弟麻呂

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

弟麻呂
各種表記
漢字: 弟麻呂
発音: {{{nihonngo-yomi}}}
日本語読み: おとまろ
テンプレートを表示

弟麻呂(おとまろ、生没年不詳)は、日本に帰化して奴婢となった韓人[1]

人物[編集]

雄略天皇九年、天皇の命により、紀小弓、蘇我韓子、大伴談、小鹿火宿禰らが新羅を征伐するために朝鮮へ渡るが、紀小弓は朝鮮で病死した。紀小弓の後室・吉備上道采女大海は、喪に服すため、帰朝したが、夫である紀小弓の葬儀や墳墓の築造に大伴室屋が尽力したので、大変に世話になったお礼として、兄麻呂、弟麻呂、御倉、小倉、の六口の韓人奴婢を提供した[2]。吉備上道の蚊島田邑の家人部はその子孫という(「家人」とは豪族などに隷属して駆使される賤民)[3]

脚注[編集]

  1. 日本国語大辞典『韓奴』 - コトバンク
  2. 吉田晶『吉備古代史の展開』塙書房、1995年8月24日、86頁。モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 4827311080
  3. 黒板勝美『日本書紀精粋』文部省社会教育局〈日本思想叢書第九編〉、1933年、429頁。


This article "弟麻呂" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:弟麻呂.