てほしいと依頼され、その際「今回の事故で免許停止になった」と無免許運転を隠す虚偽の説明を受けたと明らかにした[22]
  • 木下は自身のSNSにオートバイで活動している様子を4月から掲載していたが、当該投稿をいずれも7月7日までに削除した[40]
  • 木下の選挙スタッフが7月2日に公職選挙法違反に問われる可能性がある「20時以降のビラ配り」をしていた疑いが報じられている[41][42]
  • 6月6日に自身のFacebookに「6/5 事務所開きを開催いたしました」として掲載した写真の中に、元板橋区議会議員で故人の橋本祐幸の為め書き(応援メッセージ)があったことについて、橋本の娘で木下と同じ板橋区から都議選に出馬し落選した橋本久美は無断使用であるとして抗議。公職選挙法違反(虚偽事実公表)の可能性が指摘されている[43]
  • 木下が選挙事務所で使用していた自身と小池百合子都知事の顔写真と名前が入った看板について、公職選挙法に定められた規格を大きく逸脱し、上述の20時過ぎのビラ配りよりも違法性が悪質と指摘されている[44]
  • 木下は告示日から投票前日までの選挙運動期間中にFacebookに記事広告を出稿しており、公職選挙法違反(選挙期間中の候補者個人による有料ネット広告規制違反)が指摘されている[45]

タイムライン[編集]

7月2日 午前7時半ごろ、板橋区高島平3丁目の交差点で車をバックさせて衝突事故を起こす[11]
7月4日 都議会板橋区選挙区より再選[10]
7月5日 選挙期間中の無免許事故の報道[11]
都民ファーストの会が木下を除名処分とすることを決定[12]
7月6日 都民ファーストの会から正式に除名[12]
一人会派である「SDGs東京」を立ち上げる[28][29]

人物[編集]

  • シングルマザーとして働きながら娘を育てている[46]
  • 趣味は食べ歩き、旅行、カラオケ、スキー[2]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『地ブランド 日本を救う地域ブランド論』弘文堂(2006年)博報堂地ブランドプロジェクト 編著
  • 『幸せの新しいものさし 一足先に次の豊かさを見つけた11人』PHP総研(2010年)博報堂大学幸せのものさし編集部著
  • 『未来につなげる地方創生 23の小さな自治体の戦略づくりから学ぶ』日経BP社(2016年)内閣府 地方創生人材支援制度 派遣者編集チーム 編

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. 木下ふみこ|議員名簿”. 東京都議会. 2021年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月7日閲覧。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 略歴 プロフィール 木下ふみこ(都議会議員)公式サイト”. 木下ふみこ(都議会議員)公式サイト. 2021年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月10日閲覧。
  3. 3.0 3.1 都民ファーストの会” (日本語). tomin1st.jp. 2018年12月20日閲覧。
  4. 地ブランド | 弘文堂”. www.koubundou.co.jp. 2018年12月20日閲覧。
  5. 小池都知事の政治塾開講=2900人参加、新党へ布石も時事通信 2016年10月30日
  6. “平愛梨の弟・慶翔氏 都議選候補者に 小池都知事率いる「都民ファーストの会」で”. スポーツニッポン. (2017年3月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/03/28/kiji/20170328s00041000179000c.html 2021年7月7日閲覧。 
  7. 平成29年執行 東京都議会議員選挙 都民ファーストの会 公認候補予定者決定(十次)”. PR TIMES (2017年4月21日). 2021年7月6日閲覧。
  8. 都議会議員選挙(平成29年7月2日執行) 投開票結果 | 東京都選挙管理委員会”. www.senkyo.metro.tokyo.jp. 2018年12月20日閲覧。
  9. 常任委員会名簿 | 東京都議会”. www.gikai.metro.tokyo.jp. 2018年12月20日閲覧。
  10. 10.0 10.1 板橋区 開票速報・結果 - 2021都議選(東京都議会議員選挙) :朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月4日閲覧。
  11. 11.0 11.1 11.2 11.3 “【独自】都民ファ・木下ふみこ都議が衝突事故 無免許か”. FNNプライムオンライン. (2021年7月5日). https://www.fnn.jp/articles/-/205582 2021年7月6日閲覧。 
  12. 12.0 12.1 12.2 12.3 12.4 長嶋徳哉、佐藤果林 (2021年7月7日). “無免許事故で議員除名「水差された」、都民ファ内に怒り…失った1議席に大きな意味”. 読売新聞. https://www.yomiuri.co.jp/national/20210706-OYT1T50268/ 2021年7月7日閲覧。 
  13. 都民ファーストの会” (日本語). tomin1st.jp. 2021年7月9日閲覧。
  14. 軽部理人. “都民ファ除名の木下都議に辞職勧告決議案 臨時会提出へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月15日閲覧。
  15. 無免許事故の都議に辞職勧告へ 都民ファも同調、可決見通し|全国のニュース|北國新聞” (日本語). 北國新聞. 2021年7月15日閲覧。
  16. “木下富美子都議への辞職勧告決議を可決、本人は欠席”. 朝日新聞. (2021年7月23日). https://www.asahi.com/articles/ASP7R3SV7P7RUTIL008.html 2021年7月23日閲覧。 
  17. “都議選で当選の都民ファ木下氏、選挙期間中に無免許運転か 除名処分に”. 東京新聞. (2021年7月6日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/114747 2021年7月6日閲覧。 
  18. 18.0 18.1 18.2 18.3 再選の木下富美子都議、無免許運転か 交差点で事故:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2021年7月5日閲覧。
  19. 19.0 19.1 19.2 都民ファ議員が無免許運転 選挙期間中に衝突事故―警視庁:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月5日閲覧。
  20. “【独自】“無免許”都議“当て逃げ”か 被害者がJNNに初証言”. TBS News. (2021年7月22日). https://www.youtube.com/watch?v=a2uRuCm_Bjs 2021年7月23日閲覧。 
  21. 都議、当選前に人身事故 無免許運転か” (日本語). 日本経済新聞 (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  22. 22.0 22.1 22.2 22.3 大森貴弘、鬼丸明士 (2021年7月8日). “無免許事故都議「辞めて」 都議会に380件”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20210708-4JZ3TIL235KELC7LI7WEFMDNDA/ 2021年7月8日閲覧。 
  23. “都民ファ、無免許で人身事故の都議除名処分”. 共同通信. (2021年7月5日). https://nordot.app/784790821653626880 2021年7月5日閲覧。 
  24. 木下都議が無免許人身事故 選挙期間中、辞職はせず”. 産経ニュース. 産経新聞 (2021年7月5日). 2021年7月6日閲覧。
  25. 都民ファ除名処分の木下ふみこ氏 当選証書付与式に姿見せず – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年7月6日閲覧。
  26. 日本テレビ. “除名の木下議員、当選証書授与式を無断欠席|日テレNEWS24” (日本語). 日テレNEWS24. 2021年7月6日閲覧。
  27. 木下ふみこ|議員名簿|東京都議会”. www.gikai.metro.tokyo.jp. 2021年7月10日閲覧。
  28. 28.0 28.1 会派等別議員名簿 | 東京都議会”. www.gikai.metro.tokyo.jp. 2021年7月7日閲覧。
  29. 29.0 29.1 無免許事故の木下氏が新会派 都民ファースト除名で―都議会:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年7月7日閲覧。
  30. 小池知事「新会派を作る出処進退に驚いた」 無免許運転の木下都議の「SDGs 東京」発足に”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年7月9日). 2021年7月9日閲覧。
  31. “小池知事「それは論外です」 無免許運転の元都民ファ・木下氏に”. 東京新聞. (2021年7月7日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/115228 2021年7月8日閲覧。 
  32. “無免許運転で交通事故 木下ふみこ氏に都ファ代表「議員辞職を求める」”. FNNプライムオンライン. (2021年7月7日). https://www.fnn.jp/articles/-/206702 2021年7月9日閲覧。 
  33. 都議会議員 木下ふみこ
  34. 小池知事「新会派を作る出処進退に驚いた」 無免許運転の木下都議の「SDGs 東京」発足に”. 東京新聞 TOKYO Web (2021年7月9日). 2021年7月9日閲覧。
  35. 木下ふみこ 都議会議員/板橋区 Facebook
  36. 木原育子 (2021年7月14日). “再選後に免停中事故公表の木下都議に批判広がる 「免停期間を勘違い」? 不自然な言い訳、会見もなく”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/116446 2021年7月14日閲覧。 
  37. ““無免許”都議 過去5回…免停中のバイク走行映像”. テレビ朝日. (2021年7月22日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000223388.html 2021年7月23日閲覧。 
  38. 免停中に人身事故の都民ファ・木下ふみこ氏 事故前も運転していた – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年7月6日閲覧。 [信頼性要検証]
  39. 「免停中の人身事故隠蔽」木下ふみこ氏は除名処分…都民ファが辞職を迫らない事情 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社. 2021年7月6日閲覧。 [信頼性要検証]
  40. “都民ファ除名の木下富美子都議は疑惑の密状態「投稿を削除」「長期免停のナゾ」”. 東京スポーツ. (2021年7月8日). https://news.yahoo.co.jp/articles/9a4c077f7d68c98468477c30ce7581561f3812c0 2021年7月8日閲覧。  [信頼性要検証]
  41. 【独自】無免許運転事故の木下富美子都議、公選法違反の疑いが浮上” (日本語). SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2021年7月6日閲覧。 [信頼性要検証]
  42. “無免許運転の都ファ・木下ふみこ氏が直撃に居留守!公職選挙法違反に為書き捏造の悪事”. 週刊女性PRIME. (2021年7月9日). https://www.jprime.jp/articles/-/21382 2021年7月12日閲覧。 
  43. 【独自】木下富美子都議、“イタコ芸”で故人の名前を無断使用か” (日本語). SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2021年7月7日閲覧。 [信頼性要検証]
  44. 【独自】木下富美子都議、今度は選挙事務所で“違法看板” 疑惑” (日本語). SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2021年7月11日閲覧。 [信頼性要検証]
  45. 木下富美子都議らの「有料ネット広告」こうすれば違法じゃなかったのに” (日本語). SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア. 2021年7月15日閲覧。
  46. 都民ファーストの会” (日本語). tomin1st.jp. 2021年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "木下富美子" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:木下富美子.

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。