原始社会での紛争

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

原始社会での紛争は原始社会での異なるグループの人々の間での武器を使用した紛争である。このような紛争についての情報には、考古学的なものと、比較的最近の部族社会に住み続ける人々に関するものの両方がある。

考古学的情報[編集]

スペイン、モレララベラ洞窟にある岩絵

シャニダール洞窟のネアンデルタール人の骨格とサンセザールの頭蓋骨は、胸と頭に貫通した傷を示している。いくつかの特徴から判断して、シャニダール洞窟のネアンデルタール人の左第9肋骨の傷跡は石の先端を持つダーツなどの投擲武器によるものと見られる。この発見は、武力紛争の最も古い信頼できる証拠と見られる。

後期旧石器時代のホモ・サピエンスの残骸について、武力による暴力のはるかに信頼できる証拠が見つかった。20,000〜28,000年前にスンギリで埋葬された男性の第1胸椎に、ほぼ確実に武器によって負わされた傷の痕跡が見つかった。このSungir-2 [1]と呼ばれるティーンエイジャーは、骨盤領域を突き通す武器を使った致命傷とその後の大量出血で死亡した可能性がある。

2012年に国際的な考古学者のチームがケニアのトゥルカナ湖畔の湿地帯の堆積物から、約1万年前に殺害された27人の遺体を発見した。この発見は、現在までに発見されている最も古い集団による戦闘の痕跡と考えられている。ほとんどの遺体は顔の骨に著しい損傷があり、腕の骨、膝の骨、肋骨が折れ、首には矢じりの跡があった。また、少なくとも8人の女性と6人の子供の遺体が石刀や矢で頭蓋骨を砕かれた状態で発見された。さらに、少なくとも4人が手を縛られた状態で殺され、特に、膝の骨を折られた縛られた妊婦の遺体が発見された。これらの人々は、貯水池の資源をめぐる争いで殺されたと考えられている[2]

新石器時代の墓地については、分析中に統計情報が得られる可能性がある。そのため、カリフォルニアでは、シエラネバダ山脈とサンフランシスコ湾の間の領域で、過去5,000年にわたってそこに住んでいた13の異なる民族グループに属する16,000を超える埋葬遺体が調査された。遺体の7.2%で骨に埋まったダーツと矢の先端が発見され、4.3%の遺体で頭部への鈍的外傷が記録され、4.3%の遺体で八つ裂きの兆候が発見された。

おそらく最も古くから知られている武力暴力の描写は、オーストラリア北部のアーネムランドの人々と戦う人々の岩の彫刻であり、約10,000年前にさかのぼる[1]

民族誌的情報[編集]

18〜19世紀には、アフリカ人、ポリネシア人、マオリ人、チュクチ族、北米のインディアンの部族間の戦争によるほぼ完全な絶滅の例が報告されている。武装した男性のグループが別の部族の領土に侵入し、すべての男性を殺し、女性を妻にした例がある。14世紀のニュージーランドのケースでは、北島のマオリの男性が南島に侵入し、すべてのモリオリ人の男性を絶滅させ、女性を連れ戻った。 15世紀には南アメリカのカリブ族がアンティル諸島に侵入し、アラワク族の人々を殺害した例がある[3]

1960年代から1970年代初頭にかけて、原始社会における紛争については、コンラート・ローレンツによって提案された儀式化された対決の概念が支配的であった。しかし、1960年代から1980年代にかけて、アマゾンとパプアニューギニアの原始社会の生活を体系的に観察した研究者たちは、この考え方に反論した[4] [1] 。これらの社会では、武力紛争が15歳から49歳までの男性の24%から35%の死因であることがわかっている。ヤノマミ族についての調査によると、人類学者による研究の開始以来、成人人口の15%(男性の24%、女性の7%)が数世代連続で紛争により死亡している。 1964年から1965年までヤノマミ族の中で生活して調査を行ったナポレオン・シャグノンは、彼が滞在した村が17か月間に25回攻撃され、ほぼ12の異なる近隣グループが順番に攻撃したと書いている[1]

1930年、ロイドワーナーは、狩猟採集で生活するオーストラリア北部のアーネムランドのアボリジニに関する著作を発表した。彼の説明では、通常、異なるグループ間の対立は儀式化された対決の形をとり、その場所と時間は通常事前に合意されていた。このような対決では、互いにののしったり、槍やブーメランを投げたりしながら、両陣営は約15メートルの距離を保った。この状態が何時間も続く可能性があるが、最初の血が流されるとすぐに、時にはその前であっても、戦いは終わった。そのような儀式化された対決が実際の紛争にエスカレートすることもあったが、両者が安全な距離を保っていたため、これらの場合でも、通常、死傷者は少なかったと報告されている。例外は、一方の側が密かに敵を迂回して一部の兵士を送り、横または後ろから敵を攻撃した場合で、この場合は逃亡者の追跡と駆除中の損失は非常に大きくなる可能性がある。しかし、最大の損失は、突然の攻撃で、敵を驚かせようとしたり、夜に攻撃したりしたときに観察された。これは、通常は小グループである攻撃者が特定の人物またはその家族のメンバーを殺害しようとしたときに発生した。攻撃された敵の陣営が原則として取り囲まれ、しばしば眠っている住民が無差別に殺される大規模な襲撃もあった。例外として女性は攻撃者に誘拐されることがあった。

ヤノマミ族

チャグノンによるヤノマミに関する報告によると、彼らは、ルールによって厳しく規制された儀式的な集団戦を行った。ヤノマミ族は、住民の捕獲と破壊に関連して、村への大規模な襲撃を行わず、限られた目標を追求する継続的な襲撃を行った。1回の襲撃で殺される人数は通常少なかったが、総数はかなりの数であった。同時に、女性と子供たちも殺された。ヤノマミ族ではまた、敵の村の所有者と友達になり、休暇のために彼らを訪ねてきて、突然攻撃することがある。

1962年から1963年と1966年にマリングパプア人の中に住んで調査した人類学者E.ヴァイダも、致命傷がまれであった彼らの間の儀式的な紛争について報告している。村への襲撃、待ち伏せ、攻撃は、通常は夜か夜明けに行われた。攻撃者の数が十分でない場合、住民を殺し、村を略奪した後、ただちに撤退した。敵の村が破壊されて荒廃した例もある[4]

関連項目[編集]

  • ru:Доисторические войны(先史時代の戦争)

脚注[編集]


This article "原始社会での紛争" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:原始社会での紛争.