フレデリカ「マーム」マンデルバウム(Fredericka "Marm" Mandelbaum)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


フレデリカ「マーム」マンデルバウム(Fredericka "Marm" Mandelbaum)
Marm Mendelbaum.jpg
Born 1825年3月25日 in ヘッセン選帝侯国カッセル as フリーデリケ・ワイスナー(Fredericka Weisner)
💀Died カナダ、オンタリオ州ハミルトン 1894年2月26日(68歳)
💼 Occupation
犯罪者
❤️ Spouse(s) ウルフ・マンデバウム(Wolfe Mandelbaum)

フレデリカ「マーム」マンデルバウムFredericka "Marm" Mandelbaum、1825年3月25日 - 1894年2月26日)[1] [2][3]は、ニューヨーク市の企業家であったし、その都市の地下世界の多くのストリート・ギャングらと犯罪者らに対して故買人として機能し、1862年から1884年の間に100万ドルから500万ドルの盗品を扱った。彼女はまた、主な好敵手ジョン・D・グレイディ(John D. Grady)とグレイディ・ギャング(Grady Gang)のように、都市の犯罪分子らの女家長になったし、南北戦争後の時代を通じて、多数の強盗その他の犯罪活動への資金提供と組織化に関与した[4]

人生と経歴[編集]

マンデルバウムと彼女の「内輪」("inner circle")が主催する、典型的なディナー・パーティー。

マンデルバウムは、現代ドイツの都市カッセルでフリーデリケ・ワイスナー(Friederike Weisner)として生まれた。家がユダヤ系であったことを除いて、彼女の前半生についてはあまり知られていない。彼女は1848年にウルフ・マンデルバウム(Wolfe Mandelbaum)と結婚した。ふたりは1850年にアメリカに移住する前に、おそらくはユダヤ人の経済的機会が限られているためにであろう、ドイツで巡回行商人として働いた[1]

家族がニューヨークに到着したとき、ふたりは、清掃員らによって集められた商品を取り込み転売する、一連の小事業を始めた。二人はクリントン・ストリートの服地店を購入したが、しかし1854年までに、この事業はマンデルバウムの犯罪活動の最前線として機能していた(彼女はのちに市内の大きな倉庫2つに商品を保管する必要があることになる)。マンデルバウムは泥棒らと強盗らへの資金提供を開始し、マンハッタン貯蓄銀行強盗事件(Manhattan Savings Bank Robbery)をふくむその都市の歴史上最大の盗難の一部の計画に関与した。[要出典]彼女は事業を拡大して、マームズ・グランド・ストリート・スクール(Marm's Grand Street School)として知られる学校のみならず、恐喝犯らと信用詐欺の男らのいくつかのギャングを管理し、若い犯罪者らを募集し、スリの方法を教えた[5]。彼女はグレイディ・ギャングの最高の競合者でもあった。

この間、彼女はニューヨークの地下世界のみならず上流社会のニューヨークで最も著名な女主人の1人になっていて、裁判官らと警察官らのみならず、クイーン・リズ(Queen Liz)、ビッグ・マリー(Big Mary)、「ブラック」レナ・クラインシュミット("Black" Lena Kleinschmidt)、アダム・ワース(Adam Worth)、ソフィー・ライオンズおよびジョージ・レオニダス・レスリーをふくむ、当時最も有名な犯罪者の一部と定期的に交際した。

しかしながら、1884年、ニューヨーク地方検事ピーター・B・オルニー(Peter B. Olney)は、マンデルバウムの組織に潜入するためにピンカートン探偵社(Pinkerton Detective Agency)を雇った。泥棒になりそうな人のふりをよそおっている或るエージェントは、或る店からいくつかのマークされた複数巻きの絹を盗まれるよう手配したし、翌朝それはそこで、彼女の家への警察の手入れで発見された。マンデルバウムは息子ジュリアスとクラークのハーマン・ストロードとともに逮捕され、保釈され、推定100万ドルといっしょにアメリカから逃亡した。彼女はカナダ、オンタリオ州ハミルトンに定住し、1894年に死亡するときまでそこに留まった[6]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Holub, Rona. "Fredericka Mandelbaum." In Immigrant Entrepreneurship: German-American Business Biographies, 1720 to the Present, vol. 2, edited by William J. Hausman. German Historical Institute. Last modified October 15, 2013.
  2. Holub, Rona L. (April 2008). “Mandelbaum, Fredericka (1827-1894), criminal entrepreneur”. American National Biography. Oxford University Press. doi:10.1093/anb/9780198606697.article.2001903. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-19-860669-7. https://www.anb.org/view/10.1093/anb/9780198606697.001.0001/anb-9780198606697-e-2001903 2021年3月29日閲覧。. 
  3. Conway, J. North (Aug 4, 2009). King of Heists: The Sensational Bank Robbery of 1878 That Shocked America. Globe Pequot. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781599218359. https://books.google.com/books?id=8hT2i4S7NEQC&pg=PA207 
  4. Jim Naureckas. “Rivington Street: New York Songlines”. Nysonglines.com. 2010年3月8日閲覧。
  5. Mackenzi, Lee (2018-02-27). Bygone Badass Broads : 52 Forgotten Women Who Changed the World. Eriksson, Petra (Illustrator). New York. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 9781419729256. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。OCLC 1000582947 
  6. Hamilton Spectator, February 26, 1894

情報源[編集]

  • Asbury, Herbert. The Gangs of New York. New York: Alfred A. Knopf, 1927. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-1-56025-275-7
  • Sifakis, Carl. The Encyclopedia of American Crime. New York: Facts on File Inc., 2001. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-0-8160-4040-7
  • Phillips, Charles and Alan Axelrod. Cops, Crooks, and Criminologists: An International Biographical Dictionary of Law Enforcement, Updated Edition. New York: Checkmark Books, 2000. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。978-0-8160-3016-3

読書案内[編集]

外部リンク[編集]


This article "フレデリカ・マンデルバウム" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:フレデリカ・マンデルバウム.