三茶ジャパン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found 三茶ジャパン(さんちゃじゃぱん)は、東京都世田谷区、東急田園都市線「三軒茶屋」駅付近を中心として活動するおじさん三人組のアイドルユニットである。

メンバー構成[編集]

カズキタ(レフト)[編集]

三軒茶屋のシェアハウス「モテアマス三軒茶屋」主任、合同会社「モテアソブ三軒茶屋」の代表取乱役。

34歳、最年長の少年。動くもの、音が鳴るもの、光るものが好きで、くだらないモノを大量に買って楽しむ癖がある。

カジヌマ(センター)[編集]

三軒茶屋のコワーキングスペース「三茶WORK」の特攻隊長。32歳、2児の父。

システムエンジニアと電動キックボード販売の二足のわらじ。

最近ハマっていることは水シャワーと発酵食品とNiziUとTWICE。

三茶ジャパンの僕のキャラ設定に悩んでいるの為、相談にのってくれる方も募集している。

ぼりさん(ライト)[編集]

三軒茶屋のシェアハウス「ハイパーリバ邸」の寮母、34歳独身。

元板前で得意料理は唐揚げ・好きなものはハイボール。

結成の背景・歴史[編集]

結成ルーツとして複数の説が語られている。

なお、メンバーのポジション、センター/ライト/レフトの振り分けは三軒茶屋駅を中心にマップ上でのメンバーそれぞれの拠点である「三茶WORK」「モテアマス三軒茶屋」「ハイパーリバ邸」の位置から由来する。

三茶乗っ取る会[編集]

レフト「カズキタ」、ライト「ぼりさん」が安安三軒茶屋店を舞台に焼き肉を奢ってくれる人を探す「逆パパ活」を開始。

このチケットを購入した、後のセンター「カジヌマ」氏との運命的な出会いにより「三茶乗っ取る会」を結成。

なお、三茶を乗っ取るということ自体に定義は定められていない。

三茶ジャパン[編集]

特に明確な活動を決めていなかった三茶乗っ取る会は主に安安三軒茶屋店でハイボールを飲み続けるだけであったが、「クラウドファンディングに挑戦したい」という話題が出た際に誰も止めなかったことからプロジェクトの起案を決意。

「三茶乗っ取る会」ではあまりに誤解を招くため、正式にユニット名を決定する会議を安安三軒茶屋店にて行い、現在の三茶ジャパンという名称に落ち着く

クラウドファンディング[編集]

三茶ジャパンの正式名称が決定したことでいよいよ後に引けなくなり、クラウドファンディングの作成に着手。

「絶対に達成できなさそうな金額を目標金額に設定しよう」という前提のもと、目標金額を200万円に設定した。

開始前の戦略では、目標金額を一切達成できない前提で、プロジェクト開始後に目標金額を8%(16万円)に下げるつもりだったが、想定以上の支援者の後押しによりメンバー全員が本気に。

結果、126名の方から1,057,178円の支援を受け、目標金額の半分を越えたものの未達成でプロジェクトは終了。

クラウドファンディング補足[編集]

目標金額を達成するようにリターンを設定しなければいけないため、200万円のリターンを用意。200万円相当のリターンは何かを考えた末、トゥクトゥクの購入を目標とすることを決意。現在の三茶ジャパンの悲願となっている。

活動[編集]

三茶ジャパン全国行脚ツアー2020[編集]

クラウドファンディングのリターンによる「出張安安」「お庭で安安」にて、札幌(北海道)、沖縄、松山(愛媛)、能登半島(石川)、名古屋(愛知)、での全国行脚ツアーを敢行。

外部リンク[編集]


This article "三茶ジャパン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:三茶ジャパン.