合唱団紗羅

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

合唱団紗羅(がっしょうだんさら)は、音楽大学を卒業した音楽専門家による非営利の社会福祉演奏団体。

1985年9月、相愛大学同窓会の合唱団として活動していた「エコー沙羅」に、指揮者として本多令子を迎え、社会福祉の演奏活動をスタートさせた。同年12月には第一回演奏会を開催。以降、重度の心身障碍児の学校や施設を中心に、精力的なコンサート活動を繰り広げ、2020年には36年目を迎えた。コンサート数も悠に100は超える。和泉耕二、池部晋一郎などから提供されたオリジナル合唱曲も多い。

創作オリジナル合唱組曲[編集]

  • 1990年 - 「なんで 私、歩かれへんの!」
  • 1993年 - 「力の限り生きているか」
  • 1995年 - 阪神・淡路大震災カンタータ「光 戻りて」
  • 2004年 - 「ありがとう 夢よ歌よ」
  • 2006年 - 「いのち輝くまで」
  • 2012年 - 東日本大震災「生きるのですよ」
  • 2016年 - 「おと 大空へ」

創作オリジナル合唱曲[編集]

  • 1995年 - 阪神・淡路大震災のための「瓦礫の中から」
  • 2006年 - ~歌でつづる日本の四季~ 「万華鏡」
  • 2016年 - 「三つの花のうた」

創作オリジナルミュージカル[編集]

  • 1987年 - 「金のがちょう」
  • 2009年 - 「さくら幻想」
  • 2010年 - 動物ミュージカル「十二支ものがたり」

その他の上演ミュージカル[編集]

  • 1992年 - 「サウンド・オブ・ミュージック」青島広志 編曲
  • 1994年 - 「ぞうれっしゃがやってきた」藤村記一郎 作曲


This article "合唱団紗羅" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:合唱団紗羅.