ヒレンダルのパイシイ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



パイシイ・ヒレンダルスキ
Паисий Хилендарски.jpg
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
洗礼 正教会
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
代表作 スラブ・ブルガリア史
流派 ブルガリア再生運動
影響を受けたもの Цезар Бароний、Мавро Орбини
影響を与えたもの Софроний Врачански
栄誉 1962年6月26日、ブルガリア正教会によって列聖
公式サイト コモンズ
補足
6月19日は彼の祝日

パイシイ・ヒレンダルスキは、ブルガリア聖職者、聖人であり、「 Slavo-BulgarianHistory 」の著者である。ブルガリア国民の国家復興と解放のための彼の作品で表現された考えは、多くの学者にブルガリア復興の創設者として彼を指摘するように導きます。彼は1962年にブルガリア正教会の聖シノドの書面による行為によって聖人に列聖され、彼の記憶は6月19日に記念されます。

バイオグラフィー[編集]

起源と教育[編集]

「ヒランダル修道院の歴史」の自伝的メモ、ヒランダル・コンディキのエントリ、およびいくつかの手紙から、パイジウスの生涯についての情報があります。彼は1722年にサモコフ教区で世俗的な名前のペンコまたはピーターで生まれました(彼は40歳で「スラブ-ブルガリアの歴史」を卒業したと言われています)。彼の出生地について、彼は「スラブ・ブルガリア史」に書いた:「まず第prishedasha Svetyie林Afonskieでeparhii Samokovskiie LNラト1745」(「サモコフから聖なる山アトスに来ては、1745年に司教区」)。

バルカン戦争の前夜の1912年4月の彼の記事の中で、スコピエの元メトロポリタンテオドシウスは、当時まだオスマン帝国の支配下にあったバンスコからのパイジウスの起源の可能性について最初に話しました。 [1]彼の仮説は広く普及し、マケドニアについてのブルガリア国民の「ブルガリア復興の発祥地」としての見方を裏付けました。

ヨルダン・イワノフの意見は、パイシイはバンスコで生まれたというものです。彼の父ミハイル・ハジバルチョフはバンスコの裕福な商人であり、弟のヴァルチョ・ハジバルチョフは父の活動を続け、有名な寄付者にもなりました。地域、特にヒランダルとゾグラフの地域。 [2]

Paisii Hilendarskiは、体系的な教育を受けなかったが、1745年に彼はで僧侶になったHilendarski修道院、彼は後になった、修道司祭とproigumen 。当時、ヒランダルはセルビアの修道院の地位を持っていましたが、その場所のために、その中の僧侶のほとんどはマケドニアからのブルガリア人でした。 1758年に彼はタクシー運転手としてSremskiKarlovtsiに旅行し、そこで彼はブルガリアの歴史に関する歴史的作品と中世の資料に精通し、それが彼に主要な作品を書くのに役立った。 「ヒランダル修道院の歴史」は、パイジウスが他の僧侶との喧嘩のためにヒランダル修道院を去った後、1762年にゾグラフスキー修道院で完成しました。タクシーの運転手としてブルガリアの土地をツアーしている間、彼は彼の歴史的な作品をコピーしてブルガリア人に配布しました。彼は1773年に亡くなったと考えられています。アンベリノ村の修道院でアトス山に向かう途中(現在は「聖ゲオルギ」-アセノヴグラトの近所)。 [3]

影響と重要性[編集]

「スラヴォ-ブルガリアの歴史」のパイジウス原本の最初のページ

Paisii Hilendarskiの「歴史」は大幅なベネチアの枢機卿による「教会と市民行為」のロシア語翻訳などの歴史的な作品に影響されセザールバローニと修道院長ドゥブロヴニクによる「歴史学の本」(「スラヴ人の王国」) Mavroオルビニ、極端なイリリアニズムの支持者。パイジウスは批判している。それを書くために、彼はアトス山とスレムスキー・カルロフツィの修道院図書館からの他の歴史的資料を使用しました。また、ツァーリ・イヴァン・アレクサンダーのゾグラフスカ憲章、ツァーリ・イヴァン・シシュマンのリラ憲章、その他多くの憲章は、今日取り返しのつかないほど失われています。彼はまた、総主教エフティミィ(「聖人の生涯」)の作品も知っていました。 Ivan Rilski」、「Life of St. PetkaTarnovska」など。 )、そして聖人ガルベイル・レスノフスキー、イラリオン・マグレンスキー、エンジェル・ビトラスキーなどの生活。彼はまた、聖人の活動に関連する有名な伝記や伝説を使用しました。 st。キリルとメトディウスとその生徒たち。

Paisiusは、ブルガリア人の国民意識を目覚めさせ、国民の高い自信の根拠があることを彼らに納得させようとしています。セルビア人とギリシャ人の僧侶の傲慢さと、ブルガリア人とブルガリア人の家族の完全な同化と失踪の脅威につながったブルガリア人のすべてに対する彼らの無視も、執筆の主要な動機でした。重要な議論は、スラブの最初の使徒コンスタンティン-キュリロス哲学者とメトディウスの活動、中世ブルガリア国家とその著名な統治者の政治的および文化的繁栄です。 「スラブ-ブルガリアの歴史」の創設は、ブルガリア復興の始まりと見なすことができます。 [4] [5]パイジウスは、ブルガリアの国の民族的領域を概説した最初の著者であり、彼によれば、それはモエシア、トラキア、マケドニア、ポモラヴィーの土地をカバーしていた。この本の約60部が知られており、最初の部はソフロニー・ヴラチャンスキーがコテルを訪れたとき(1765年)のものであり、本の最初の印刷版は1844年に作成されました。 Hristaki Pavlovichによる大幅な編集の後、「Tsarstvenik」というタイトルで。 [6] 、これは新しく開設された世俗的なブルガリアの学校でブルガリアの歴史に関する最初の教科書の1つと見なされています。

遺産[編集]

Paisii Hilendarskiは、ブルガリア復興運動で最も尊敬されている人物の1人です。プロブディフ大学、ソフィア数学高校、その他ブルガリアの教育機関は、彼にちなんで名付けられました。

2000年7月28日の法令による毎年恒例の州賞「聖。 Paisii Hilendarski」は、ブルガリアの歴史と伝統に関連する作品のブルガリアの芸術家やパフォーマーを刺激するために授与されます。

2008年に彼に捧げられた記念博物館がバンスコに開かれました。

関連項目[編集]

  • PaisiiHilendarskiの家族

文献[編集]

  • ヒレンダーのパイジウス。スラヴ人-ブルガリアの歴史。翻訳と解説付きのクリティカルエディション。印刷の準備:D。Peev、M。Dimitrova、P。Petkov翻訳:D。ペエフ。コメント:アル。ニコロフ、D。ピーブ。科学編集者:Ivan Dobrev 2番目の補足および改訂版。アトス山。スラブ-ブルガリア絵画聖なる修道院、2013年、448 pp。[初版-2012年、416pp。];第3改訂版、2015年、172 + 448p。 (Dとの共著。 Пеев、М。 Димитрова、А。ニコロフ)。
  • ステファン・ポピバノフ-「神父の記憶の残骸。 Paisii」、Novini新聞、第62号、コンスタンティノープル、1896年5月3日発行
  • イリノイ州トドロフヒレンダーのパイジウス。彼の人生と仕事についての文学。注釈付きの参考文献。 S.、NBCM、2003、172p。
  • Zlatarski、VNPaisiiの歴史のいわゆる変更の問題について。 -BKDの定期刊行物、vol。 59、1899、723-757。
  • Slavo-ブルガリアの歴史。修道司祭のPaisiusによって収集され注文されました。プロトタイプJ.イワノフによる印刷用のスタンプ。ソフィア、1914年
  • ロマンスキー、セント。 1765 S.、1938年の写しと比較した、1781年からのPaisiiの歴史の新しいソフロニエフの写し。
  • スネガロフ、IV。変容修道院におけるパイジーの歴史の写し。 -Macedonian Review、13、1942〜1943、№2、85〜124(VladGladichov)。
  • Velchev、V。PaisiiHilendarskiの未知の信者。 -言語と文学、1956年、№6、446-458(VladGladichov)。
  • アンジェロフ、B。セント。 Paisiiの歴史のコピー。 -ブルガリア文学研究所の通知。 T. 7、1958、pp.307-。
  • アンジェロフ、B。セント。 PaisiiHilendarski-スロベニア-ブルガリアの歴史。 1772 S.、1961年からのニキフォロフの写し。
  • Stoyanov、M.Paisievの「スラブ-ブルガリアの歴史」の写し。 --In:PaisiiHilendarskiと彼の時代。 S.、1962、557-596。
  • ハラランピエフ、IV。グラディッチの「スラブ・ブルガリア史」の写しの形態学的特徴に関する観察。 --In:Student Research、vol。 II。ヴェリコ・タルノヴォ、1973年、17〜28歳。
  • ハラランピエフ、IV。作家ウラド・グラディチョフと彼のパイジーの歴史の写しについての詳細。 -言語と文学、1978年、№5、54-63。
  • イリノイ州トドロフ「スラブブルガリアの歴史」のZheravnaトランスクリプト。 -キリルメトディウス国立図書館の通知。 T. 16(22)、1981、19-59。
  • ケナノフ、D.、A。ペトコフ。 「スラブ-ブルガリアの歴史」の不完全な写しを含む19世紀のメルダンコレクション。 -文学史、1988年、vol。 17、58-66。
  • カラジョバ、ダリンカ。 Paisievの「Slavo-BulgarianHistory」の2つの新しい写し。 -ブルガリアフォーラム、VI、1997、№3、238-243。
  • ヒレンダーのパイジウス。スラヴ-ブルガリアの歴史1771年。サモコフの写し。 Photot。 ed。 S.、民主的ネットワーク協会およびブルガリア681協会、2004年、281ページ。
  • ケナノフ、D。 「スラブ-ブルガリアの歴史」の不完全な写しを含む19世紀のメルダンコレクション。 -で:同じ。ブルガリアの宇宙、プロブディフとヴェリコ・タルノヴォ、IC「ジャネット-45」、「ARC」、2007年、198-207。
  • ノルベルト・ランドウ。 Paisij Chilendarski、 Slawobulgarische Geschichte (スラブブルガリアの歴史)。 Leipzig:Insel-Verlag、1984年。

外部リンク[編集]

ノート[編集]

  1. , モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-954-535-902-6 
  2. Митев, Пламен (2012). Българското възраждане. София: Стандарт. pp. 41 – 42. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-954-8976-56-5 
  3. Българската възрожденска интелигенция (енциклопедия), ДИ „Д-р Петър Берон“, София, 1988, стр.489 – 490.
  4. Преподобный Паисий Хилендарский – www.days.pravoslavie.ru
  5. Биографични бележки за Паисий Хилендарски на сайта на „Словото“
  6. Българската възрожденска интелигенция (енциклопедия), ДИ „Д-р Петър Берон“, София, 1988, стр. 489 – 490


This article "ヒレンダルのパイシイ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ヒレンダルのパイシイ.