大司教アヴァクームの生涯

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

大司教アヴァクームの生涯
Avaakum Pustozersk.JPG
でPustozersk、司祭アヴァクームの燃焼のはずの場所で、クロスが建てられました
作者 アヴァクーム・ペトロフ
言語 ロシア語
執筆時期 1672年
ジャンル 自伝
「アヴァクームのシベリア横断の旅」( S.ミロラドヴィッチによる絵画、キャンバスに油彩、1898年)

大司教アヴァクームの生涯(露:Житие протопопа Аввакума)は、17世紀のロシア文学のユニークな記念碑である。

「人生」は当時の他の作品との主な違いがあります-大まかな言葉、意図的な単純さ。この作品は、文学的規範や規範を反映していません。その作者であるアヴァクーム・ペトロフは次のように書いています。「私は自分の自然なロシア語が大好きです。哲学的な詩で描く習慣はありません」。ロシア文学では、アヴァクームは自伝の基礎を築き[1] 、彼の前にはそれは事実上存在していませんでした。正規の生活とは対照的に、たとえば、妻について、彼女に対する良い態度についてなど、日常の詳細がたくさんあります。構成には独特の特徴もあります-人生は死で終わらない(これは自伝であるため)。

コンテンツ[編集]

自伝[編集]

アヴァクームは彼の伝記について説明しています。ニジニノヴゴロド地方、グリゴロフ村のクドモヤを越えて、司祭ピーターの家族に生まれました。彼は母親の祝福を受けて、鍛冶屋のアナスタシア・マルコフナの娘と結婚しました。21歳で執事になり、2年後に司祭になり、28歳で大司祭になりました。彼の自伝を書いている時点で、アヴァクームは50歳でした。司祭として、彼はバフーン、フォニケーター、ひげそりを非難しました。それから、アヴァクームは「人生が悪魔から去った」ときのニコンの改革について知らせます。その後、彼はシベリア(トボリスク、エニセイスク、ブラーツク)に送られました。ハバクク書は、彼の航海を伴うAfanasy Pashkov上のBolshayaツングースカ、バイカル湖や旅行Daurian土地上のNerch隣Mungal王国。それから、総主教ニコンの恥辱の後、彼は3年間モスクワに戻りました。しかし、アヴァクームはモスクワに留まらず、再びプストゼリエに追放されました。ここで彼は自分の人生を書きました。彼は15年間保管された土刑務所が、「頑固な残った」と年4月14  (24)、  1682年、彼がされた伐採木で焼か僧エピファニオスと他のと一緒に古儀式派。

「人生」からの抜粋

Таже с Нерчи реки паки назад возвратилися к Русе. Пять недель по льду голому ехали на нартах. Мне под робят и под рухлишко дал две клячки, а сам и протопопица брели пеши, убивающеся о лед. Страна варварская, иноземцы немирные; отстать от лошадей не смеем, а за лошедьми итти не поспеем, голодные и томные люди. Протопопица бедная бредет-бредет, да и повалится, — кользко гораздо! В ыную пору, бредучи, повалилась, а иной томной же человек на нея набрел, тут же и повалился; оба кричат, а встать не могут. Мужик кричит: «матушка-государыня, прости!» А протопопица кричит: «что ты, батько, меня задавил?» Я пришел, — на меня, бедная, пеняет, говоря: «долго ли муки сея, протопоп, будет?» И я говорю: «Марковна, до самыя смерти!» Она же, вздохня, отвещала: «добро, Петровичь, ино еще побредем».

BoyarynyaMorozovaが刑務所で大司教アヴァクームを訪問

神学[編集]

神学では、ハバクク書はアレオパジャイトのディオニュシウスに依存しており、神の真の名前と功績のある名前を区別しています。本当の名前は4つだけです:this、 light 、 truth 、 belly 。ハバクク書は、改革者(新しい恋人たち)が聖霊の真の性格についての言及を信条から削除したことを嘆きます。彼がパウロの弟子と見なし続けたディオニュシウスに基づいて、ハバクク書はバジル大王が承認した二重のハレルヤを擁護します:ハレルヤ、ハレルヤ、あなたの神への栄光! 「神への栄光」はハレルヤの翻訳であるため、この聖歌にもう1つハレルヤを含めることは、三位一体ではなく、四位一体を称賛することです。ハバクク書によると、カトリック信仰は三位一体の一人の神への信仰です。ローマは教会から離れ、それとともにポーランド人も倒れました。ギリシャ教会がトルコの征服に大いに苦しんだので、正教会は「雑多」です。

典礼[編集]

アヴァクームは迫害に直面して古儀式派の崇拝の要素を開発しました。

キリストの像の前で、箱にハンカチを置き、ろうそくに火をつけ、容器に水を注ぎ、スプーンでキリストの体の一部を入れ、香炉で燻蒸し、祈りを言います。

Верую, Господи, и исповедую, яко Ты еси Христос Сын Бога живаго, пришедый в мир грешники спасти, от них же первый есмь аз. Верую, яко воистинну се есть самое пречистое тело Твое, и се есть самая честная кровь Твоя. Его же ради молю ти ся, помилуй мя и прости ми и ослаби ми согрешения моя, вольная и невольная, яже словом, яже делом, яже ведением и неведением, яже разумом и мыслию, и сподоби мя неосужденно причаститися пречистых ти таинств во оставление грехов и в жизнь вечную, яко благословен еси во веки. Аминь

エディション[編集]

 

  • Nikolai Tikhonravovは、サンクトペテルブルクの出版社Dmitry Kozhanchikovの印刷所で、1861年にLifeの最初の印刷版を[2]
  • 自分で書いた大司教アヴァクームの生涯と彼の他の作品/準備、通信。 N.K. Gudzia、V.E。Guseva、N。S。Demkova、A。S。Eleonskoy、A。I。Mazunin、後V.E.グセバ-イルクーツク:Vost.-Sib。本出版社、1979年。-368ページ、病気。 -10万部-(シベリアの文学碑)。
  • 大司教アヴァクームの生涯/編準備。 N. S.DemkovaおよびL.V.Titova 。 -SPb。:Nauka、2019。
  • コレクション「PustozerskayaProse」、出版社Moskovsky Rabochiy、1989年、 ISBN 5-239-00385-8 、私が読んだ音声バージョンがあります。 E。プルドフスキー

メモ(編集)[編集]

  1. ФЭБ:Гудзий. Протопоп Аввакум как писатель и как культурно-историческое явление
  2. Малышев В. И. История первого издания Жития протопопа Аввакума // Рус. лит. — 1962. — № 2. — С. 147.

文献[編集]


This article "大司教アヴァクームの生涯" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:大司教アヴァクームの生涯.