小野仁

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


小野 仁
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県秋田市
生年月日 (1976-08-23) 1976年8月23日(46歳)
身長
体重
187 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 左投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 1997年7月16日
最終出場 2001年4月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
  • 秋田経済法科大学附属高等学校
  • 日本石油
  • 読売ジャイアンツ (1997 - 2002)
  • 大阪近鉄バファローズ (2003)
国際大会
代表チーム 日本の旗日本
五輪 1996年
オリンピック
男子 野球
1996 野球

小野 仁(おの ひとし、1976年8月23日 - )は、秋田県秋田市八橋出身の元プロ野球選手(投手)。左投右打。アトランタオリンピック野球の銀メダリスト。

来歴・人物[編集]

現役時代のニックネームは「グレイ」。小顔、坊主頭、なで肩であったのが宇宙人のような風貌だったため。

秋田経法大付属高校2年時に、春夏連続で甲子園に出場したが、いずれも初戦敗退。第65回選抜大会では鳥取西戦で16安打を許し、7四死球を出したものの、逆に15三振を奪い、注目を集めた。3年時では春夏連続で甲子園に出場できなかった。1994年の世界選手権で高校生としては史上初の代表入りを果たす。左腕から150km/h近いストレートを武器に強豪キューバ戦にて1点リードされている6回の場面から登板しキューバの主軸のアントニオ・パチェコとオマール・リナレスに対して立て続けに三球三振を奪う等、超高校級の逸材といわれ、ドラフトでは8球団以上の競合は確実とまで言われた。

アマチュア凍結選手となり高校からはプロへ進まず、日本石油に入社。社会人では故障の影響でフォームを崩すなど伸び悩み、川村丈夫の影に隠れる格好となった。

1996年のアトランタオリンピックに出場。アマチュア凍結選手の特例[1]として同年のドラフト会議にて巨人から2位指名(逆指名)を受けて入団。

1年目の1997年は、二軍で5勝1敗・防御率1.88で夏には一軍で初勝利を挙げるなど、大器の片鱗を見せた。

1998年は、二軍において、5月30日のロッテ戦で1試合20奪三振のイースタン新記録を達成するなど、6勝3敗・防御率2.96で、後半戦からは一軍の先発ローテーションに入る。

1999年には背番号12を剥奪され、47へ変更された。小野自身は「工藤さんと同じ背番号で、工藤さんと同じ左投手の自分には縁起がいい」と前向きに捉える発言をしていた[2]。同年の春季キャンプ終了時にも、成長株として注目された[3]。しかし、オープン戦では1回3分の0を6失点で、長嶋監督から「無気力だった」と言われる[4]始末で、シーズン中はほぼ二軍であった。二軍では、8勝4敗・防御率2.55の成績を残す。

2000年には、前年からの新たな背番号がFAで福岡ダイエーホークスから移籍した工藤によりわずか1年で剥奪された。もっとも、小野自身は、「ずっと目標にしてきた左腕の大先輩。“使って下さい”とお渡ししました」と述べた[5]。この年は、期待の高さからオープン戦で開幕投手を務めるも、3回6失点で長嶋監督に「小野はピリッとしないね。いいとこなしだよ。チャンス?もう1回ぐらいあるだろう」[6]と言われ、続く登板でも2/3回2失点で長嶋監督に「小野は相変わらずだめだな」[7]と言われるなど、この年もほぼ二軍で過ごす。二軍では、10勝3敗・防御率3.42で、最多勝、最高勝率、殊勲賞を受賞する。

2001年は、二軍ではノーヒットノーランを達成するなど、10勝6敗1S・防御率2.54で2度目の最多勝に輝く。投球イニングは両リーグで1番多かった。

2002年は、二軍で6勝3敗・防御率1.68で、初の最優秀防御率を獲得した。同年11月永池恭男と共に中濱裕之・吉川元浩との交換トレードで大阪近鉄バファローズへ移籍。しかし2軍ですら防御率31.91と戦力にはならず、2003年戦力外通告を受け退団。プロではわずか3勝に終わる。

2004年メジャーリーグ・ミネソタ・ツインズとマイナー契約。2005年11月7日の12球団合同トライアウトに参加するが、3四球と結果は残せず獲得する球団はなかった。

その後はさまざまな職を転々とした末[8]、現在は運動部に所属する大学生向けのキャリアデザインを行う仕事に就いている[9]。2017年、白寿生科学研究所入社。また、現在も草野球でプレーをしている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1997 巨人 11 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 81 17.1 21 3 7 0 0 13 0 0 16 13 6.75 1.62
1998 15 11 0 0 0 2 7 0 -- .222 265 59.0 66 7 29 0 3 40 4 0 35 34 5.19 1.61
1999 2 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 36 6.2 8 1 7 0 0 5 1 0 8 5 6.75 2.25
2000 1 1 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 3.1 5 0 2 0 0 0 0 0 2 2 5.40 2.10
2001 7 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 43 7.1 12 1 7 0 1 7 0 0 8 6 7.36 2.59
通算:5年 36 15 0 0 0 3 8 0 -- .273 442 93.2 112 12 52 0 4 65 5 0 69 60 5.77 1.75

記録[編集]

  • 初登板:1997年7月16日、対横浜ベイスターズ16回戦(東京ドーム)、9回表に5番手で救援登板・完了、1回無失点
  • 初奪三振:同上、9回表に関口伊織から
  • 初先発登板・初勝利・初先発勝利:1997年8月30日、対広島東洋カープ21回戦(東京ドーム)、6回3失点

背番号[編集]

  • 12 (1997年 - 1998年)
  • 47 (1999年)
  • 13 (2000年 - 2002年)
  • 15 (2003年)

脚注[編集]

  1. 通常、高卒社会人は3年を満たないと指名を受けられないが、当時指名凍結選手は当該オリンピック後のドラフトではその規定に関係なく指名できた。
  2. 二宮清純、江川卓 『江川卓 スカウティングレポート'99』 ザ・マサダ、1999年。ISBN 4-915977-84-6。
  3. 読売新聞1999年3月1日夕刊
  4. 朝日新聞3月18日朝刊
  5. 読売新聞2000年1月21日朝刊
  6. 読売新聞2000年2月28日朝刊
  7. 2000年3月10日
  8. かつて高校生でキューバの主砲を封じた元巨人・小野仁の今 ようやく見つけた"やるべきこと"スポーツ報知 2017年9月11日 2017年9月12日閲覧
  9. キャバクラ黒服の経験も糧に 元巨人の小野仁さん日刊スポーツHP 引退後の世界 2018年2月11日 2018年8月19日閲覧

関連項目[編集]

  • 秋田県出身の人物一覧
  • 1996年アトランタオリンピックの野球競技・日本代表
  • オリンピックの野球競技・メダリスト一覧
  • 読売ジャイアンツの選手一覧
  • 大阪近鉄バファローズの選手一覧

外部リンク[編集]

テンプレート:読売ジャイアンツ1996年ドラフト指名選手


This article "小野仁" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:小野仁.