You can edit almost every page by Creating an account. Otherwise, see the FAQ.

リューベン・カラベロフ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


リューベン・ストイチェフ・カラベロフ
肖像
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
民族 ブルガリア
出身校 モスクワ大学
職業 詩人作家報道家
宗派 正教会
家族 ペトコ・カラベロフ

リューベン・ストイチェフ・カラベロフ(1834 [1] - 1879年1月21日)は、ブルガリア人詩人作家百科全書派ジャーナリスト民族誌学者である。国民的英雄、オスマン帝国の支配からブルガリアを解放するための戦闘機であり、影響力のある解放後の政治家ペトコ・カラヴェロフ[2]の家族であった。

彼はルネサンス期のブルガリアの世論の発展に大きく貢献し、書誌作品、ブルガリア文学、文化辞書編集政治史数字学に関する記事を書いた。 カラヴェロフは70年代、初頭にブルガリア革命中央委員会で(BRCC)ブカレストルーマニアのメンバーの会長としてnatsionalrevolyutsionnoto運動に参加した[3] [4] [5]

バイオグラフィー[編集]

起源と教育[編集]

リューベン・カラベロフは、1834年または1835年11月7日(他の情報源によると1837年[1] )に、裕福な逃亡者ストイチョ・カラベロの家族のコプリフシティツァ[6] Caravel家は18世紀半ばにまでさかのぼり、さまざまな情報源によると、創設者のHadjiStoychoはZlatitsaまたはKostur地域から来た。 リューベン・カラベロフの母親はコプリフシティツァの高貴なドガノヴィ家出身のネデリヤ・ドガノヴァであり、彼女の母系はチャラコヴィ出身。 [7] StoychoとNedelyaの家族には7人の子供がいます-4人の男の子:Lyuben、Hristo、Petko、Rallyと3人の女の子:Rada、Velika、Maria [8] ( Rashko Madjarovの母親) [2]

カラベロフは、最初は司祭ニキータ・ヴァプティルカタと一緒に独房で学び、その後、相互教育法[6] (1841-1846)に従ってフリスト・プレコフの学校で学んだ。 学校は1846年にナイデンゲロフがコプリフシティツァに最初のブルガリアのクラススクールを開校した。カラベロフはゲロフの学生になり(1850年まで)、ブルガリアの歴史、物理学、幾何学、地理学などを学んだ。アイテム。 1850年から彼は父親からギリシャの高校で2年間勉強するために派遣された。 1852年に中Gerovの学校に移動しプロヴディフで、ロシア文学のいくつかの作品を読んだ[2]

1853年から1856年にかけて、カラベロフは父親からエディルネに派遣され、アバジで見習いとして勉強したが、後に故郷に戻った。 1854年、父親のストイチョはやり投げを手伝うために彼を連れて行った。リュベンはオスマン帝国を旅し、ブルガリア人の悩みや苦しみ(ブルガリアの生き方や民間伝承)を知ることができた。そこで彼はコンスタンから移動し、ソフィアのピーターの貿易事務所で貿易に従事した(1856年)。彼は政治問題となったクリミア戦争に研究のための材料を記録したことと並行して、民俗学民族誌に大きな関心を示した[6]

彼はトルコ軍学校への入学を試みたが失敗した。その後、ブルガスシプカガブロヴォを訪れ、民謡を録音し、将来の民間伝承や民族誌研究のための資料を収集した。 1857年6月に彼はオデッサに士官候補生隊に加わるために出発したが、老齢のために受け入れられなかった。彼はモスクワに定住し、モスクワ大学に学生として入学したいと考えていた。サンプル試験を受けられなかったカラベロフは、モスクワ大学の歴史言語学部に無料の学生として入学した[6] 。講義は彼を満足させず、彼は試験を受けなかった[2]

モスクワとベオグラードで[編集]

リューベン・カラベロフ、コンスタンティン・ミラディノフ、ペタル・ハジピエフ。

カラベロフは、ロシアのインテリシアの一部として、激動の学生の若者の間で特に公の考えに影響を受けた。ここで彼は住んでいるとブルガリア人と一緒に働くコンスタンチンMiladinov 、 Rayko Jinzifov 、ヴァシルポポビッチ、 Nesho Bonchevなど。彼らはブルガリア社会「BratskiTrud」(1859)を結成し、雑誌「 Bratski Trud 」(1860)の出版を開始しました。この雑誌では、カラベロフが最初の詩的な試みである「Zagorets」、「Desire」、「Shepherd」、そして革命的な記事「ドイツ語での栄光」。彼は学生暴動(1861年)に参加し、彼らの禁じられたサークルに参加することによってロシア革命民主党員の信奉者になった。彼は警察の監督下に置かれた(1859年)。彼は試験に失敗したが、ベリンスキー、アレクサンドルヘルツェン、チェルヌイシェフスキー(革命当局と批判哲学の例)、ゴーゴリタラスシェフチェンコ、マルコヴォフチョク(ウクライナの作家)、その他の文学作家をたくさん読んだ。彼は「OurTime」、「Moscow Gazette」、「RussianSpeech」に短編小説を書いている。彼は短編小説「ヴォイヴォダ」、「ネダ」、「貧しい家族」、「ドンチョ」、 「昔のブルガリア人」を書き、1868年に別のコレクションで出版しました-「ブルガリア人の苦しみの本からのページ」部族"。彼は1860年に最初のフィクション作品であるヴォイヴォダを出版し、1年後にブルガリアの民俗生活の記念碑のコレクションを出版した。彼のコレクションを発行する際の貴重な協力には、ロシアの革命運動イワン・プリゾフ[2]等の参加者がいた。

アレクサンドル2世の暗殺未遂とバルカン半島での差し迫った事件にもかかわらず、カラベロフはロシアを離れることを余儀なくされた。彼は1867年2月にベオグラードに定住し、そこからロシアの新聞に手紙を送った。 [6]そこで彼は、彼が一生一緒に住んでいたナタリア・ペトロヴィッチと結婚したが、彼らには子供がいなかった。 同じ年の10月11日、彼はそこから追放され、ノヴィサドに向けて出発した。彼はすぐにセルビアの首都に戻る許可を得た。カラベロフは、政治に従事したため、公国での生活を批判することを禁じられた。彼自身は自由ではあるが、刑務所にいるように感じている。それで彼はベオグラードを去り、再びノヴィサドに行った。彼は、来たるべき解放闘争を考慮して、セルビアでブルガリア移民を組織する任務を負った「ブルガリア委員会」を設立した。セルビアでは、カラベロフは才能のある広報担当者、フィクション作家、文芸評論家、セルビア文学と政治家の批判的実在論の創設者としての地位を確立する。そこで彼はフィクションの作品を書き、出版した。 "、"ジュース "など。 -セルビア文学に関する総説[2]

セルビアでは、カラベロフはオムラディナ運動の周りのリベラルなサークルに近づき、次の年にはバルカン連邦構想とセルビアとブルガリアの協力一般のアイデアを積極的に支持した。 [9]ミハイル・オブレノビッチ王子の暗殺後の弾圧の波で、彼はハンガリーの領土に逃げたが、それにもかかわらず、セルビアの著名な公人ウラジミール・ヨバノビッチとともにノヴィサドで逮捕された。 2人は数ヶ月間刑務所に入れられ 、カラベロフは起訴が証明されなかったという理由で1869年1月4日に釈放された。

ブカレストで[編集]

1869年5月の初めに、彼はブカレストに定住し、ブルガリアの裕福な商人のグループである「老人」に彼らの新聞「祖国」を編集するよう依頼された。彼はブルガリアをロシアの保護領の下に置くという彼らの考えを拒否し、国の解放のための独立した革命的行動を提唱したため、すぐに彼らと対立した。 [9] 11月7日から、彼は新聞Svoboda(1869-1873)を発行。その後、フリスト・ボテフ(1872〜1873)が最初の助手となり、新聞はBRCCの機関となった。彼は、ブルガリア文学協会(BCD)、今日はブルガリア科学アカデミー(BAS)と呼ばれる組織を設立するというアイデアを熱心に歓迎した。その後、2人は新聞Nezavisimost (1873-1874)を編集した。 18734月28日、問題。 32、カラベロフは「私たちは他の人の服を修理するために生まれた」という記事を書いている。テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

„българете обичат да плачат по чуждите гробища, когато техните собствени родители лежат в земята непрелеяни, неоплакани и непоменени ... Кой помага на чуждите правителства да деморализират народът ни и да го направи неспособен за нищо? – Българете... Ако захване да се гради гръцка черкова, то ние сме първи; а ако захване да са гради българско училище, то сме последни ... чорбаджията-хаджия купува из Ерусалим своите достойнства твърде скъпо, а продава народът си твърде евтино ... В чуждите учебни заведения са свършиле науките си мнозина българе, но тие са останале в чужбината да кърпят чуждите дрехи и да плачат на чуждите гробища; а българете постоянно се оплакват, че нямат учители, че нямат способни списатели и че нямат учени хора... И така, ние сме родени на тоя свят или да кърпиме чуждите дрехи, или да плачеме на чуждите гробища.“
Любен Каравелов

ネザビシモスト新聞の発行と同時に、カラベロフは1869年の秋または終わりに革命組織の基礎を築いたヴァシルレフスキとともに、革命的なブルガリア移民と緊密な関係を維持した。 1872年4月下旬と5月上旬の制憲議会で、カラベロフはブルガリア革命中央委員会(BRCC)の議長に選出されました。委員会の周りの彼の仕事に加えて、カラベロフはブカレストでロシアの革命運動の活動家との接触を維持した。自由の使徒の悲劇的な死後、組織の主要メンバーとの原因、意見の不一致、誤解に対する一部の革命的活動家の無関心により、彼は運動の統治機関を辞任し、「独立」を停止し、1月から1875年に雑誌の発行を開始。「知識」、人気の科学書およびコレクション。カラベロフとボテフの間には亀裂があった。それにもかかわらず、カラベロフは、奴隷にされたブルガリアの人々の運命、世界のすべての抑圧された人々の運命を懸念して、革命家であり民主党であり続けた[2]

昨年、1876年-1879年[編集]

ボテフと別れた後、カラベロフはロシアの新聞への通信の送信を再開した。彼は、1877年4月12日にロシアがオスマン帝国の宣戦布告を行った後、「ユーゴスラビア教育慈善委員会」の設立に参加しました。彼はロシア軍に仕えてブルガリアに戻った。 2月に彼はサンステファノを訪問する。彼はニコライ・イグナティエフ伯爵と会い、彼の従者と一緒にコンスタンティノープルの街を訪れた。

タルノヴォの他の革命活動家と一緒に、彼は統一委員会を設立した。この委員会は、オスマン帝国の支配下にとどまったマケドニアのブルガリア人の革命運動を支援する任務を自らに課した。同じ委員会が、1878年10月5日に発生したクレスナラズロク蜂起の準備を担当した。彼はルセに定住したが、彼の健康は悪化し、1879年1月21日結核で亡くなった。彼はブルガリア国民、ロシア当局の代表者、その他のスラブ民族によって厳粛に埋葬された[2]

ギャラリー[編集]

創造性[編集]

  • 昔のブルガリア人
  • ハジニコ
  • 金持ちの貧しい人
  • 母の子
  • 公爵
  • ストヤン
  • ラコヴスキの歌
  • 自由は拡大しません
  • あなたは美しい、私の森
  • そしてパリにはガチョウがいます
  • 私たちの公的生活
  • 「私たちが誰であるか知っていますか?」
  • 科学は礼拝を容認しません

ノート[編集]

  1. 1.0 1.1 Енциклопедия „България“. Т.3. Изд. на БАН. С., 1982, с. 324
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 Каравелов, Любен. Избрани творби. Изд. „Български писатели“. София, 1959. с. 402 – 405
  3. Андрейчин, Любомир. Език и стил на Каравелов. Годишник на Софийския университет. ИФФ, т. 46/1950
  4. Стоянов, Иван. Любен Каравелов. Нови щрихи към живота и дейността му. В. Търново. УИ „Св. св. Кирил и Методий“. 2008. с. 130, ISBN 978-954-524-662-3
  5. Колева, Ваня. Механизмът на назоваване при жените – в традицията, у Любен Каравелов и Иван Вазов. // „Литературен свят“, № 7, март 2009. Също: Колева, В. Часовникът и воденицата. Българският фолклор и литература. София. „Карина – Мариана Тодорова“. 2014, с. 126 – 138.
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 Из „Любен Каравелов. Събрани съчинения в дванадесет тома.“, т. I. С., 1984. – Любен Каравелов, Биографични бележки Archived 2003-07-26 at the Wayback Machine., Словото
  7. Клинчаров, Иван (1925). Любен Каравелов – биография. София: Придворна печатница. pp. 38 
  8. Пеев, Петко (1946). Петко Каравелов, година ІІІ, кн. 10. София: Библиотека Наши времена. pp. 17 
  9. 9.0 9.1 Милюков, Павел (2013). Живата истина (Студии за България). София: Изток-Запад. pp. 31. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-619-152-162-3 

外部リンク[編集]


This article "リューベン・カラベロフ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:リューベン・カラベロフ.



Read or create/edit this page in another language[編集]