ロストフの14秒

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ロストフの14秒
ロストフの悲劇
Gen Shoji.jpg
昌子源とロメル・ルカク
大会名 2018 FIFAワールドカップ
決勝トーナメント ラウンド16
開催日 2018年7月2日
会場 ロシアの旗 ロストフ・アリーナ(ロストフ・ナ・ドヌ)
最優秀選手 ベルギーの旗 エデン・アザール
主審 セネガルの旗 マラン・ディエディウ

ロストフの14秒(ロストフのじゅうよんびょう)、またはロストフの悲劇(ロストフのひげき)は、2018 FIFAワールドカップ・決勝トーナメントの試合、日本代表対ベルギー代表戦の日本における通称。日本のFIFAワールドカップ史上初のベスト8に近づいていた日本代表が一転して敗退する結末となった。

試合前[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

試合[編集]

前半[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

後半[編集]

日本ボールで後半が開始される。後半3分、乾貴士がボールを奪うと柴崎岳にパス。柴崎が右サイドを走っていた原口にスルーパスを提供すると、ヤン・フェルトンゲンがカットできず、ボールは原口に渡り、原口はティボ・クルトゥワとの一対一を制してゴール右隅に流し込んだ。ベルギーはその直後の4分にドリース・メルテンスからのアーリークロスを拾ったエデン・アザールがダイレクトでシュートを放ったが、ゴールポストに阻まれた。

詳細[編集]

2018年7月2日
21:00 MSK (UTC+3)
ベルギー ベルギーの旗 3 - 2 日本の旗 日本
フェルトンゲン 69分にゴール 69分
フェライニ 74分にゴール 74分
シャドリ 90+4分にゴール 90+4分
レポート 原口元気 48分にゴール 48分
乾貴士 52分にゴール 52分
ロストフ・アリーナ (ロストフ・ナ・ドヌ)
観客数: 41,466人[1]
主審: マラン・ディエディウ (セネガル)[1]
ベルギー[2]
日本[2]
GK 1 ティボ・クルトゥワ
CB 2 トビー・アルデルヴェイレルト
CB 4 ヴァンサン・コンパニ
CB 5 ヤン・フェルトンゲン
RM 15 トーマス・ムニエ
CM 7 ケヴィン・デ・ブライネ
CM 6 アクセル・ヴィツェル
LM 11 ヤニック・カラスコ 65分に交代退場 65分
RF 14 ドリース・メルテンス 65分に交代退場 65分
CF 9 ロメル・ルカク
LF 10 エデン・アザール キャプテン
控え
DF 3 トーマス・フェルメーレン
MF 8 マルアン・フェライニ 65分に交代出場 65分
GK 12 シモン・ミニョレ
GK 13 クーン・カステールス
MF 16 トルガン・アザール
MF 17 ユーリ・ティーレマンス
FW 18 アドナン・ヤヌザイ
MF 19 ムサ・デンベレ
DF 20 デドリック・ボヤタ
FW 21 ミシー・バチュアイ
MF 22 ナセル・シャドリ 65分に交代出場 65分
DF 23 レアンデル・デンドンケル
監督
スペインの旗 ロベルト・マルティネス
BEL-JPN 2018-07-02.svg
GK 1 川島永嗣
RB 19 酒井宏樹
CB 22 吉田麻也
CB 3 昌子源
LB 5 長友佑都
CM 17 長谷部誠 キャプテン
CM 7 柴崎岳 40分に警告 40分 81分に交代退場 81分
RW 8 原口元気 81分に交代退場 81分
AM 10 香川真司
LW 14 乾貴士
CF 15 大迫勇也
控え
DF 2 植田直通
MF 4 本田圭佑 81分に交代出場 81分
DF 6 遠藤航
FW 9 岡崎慎司
MF 11 宇佐美貴史
GK 12 東口順昭
FW 13 武藤嘉紀
MF 16 山口蛍 81分に交代出場 81分
MF 18 大島僚太
DF 20 槙野智章
DF 21 酒井高徳
GK 23 中村航輔
監督
日本の旗 西野朗

Man of the Match:
エデン・アザール (ベルギー)[1]

副審:[1]
ジブリル・カマラ (セネガル)
エル・ハッジ・サンバ (セネガル)
第4の審判:
バカリ・ガッサマ (ガンビア)
予備副審:
ジャン・クロード・ビルムシャフ (ブルンジ)
ビデオ副審:
フェリックス・ツバイヤー (ドイツ)
アシスタントビデオ副審:
クレマン・テュルパン (フランス)
マルク・ボルシュ (ドイツ)
ダニー・マッケリ (オランダ)

統計[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

試合後[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

日本の敗因[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

体格と体力の劣勢[編集]

この大会に出場したベルギーの選手の平均身長は約183.8㎝[3]だったのに対し、日本選手の平均身長は約178.1㎝[3]でベルギーの選手たちよりも約5.7㎝も小さかった。だから後半、日本の2点目のゴールの後、ベルギー代表の監督は戦術の変化を試みたが、身長差を利用して、日本の選手たちを翻弄する戦術を使用した。これにより、日本の選手たちは高戦いで空しく崩れタイと逆転を許してしまった。

西野監督の失策[編集]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 Match report – Round of 16 – Belgium v Japan (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年7月2日). 2018年7月3日閲覧。
  2. 2.0 2.1 Tactical Line-up – Round of 16 – Belgium v Japan (PDF)”. FIFA.com. Fédération Internationale de Football Association (2018年7月2日). 2018年7月3日閲覧。
  3. 3.0 3.1 2018 FIFAワールドカップの参加選手団の平均身長”. 2018年10月31日閲覧。

関連項目[編集]

  • ドーハの悲劇 - 1994 FIFAワールドカップ・アジア予選における日本代表の予選敗退が決定した試合

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "ロストフの14秒" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ロストフの14秒.