出川イングリッシュ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

出川イングリッシュ(でがわいんぐりっしゅ)は日本テレビ系列で放送されている『世界の果てまでイッテQ!』の企画である「出川哲朗はじめてのおつかい」の中で出川が話す、日本語と英語を織り交ぜた片言英語のことである[1]

概要[編集]

「出川哲朗はじめてのおつかい」というコーナーは 、「タイムズスクエアで I ♥ NY と書かれた T シャツを買え」などのミッションを、出川哲朗が現地のアメリカ人、イギリス人、カナダ人と英語でコミュニケーションをとってクリアしていくという企画。 目的地の名称のみでミッションをクリア出来てしまう可能性からタクシーの使用と日本人の手助けは禁じられているが、英語を得意としている日本人の出川ガールが出川と共にロケを行い[2]、どうしてもミッションをクリア出来そうにない時にのみ 1 つのミッションにつき 1 回ヒントをもらうことが出来るテレフォンが用意されている[1]。 2017年8月6日現在までの全六回放送にてニューヨーク・ロンドン・サンフランシスコ・ワシントンD.C.・バンクーバーの5都市で[1]総ミッション数が16、内6回はテレフォンを使用し、全てのミッションをクリアしている[3]。 出川が身振り手振りを交えながら慣れない英語を繰り出す姿が視聴者の笑いを誘う[4]

特徴[編集]

本来の目標・目的を明確に持っており、英語の正確さや発音という手段にとらわれることなく道行く人に話しかけ[5]、完璧な英語ではなくとも何かを英語(らしきもの)で話しているという姿勢は相手に伝わり、理解しようと努めてくれ[6]、身振り手振りを加えながら、最終的には目標を達成する[4]。 語彙が少なく、文法が不正確で、発音が悪いが、相手の目を見て話し、全身で訴える(ジェスチャー)、会話を楽しむ、めげない、あきらめないという特徴を持ち[7]、赤ちゃんの言語習得との共通点を指摘する説もある[8]。 他の分析によれば、単語だけで会話したり、簡単な文を使う[9]、ジェスチャーや身の周りのものの活用[10]、正しく聞き取れなくても複数の人に聞き込みを行い、同じキーワードが出てくるか、確認がとれるまで、何度でもしつこく確認作業をする[11]、目的の場所などの英単語がわからなくても、言い換えを用いる[12]、人見知りをしないでどんどん話しかけたりフランクに人と接する[13]方法を用いてコミュニケーションを図っている。 出川の経歴から英語に関する語学力は高くないとされており[2]、にもかかわらず英語を使いコミュニケーションを図ることが出来ていることから[14]、グロービッシュとの類似を指摘する研究もある[15]

有効性[編集]

明星大学生がオーストラリアのシドニーでの研究を[16]、福岡教育大学生がウィスコンシン大学ラクロス校短期研修での経験を通して有効性を報告し[17]、英会話として積極的に推進する意見もある[18]。 一方で、ジェスチャーの使えない電話口では聞き手に負担をかけることになるという意見や[19]、応答のできない書き言葉ではそうはいかないという意見もある[6]

関連項目[編集]

  • ルー大柴[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]


This article "出川イングリッシュ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:出川イングリッシュ.