昭和時代二分割案

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 昭和時代二分割案とは、日本史学者[誰?]が考えた案である。なお、日本政府の元号の記録には、何も関係しない。あくまでも日本史学上だけでの分割案である

概要[編集]

昭和時代は、敗戦前は、明治から続く都市の雰囲気、大正時代からの文化が広まっていた。それに対し、戦後は、生活様式が変わり、また、以前と異なる文化が広まったり、街の雰囲気も近代的な高層ビルが立ち並んだ。このことから、昭和の戦前と戦後の間でもかなりの変化があったことが伺える。また、戦前では、天皇主権だったが、戦後では、国民主権となり、また、憲法も大日本帝国憲法から、日本国憲法に変わり、日本の政治体制も大きく変化した。また、憲法9条の武力を永久放棄すると宣言し戦後には、軍隊を解体している。このように、変化が大きい戦前と戦後の間を分けることが妥当であることが、日本史学者の間で謳われ始めてきた。

昭和を二分割した時の名前[編集]

一部の学者は、戦前昭和と戦後昭和、その一方で第一昭和、第二昭和や天皇昭和、国民昭和として考える学者[誰?]も一部いる。

参考文献[編集]

nhkのビデオ[要文献特定詳細情報][1]


This article "昭和時代二分割案" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:昭和時代二分割案.

  1. 歴史学者のコメント戦前と戦後でまるで、同じ昭和と思えないくらい違う