奥野淳也

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

奥野 淳也(おくの じゅんや)は、日本の評論家[1]、明治学院大学非常勤職員[2]。茨城県取手市在住[3]マスパセ(マスク未着用途中降機乗客)を自称しており、マスク拒否男マスク拒否おじさんなどとも呼ばれる[4][5][6]

概要[編集]

2020年9月、ピーチ航空機内での安全阻害行為(後述)により降機を命じられた[7]マスパセと名乗ってSNSアカウント等を開設し、この件を発端とした言論を展開するようになる[8][9]。更には『ABEMA Prime』(ABEMA)[10]や『生テレビ東京「ダレハツのゾウモツ」〜あくまで個人の意見です!〜』(テレビ東京[11]などのメディアへの露出も続けた。

同年、北ヨーロッパ学会において「コロナ時代の北欧福祉レジーム論:経路依存性と分岐の可能性」と題する発表を、政治社会学会において「スウェーデンにおける集団免疫戦略:周到な戦略か、意図せざる結果か」と題する発表をおこなっている[12][13]

2020年12月13日、アゴラにてゲストオーサーとして記事を投稿し、「マスク問題評論家」を自称して活動[14]。当初はペンネーム・桝乗男を使用していたが、同サイトでの投稿は原則実名の方針であることから、2021年1月18日には本名を公開しての記事投稿に至っている[1]。なお、後述の逮捕により、アゴラ編集部は桝乗男名義の記事を取り下げ、1月18日投稿記事も「ゲストオーサー」から「一般投稿」扱いに変更している。

2021年1月19日、大阪府警により威力業務妨害と傷害などの疑いで逮捕される[15]

トラブル[編集]

航空機安全阻害行為[編集]

2020年9月7日、釧路発関西行きのピーチ航空機内で、コロナ感染症対策としてマスクの着用を求められるが、「要請するなら書面を出せ」などと拒否し、飛行中も大声を発するなど威圧的な姿勢を続けた[7]。この際、女性乗務員の左腕に加療2週間の捻挫を負わせている[16][17]

騒動後の取材に対し、「個人の内面のことだが、健康上の理由から長時間の着用が困難だ。具体的な病名は出せない」と証言[3]。10月20日には『ABEMA Prime』にも出演し、自身の正当性を主張した[18]同番組内では平石直之アナウンサー及び堀潤ら他、「テレビ局側もマスクをしなかったのは問題がなかった」、「マスクは強要するものではない」、「ピーチ側の呼びかけが甘かった」などと、積極的に奥野の行為を擁護する姿勢を見せていたが、最終的に威力業務妨害と傷害で逮捕されており、報道姿勢として正しかったのか[要出典]議論となっている[誰?]

その後、大阪府警の捜査により、奥野が外出先でマスクを着けて活動していたことを確認[17][19]。大阪府警は奥野を威力業務妨害と傷害等の疑いで逮捕したことを発表した[20]

伊東園ホテルズ[編集]

2020年11月18日、長野県内の伊東園ホテルズの施設で、夕食のバイキング時にスタッフにマスクの着用を求められるが、これを拒否[21]

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 奥野淳也 (2021年1月18日). “共通テスト:鼻出しマスク失格受験生に追試の場を!”. アゴラ. 2021年1月19日閲覧。
  2. “機内マスク拒否で運航妨害か 逮捕の男「認否保留」”. (2021年1月20日). https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000204570.html 2021年1月20日閲覧。 
  3. 3.0 3.1 “マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警”. 毎日新聞. (2021年1月19日). https://mainichi.jp/articles/20210119/k00/00m/040/075000c 2021年1月19日閲覧。 
  4. マスク拒否男ふたたびトラブル! 松本市の温泉ホテル・バイキングで警察駆けつける騒ぎに”. J-CASTテレビウォッチ (2020年12月3日). 2021年1月19日閲覧。
  5. マスク拒否おじさんに「お願い」を重ねるだけの日本式対応はもう限界だ 国によっては拘束される場合も”. PRESIDENT Online (2020年9月16日). 2021年1月19日閲覧。
  6. なぜ「マスク拒否おじさん」野放し?海外なら射殺も 日本は迷惑客の楽園か”. MONEY VOICE (2020年12月6日). 2021年1月19日閲覧。
  7. 7.0 7.1 「マスク拒否」で相次ぐ旅客機での退去命令、乗客側の訴えに道理はあるか”. DIAMOND Online (2020年9月21日). 2021年1月19日閲覧。
  8. 原田隆之 (2020年12月21日). “なぜ彼らは手指消毒やマスク着用を拒否するのか・・・個人の自由、公衆衛生、そして公共性”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/haradatakayuki/20201221-00213570/ 2021年1月20日閲覧。 
  9. 小林光博 (2020年12月14日). “マスク未着用で航空機・ホテルを退去となった者の主張に反論する”. アゴラ. http://agora-web.jp/archives/2049342.html 2021年1月20日閲覧。 
  10. “「他の乗客に影響、大変申し訳なく思っている」…全体の利益と個人の権利についてマスク着用拒否で降機させられたマスパセさんと考える”. ABEMA TIMES. (2020年10月20日). https://times.abema.tv/news-article/8629652 2021年1月19日閲覧。 
  11. “マスク拒否おじさん、金子恵美ら年末に100秒主張! 秋元康×伊藤隆行が放つ”. マイナビニュース. (2020年12月28日). https://news.mynavi.jp/article/20201228-1614627/2 2021年1月19日閲覧。 
  12. 北ヨーロッパ学会2020年度研究大会(オンライン開催)”. 北ヨーロッパ学会. 2021年1月20日閲覧。
  13. 2020年 政治社会学会(ASPOS)第11回総会・研究大会”. 政治社会学会. p. 3. 2021年1月20日閲覧。
  14. 桝乗男 (2020年12月13日). “マスク未着用でのタクシー乗車拒否に反対を!”. アゴラ. オリジナルの2020年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201212210140/http://agora-web.jp/archives/2049313.html 2021年1月19日閲覧。 
  15. “マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警” (jp). Mainichi Daily News. (2021年1月19日). https://mainichi.jp/articles/20210119/k00/00m/040/075000c 2021年1月19日閲覧。 
  16. “マスク拒否の大学職員を逮捕 ピーチ機の運航妨げた疑い”. 東京新聞. (2021年1月19日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/80779 2021年1月20日閲覧。 
  17. 17.0 17.1 “飛行機マスク拒否 事件後、外出先でマスク着け活動 運航妨害で逮捕の大学職員”. 毎日新聞. (2021年1月20日). https://mainichi.jp/articles/20210120/k00/00m/040/051000c 2021年1月20日閲覧。 
  18. 【マスク未着用】「健康上の理由があった」“ピーチ機騒動“飛行機を降ろされた男性乗客と考える感染対策・マスク着用の是非 公共交通機関の“乗車拒否“はやりすぎ?|#アベプラ《アベマで放送中》 - YouTube
  19. “逮捕の男、事件後マスクで外出か 健康理由に機内で着用拒否”. 東京新聞. (2021年1月20日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/80935/ 2021年1月20日閲覧。 
  20. “マスク拒否の大学職員を逮捕 ピーチ機の運航妨げた疑い”. 共同通信社. (2021年1月19日). https://this.kiji.is/724154013476847616?c=39550187727945729 2021年1月19日閲覧。 
  21. 飛行機「マスク拒否」男性、今度はホテルで... 警官10人近く出動の大騒ぎに”. J-CASTニュース (2020年12月1日). 2021年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]


This article "奥野淳也" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:奥野淳也.