Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

宮坂絵美

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 宮坂 絵美(みやさか えみ、1989年12月26日 - )は、長野県岡谷市出身の日本の美術家。

人物[編集]

大学教員を経て、2021年現在では専門学校非常勤講師。2012年より上海、ドイツ、イタリアなど国内外で展示活動を始める。 2019年より香りの存在論と題した、人がある場所から立ち去った後の匂いの佇まいを軸に、ナラティブに制作している。目にみえないけれどそこにある匂いを感受する傾向が彼女の作品の方向性として顕著だと言える。作品には『プルースト効果』という、マルセルプルーストの『失われた時を求めて』に登場するマドレーヌの香りが漂う油彩や、マリリンモンローが就寝時に身につけていたとインタビュアーに語った『シャネルの5番』の漂う『マリリンモンローエピソード』などがある。

手法[編集]

画布に写真を印刷した上に油彩で描画していくという制作スタイル。所謂ゲルハルト・リヒターのような模写した写真のイメージをぼかしていくフォトペインティングとは異なり、印刷された写真が、どのぐらいの描写力で絵画に切り替わるのかといった融解地点を探りながら、制作する。

来歴[編集]

女子美術大学芸術学部から京都芸術大学芸術学部に転学し、卒業。

脚注[編集]

参考文献[編集]

作品集 『香りの存在論』2020年

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "宮坂絵美" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:宮坂絵美.