ポポロプラント株式会社

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ポポロプラント株式会社
POPORO PLANT Corporation
PPCのロゴ透明
PPCの会社外観
武蔵小杉本社
種類 株式会社
略称 ポポロ / ポポロプラント
本店所在地 日本の旗 日本
神奈川県川崎市中原区新丸子東二丁目908番地4
設立 1969年3月
業種 機械
事業内容 配管設計・建築設計・土木設計・熱応力解析・構造解析・3Dレーザースキャナー計測・3Dモデリング・ドローンによる点検・検査
代表者 前川光久 (代表取締役社長)
資本金 4,200万円
(2020年12月1日現在)
外部リンク http://www.poporo.co.jp
テンプレートを表示

ポポロプラント株式会社(英:POPORO PLANT Corporation)とは、神奈川県川崎市(武蔵小杉駅近傍)に本社を置く日本のプラント設計会社、エンジニアリング会社である。

概要[編集]

LNG基地や純水装置、食品・医薬品・石油精製・火力・化学プラント等の配管設計・建築設計・土木設計・機械設計・熱応力解析・構造解析により、国内外に多くの実績を持つ。

上記業務のみならず、3Dレーザースキャナーを用いた3D現場計測・3Dモデリング[1]や、VR・MRによる立体的なイメージの提示など、従来の設計会社のイメージにとらわれない三次元設計業務を行っている。

沿革[編集]

  • 1963年 3月(昭和38年)- ポポロプラント株式会社設立。
  • 1986年 10月(昭和61年)- 2D CADシステムの導入。
  • 2005年 1月(平成17年)- 3D CADシステムの導入。
  • 2013年 11月(平成25年)- 事業拡大に伴い、武蔵小杉駅近傍に本社を移転。
  • 2016年 10月(平成28年)- 3Dレーザースキャナー・プラント用点群処理ソフト・Plant3Dを用いた3次元計測業務を開始。
  • 2017年 1月(平成29年)- VRによる 3Dモデル作成 & レビュー業務開。
  • 2017年 8月(平成29年)- 事業拡大に伴い、札幌駅近傍に「札幌事務所」を開設。
  • 2018年 1月(平成30年)- 事業拡大に伴い、永浦駅近傍に「袖ヶ浦事務所」を開設。
  • 2018年 6月(平成30年)- 東京ビッグサイトで開催された「3D & バーチャルリアリティー展」に出展。[2]

事業所[編集]

  • 本社 - 神奈川県川崎市中原区
  • 札幌事務所 - 北海道札幌市北区
  • 袖ヶ浦事務所 - 千葉県袖ケ浦市
  • いわき事務所 - 福島県いわき市
  • 六ケ所事務所 - 青森県上北郡六ヶ所村

脚注[編集]

関連リンク[編集]


This article "ポポロプラント株式会社" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ポポロプラント株式会社.