三戸豪士

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

さんど ごうし
三戸 豪士
ファイル:プロフィール001.jpg
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍 日本の旗 日本
職業 自動車関連

三戸 豪士(さんど ごうし、1990年6月30日 - )は、自動車関連の日本の若手経営者。『いわき若者応援会』の執行委員長でもある。

福島県いわき市小名浜出身。

『GSautoJAPAN』経営。

来歴[編集]

  • 小名浜第二中学校卒業、部活は剣道
  • その後、建設関係の仕事に就いて、足場、溶接の技術を学びながら、格闘ジム『闘心会』でキックボクシングを習う。
  • 2010年、第11回関東オープンキックボクシング選手権大会で準優勝。
  • 2011年、東日本大震災時には、福島第一原子力発電所にて溶接作業をしていた。
  • その後、職場である福島第一原子力発電所の放射能問題により、転職を考え、『GSautoJAPAN』を起業する。
  • 2016年、当時雄一のスタッフが、休日に事故死。有能な人財を亡くし、廃業も検討したが、故人の想いを尊重し、『GSautoJAPAN』を継続する。後にそれらが、『福島民報』社の新聞の記事[要文献特定詳細情報]に掲載されることになる。
  • 各種、勉強会や交流会、市政報告会等に頻繁に参加するようになる。
  • 2017年、『福島民報』社の新聞の記事[要文献特定詳細情報]に、『GSautoJAPAN』の経営者として掲載される。一連の出来事が要約されている。その後も、勉強会や交流会等の記事で、頻繁に新聞記事に掲載される。
  • 当時いわき市長である、『清水敏男』が『GSautoJAPAN』に来社、見学。
  • 情報発信サイト、『cocoLINKいわき』に取材、掲載される。
  • 『GSautoJAPAN』として、自動車関連の各種モーターショーやフェスティバルに頻繁に参加し始める。
  • SNS等に掲げていた目標の、『Lamborghini』『Aventador』を購入し、経営に拍車をかける。
  • 2018年、街の為、人の為を想い、『いわき若者応援会』を設立。背景には少子高齢化、地元いわき市の若者離れ問題、インバウン対策等様々である。

各種ボランティア、行政への寄附、ユニセフ募金、フェスの開催等、活動も多様。

いわき市市議会議員や、元法務大臣|いわき市長でもある『岩城光英』等が顧問、監事をしている。

  • 『GSautoJAPAN』として、製品開発事業を展開する。
  • 2019年、永住権等を取得し、海外へ関心をもつ。

外部リンク[編集]


This article "三戸豪士" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:三戸豪士.