仏教私伝

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 仏教私伝(ぶっきょうしでん)とは、仏教公伝以前の民間ルートでの仏教伝来のことである[1]。日本への仏教伝来は、民間=私的(仏教私伝)と公式(仏教公伝)でそれぞれ仏教が伝わってきた[2]。仏教がはじめて百済の聖王から日本に伝えられた年代は『上宮聖徳法王帝説』『元興寺伽藍縁起幷流記資財帳』などは538年、『日本書紀』は552年とするが、538年が有力である[3]。しかし、私的にはもっと早く、継体朝(507年 - 531年)ころに中国系渡来人により伝えられていた[3][1]

概要[編集]

事例[編集]

司馬達等[編集]

欽明朝以前の仏教伝来の根拠とされる史料に『扶桑略記』記事がある[1]。『扶桑略記』記事は、もと『坂田寺縁起』に記され、延暦寺僧『禅岑記』さらに『大日本国法華験記』に引用されたものに、『扶桑略記』が依拠したが、継体天皇十六年壬寅(522年)春二月に渡来した司馬達等が、大和国高市郡坂田原に草堂を結び、本尊を安置して、帰依礼拝したところ、世人がこれを「大唐の神」なりと呼んだという。司馬達等の娘の嶋が敏達天皇十三年(584年)に、11歳という『日本書紀』の記事から考えると、『扶桑略記』の紀年は不自然であり、壬寅の干支を誤って継体天皇十六年にかけたもので、実際は60年引き下げて考えるべきである[1]。以上から、司馬達等は日本に仏教が公に伝わる(仏教公伝)以前から仏教を信仰していた[1]

善正法師[編集]

九州の修験道の行場としてで有名な彦山の開創について中国北魏僧の善正法師が、仏教を日本に弘めるため、渡海して九州北岸に到着したところ、樹木でおおわれた日子山(彦山)の秀麗な姿に心ひかれ、石室を造って住むことになり、そしてこれが彦山の霊泉寺のはじまりとされ、その年は531年である[1]。以上から、公伝以前の仏教伝来が想定できる。つまり百済の王朝から日本の王朝へという公伝以前に、中国系渡来人によって仏教が既に伝えられていた[1]

豊国法師[編集]

欽明朝以前の仏教伝来について、『日本国現報善悪霊異記』に、敏達天皇代に大部屋栖野古連が和泉国の海中から「霹靂に当りし楠」を発見して、これで仏像を制作したいと皇后に上奏したところ、皇后は「願ふ所に依るべし」と許可し、そこで大部屋栖野古連は蘇我馬子にこのことを告げたところ、蘇我馬子は池辺直氷田を請えて「仏菩薩の三軀の像」を造らせ、像を豊浦寺に置き、諸人が仰ぎ敬ったところ、廃仏派の物部守屋が「おほよそ仏の像を国の内に置くべからず。なほ遠く棄て退けよ」「今国家に災起るは、隣の国の客神の像を己が国の内に置くに因りてなり。斯の客神の像を出して速忽に棄て、豊国に流せ」と主張したという話がある[1]。この「豊国」を九州の豊国とすれば、大和への公伝以前に豊国に仏教が伝わっていて、大和の人々が、九州を特殊な地域として認識していたとみることもできる。また「豊国」について、用明天皇が病気になった時に「朕、三宝に帰らむと思ふ。卿達議れ」と述べたところ、物部守屋と中臣勝海が「何ぞ国神を背きて、他神を敬びむ。由来、斯の若き事を識らず」と主張し、対して蘇我馬子が「詔に随ひて助け奉るべし。詎か異なる計を生さむ」と反論し、時に穴穂部皇子が「豊国法師」を引て、内裏に入ったといい、この「豊国法師」を固有名詞でなく、「豊国」の法師とみるならば、「豊国」は仏教と関係深い国であったことも否定できない[1]

4世紀ないし5世紀の漢式鏡[編集]

4世紀ないし5世紀と推定される全国各地の古墳から出土する漢式鏡に、道教の神仙と異なる仏像が表現されている鏡が含まれていることなどからも公伝以前の仏教伝来を想定出来る。つまり百済の王朝から日本の王朝へという公伝以前に、中国系渡来人によって仏教が既に伝えられていたとみられる[1]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 1.6 1.7 1.8 1.9 宇佐美正利「仏教伝来の実情とその影響」『歴史読本』第51巻第3号、新人物往来社、2006年2月、 136-137頁。
  2. 黒川広貴. “5分でわかる! 仏教の伝来(古墳文化)”. Try IT. オリジナルの2021年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210511103004/https://www.try-it.jp/chapters-13340/lessons-13341/point-2/ 
  3. 3.0 3.1 旺文社日本史事典『仏教公伝』 - コトバンク

関連項目[編集]

  • 仏教公伝

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "仏教私伝" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:仏教私伝.