フリア・パストラナ(Julia Pastrana)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


フリア・パストラナ(Julia Pastrana)
Julia Pastrana.JPG
V. Katzlerによるフリア・パストラナのリトグラフ 1860年ころ
Born 1834年8月 in メキシコ、シナロア
💀Died ロシア帝国モスクワ 1860年3月25日(25歳)
🎱 Height 4 ft 5 in (1.35 m)
❤️ Spouse(s)
セオドア・レント(Theodore Lent) (m. 1855)
👶 Children 息子1人

フリア・パストラナ (Julia Pastrana) は、多毛症を患っていた19世紀のパフォーマーで歌手である。メキシコの先住民女性であるパストラナは、1834年にシナロア州で生まれた[1]。彼女は或る遺伝的状態、終末性多毛症(hypertrichosis terminalis)(または全身性多毛症ラヌギノーザ(generalized hypertrichosis lanuginosa))をもって生まれた[2]。彼女の顔と身体は黒い直毛でおおわれていた。両耳と鼻は異常に大きかったし、歯は不ぞろいであった。後者の状態は、彼女の生涯で診断されていないまれな病気、歯肉増殖症(gingival hyperplasia)によって引き起こされたし、それは彼女の両唇と歯肉を厚くした[2]

人生と経歴[編集]

パストラナの前半生には複数のバージョンが存在する。彼女が登場するフリークショーを管理する人々によって作成された文献は、彼女がサルに似て洞窟に住んでいる「ルート・ディガーズ」と呼ばれるネイティブ・アメリカンの部族に属していると説明した。そのバージョンでは、ミセス・エスピノサとしてのみ特定された女が部族に誘拐され、洞窟に閉じ込められ、逃げることができたときパストラナを連れて行ったと言われている。メキシコのオコロニの先住民の村人らの言葉に基づく別のバージョンでは、パストラナは彼らが「オオカミ女」("wolf woman")と呼んだ地元の少女であった。そのバージョンでは、パストラナは母親が死ぬときまで母親と一緒に暮らし、その後、おじは彼女をサーカスに売った[3]。どちらの説明も、ある時点で、彼女は当時のシナロア州知事ペドロ・サンチェスの家に住み、1854年に家を出た、と主張している[4][5]

Ireneo Pazによると、Mazatlánの税関職員Francisco Sepúlvedaがパストラナを購入し、アメリカに連れていった[6]。当初、パストラナはJ・W・ビーチの管理下でパフォームした。しかし1854年に、彼女はセオドア・レントと駆け落ちし、メリーランド州ボルチモアで彼と結婚した[7]。レントは彼女のマネージメントを引き継いだし、彼らはアメリカとヨーロッパ中をツアーした。パストラナは動物とヒトの雑種として宣伝され、以下のステージ名でサイドショーとフリーク・ショーで働いた、「ヒヒ女」("Baboon Lady")[8]、「イヌ顔女」("Dog-faced Woman")、「毛むくじゃら女」("Hairy Woman")、「サル顔女」("Ape-faced Woman")[9]、「サル女」("Ape Woman")、「クマ女」("Bear Woman")そして「えたいの知れない」("The Nondescript")。しかしながら、彼女はパフォーマンス中に彼女の知性と才能を実証した――歌、ダンス、観客との交流[10]

モスクワでのツアー中に、パストラナは自分と同じような特徴を持つ息子を出産した[11]。その子供はわずか3日間生き残ったし、パストラナは5日後に産後合併症のために死亡した。

診察[編集]

有名なあごひげを生やした女性の展覧会のために宣伝された、「えたいのしれない」、フリア・パストラナ。

彼女の人生の間に、パストラナのマネージメントは、より多くの聴衆を引き付けるために広告での評価を使用して、医師らと科学者らに彼女を診察させるよう手配した。ある医師、アレクサンダー・B・モット医学博士は、彼女が特にヒトと「オランウータン」の交配の結果であると証明した[12]。別のクリーブランドのS・ブレーナード博士は、彼女は「別個の種」("distinct species")であると宣言した[13]。フランシス・バックランドは、彼女は「奇形のメキシコ系インド人女にすぎない」("only a deformed Mexican Indian woman")と述べた[13]。ボストン自然史学会の比較解剖学者サミュエル・ニーランド・ジュニアは、彼女はヒトであり、インド系であると宣言した[14]

チャールズ・ダーウィンは彼女の死後、彼女の事例について説明した――「スペインのダンサー、フリア・パストラナは非常に立派な女であったが、彼女は太い男性的なあごひげと毛むくじゃらの前額を持っていた。彼女は写真を撮られたし、彼女の詰め物をされている皮膚はショーとして展示された。しかし、われわれが懸念しているのは、彼女が上顎と下顎の両方という不規則な二重の歯並びを持っていて、一方の列がもう一方の列の中に置かれていて、パーランド博士がそれの型をとったことである。歯の余剰のために、彼女の口は突き出ており、彼女の顔はゴリラようの容貌であった」("Julia Pastrana, a Spanish dancer, was a remarkably fine woman, but she had a thick masculine beard and a hairy forehead;she was photographed, and her stuffed skin was exhibited as a show;but what concerns us is, that she had in both the upper and lower jaw an irregular double set of teeth, one row being placed within the other, of which Dr. Purland took a cast.From the redundancy of the teeth her mouth projected, and her face had a gorilla-like appearance".)[15]

死後[編集]

フリア・パストラナ、彼女の保存された遺物を示す、1900年の書籍からの像

パストラナの死後、レントは彼女の遺体と息子の遺体をモスクワ大学のスコロフ教授に売却し、それはそれを永久に保存した。彼女の遺体は剥製にされて保存された[16]。この過程は、剥製技術と防腐剤の混合であった[17]。一部の作者は一般的に「ミイラ」と呼んでいるが、彼女の保存された遺体は、ミイラ化されなかったために技術的にはミイラではなかった。彼女の遺体は詰め物をされていて[18]、それは有名な博物学者で剥製師のチャールズ・ダーウィンが指摘した。遺体がスコロフによって保存された後、レントは彼からそれらを再購入し、ヨーロッパ中でそれらを展示し始めた[11]。レントは後に同様の特徴を持つ別の女を見つけ、彼女と結婚し、彼女の名前をマリー・バーテルからゼノラ・パストラナに変え、彼女の展示から裕福になった。一部の情報源は、彼は結局1884年にロシアの精神病院に収容され、そこで死亡したと主張している。[要出典]

100年超の間、パストラナと彼女の息子の遺体は、世界中の美術館、サーカス、そして遊園地に展示された。それらは1921年にノルウェーに現れ、1972年までにアメリカをツアーした。その年後半に、スウェーデンのツアーはかなりの反対を呼び、それら遺体は公衆の眼から引っ込められた[11]。破壊者らは1976年8月に保管施設に侵入し、赤子の遺体を損傷した。遺物はハツカネズミによって消費された。フリアの保存された遺体は1979年に盗まれたが、遺体が警察に報告されたが身元が特定されなかった後、オスロ法医学研究所に保管された。それは1990年に身元が特定され、長年、オスロ大学の解剖学部の封印された棺に置かれていた。1994年に、ノルウェー上院は彼女の遺体を埋葬することを推奨したが、科学者らが研究を行うことができるように科学大臣は遺骨を保管することを決定した。彼女の遺体にアクセスするには、特別な許可が必要であった[1]

2012年8月2日に、『Aftenposten』で、パストラナが最終的に不特定の日にメキシコで埋葬されることが報じられた[19]。2013年2月に、シナロア州知事のマリオ・ロペス・バルデス、ニューヨークを拠点とするビジュアルアーティスト ローラ・アンダーソン・バルバタ、ノルウェー当局などの協力を得て、遺体はシナロア州政府に引き渡され、彼女の埋葬が計画された[2]。何百人もの人々が彼女のカトリックの葬儀に出席し、彼女の遺体は彼女の出身地の近くの町シナロア・デ・レイバの墓地に埋葬された[20]。映画製作者エヴァ・アリジスは、彼女の長編ドキュメンタリー「"Chuy, The Wolf Man"」の埋葬を撮影した。これは先天性多毛症の現代メキシコ人家庭のポートレートである。

劇場[編集]

オーストラリアの作家アラン・マクファデンとピーター・ノースウッドによるミュージカル『Pastrana』は、1989年にメルボルンのチャーチ・シアターで上演された[21][22]。この製作は、5つのメルボルン・グリーン・ルーム・アワードにノミネートされた。

パストラナの生涯、『The True History of the Tragic Life and Triumphant Death of Julia Pastrana, the Ugliest Woman in the World』(1998年)に基づいた劇は、ショーン・プレンダーガストによって書かれた。ローラ・アンダーソン・バルバタの姉妹キャスリーン・アンダーソン・クレブロが上演した2003年のテキサスでの演劇は、アンダーソン・バルバタがパストラナの遺骨をノルウェーからメキシコに返還する運動につながった[2]

映画[編集]

マルコ・フェレーリの映画『The Ape Woman』(1964年)は、パストラナの伝記に基づいている。

2013年10月14日に、フリア・パストラナの生涯と経験に基づいて、セルソ・ガルシアとフランシスコ・パヨ・ゴンザレスによるオリジナルの脚本から、開発中の映画「"Velvet"」が発表された。「"Velvet"」はセルソ・ガルシアが監督をつとめ、カメラの前そして後にいるさまざまな個性のサポートを受けた国際的な作品である。この発表は、編集グループReformaのメンバーであるメキシコの新聞「"Mural"」に掲載された記事に掲載された。[要出典]

音楽[編集]

Ass Ponysは、1993年の彼女のアルバム『Grim』に彼女の人生についての曲『Julia Pastrana』を書き、録音した。

2020年3月20日に、ミュージカルのスーパーグループApparatjikは、「"Julia"」というタイトルのシングルを歌詞ビデオとともにリリースした。

参照項目[編集]

  • 髭女

注釈[編集]

  1. 1.0 1.1 Lerma Garay, Antonio. Érase una vez en Mazatlán. Comisión para la Celebración del Bicentenario de la Independencia y Centenario de la Revolución. Culiacán. 2010.
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 Wilson, Charles (2013年2月11日). “An Artist Finds a Dignified Ending for an Ugly Story”. New York Times. https://www.nytimes.com/2013/02/12/arts/design/julia-pastrana-who-died-in-1860-to-be-buried-in-mexico.html 2013年2月11日閲覧。 
  3. Stelloh, Tim. “Behold! The Heartbreaking, Hair-Raising Tale Of Freak Show Star Julia Pastrana, Mexico's Monkey Woman” (英語). BuzzFeed. 2018年2月23日閲覧。
  4. Archived copy”. 2016年8月11日閲覧。
  5. Lenz, Lyz. “The Life and Death of Julia Pastrana, Bearded Woman on Parade” (英語). Pictorial. https://pictorial.jezebel.com/the-life-and-death-of-julia-pastrana-bearded-woman-on-1695330616 2018年2月23日閲覧。 
  6. Ireneo Paz, Algunas Compañas, p. 239
  7. The Sun: Nov. 10, 1855; ProQuest Historical Newspapers: Baltimore Sun, The (1837–1987) p. 1
  8. Charlston, JL (2019年6月16日). “Julia Pastrana: The 'circus freak' on show even in death”. News.com.au. News.com.au. 2019年12月28日閲覧。
  9. Miles, A. (February 1979). “Julia Pastrana:The Bearded Lady”. Proceedings of the Royal Society of Medicine 67 (2): 160–164. doi:10.1177/003591577406700229. PMC: 1645262. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 4595237. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1645262/. 
  10. Garland-Thomson 2017, p. 36.
  11. 11.0 11.1 11.2 Garland-Thomson 2017, p. 37.
  12. Bondeson, Jan (1997). “The strange story of Julia Pastrana”. A Cabinet of Medical Curiosities. I.B.Tauris. p. 219. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 1860642284. https://books.google.com/books?id=DPM8z2yDt2cC&pg=PA219 
  13. 13.0 13.1 Buckland, F.T. (1865). Curiosities of Natural History, Vol. 2. London: Bentley. pp. 44–51 
  14. Born Different, p. 81
  15. Darwin, Charles, The Variation of Animals and Plants Under Domestication, Vol. II. John Murray, London, 1868. p. 328
  16. Pauline Wakeham (2008). Taxidermic Signs: Reconstructing Aboriginality. U of Minnesota Press. pp. 212–. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-8166-5054-5. https://books.google.com/books?id=HkrAc9OjKLgC&pg=PA212 
  17. Lovejoy, Bess. “Julia Pastrana: A "Monster to the Whole World"”. Publicdomainreview.org. 2019年12月27日閲覧。
  18. Van Wyhe, John (2002年). “The Variation of Plants and Animals Under Domestication”. Darwinonline.org.uk. 2019年12月27日閲覧。 “Her [Julia Pastrana] stuffed skin was exhibited as a show”
  19. “Hun ble vist frem som "apekvinne". Nå skal Julia Pastrana endelig begraves” (ノルウェー語). Aftenposten. (2012年8月2日). http://www.aftenposten.no/nyheter/iriks/Hun-ble-vist-frem-som-apekvinne-Na-skal-Julia-Pastrana-endelig-begraves-6956261.html 
  20. Stargardter, Gabriel (2013年2月13日). “'Ugliest woman in the world' buried 150 years after end of tragic life”. msn.news (Reuters). http://worldnews.nbcnews.com/_news/2013/02/13/16945751-ugliest-woman-in-the-world-buried-150-years-after-end-of-tragic-life 2013年2月26日閲覧。 
  21. AusStage”. www.ausstage.edu.au. 2017年10月20日閲覧。
  22. Radic, Leonard (1989年8月4日). “Roll up, roll up, and see the bearded lady”. The Age. https://news.google.com/newspapers?id=0eVUAAAAIBAJ&sjid=jJEDAAAAIBAJ&pg=6213%2C2160356 2015年7月10日閲覧。 

脚注[編集]

  • Bartra, Roger. "El trágico viaje de una mujer salvaje mexicana al mundo civilizado". Istor 64 (2016): 179-198. México.
  • Garland-Thomson, Rosemarie (January 2017). “Julia Pastrana, the 'extraordinary lady'”. Alter 11 (1): 35–49. doi:10.1016/j.alter.2016.12.001. 
  • Gylseth, Christopher Hals; Lars O. Toverud (2003). Julia Pastrana: The Tragic Story of the Victorian Ape Woman. Sutton. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-7509-3312-4. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。OCLC 52829869 
  • Miles, A.E.W. (February 1974). “Julia Pastrana: The Bearded Lady”. Proceedings of the Royal Society of Medicine 67 (2): 160–164. doi:10.1177/003591577406700229. PMC: 1645262. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。PMID 4595237. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1645262/. 

外部リンク[編集]

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "フリア・パストラナ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:フリア・パストラナ.