ニコラス武

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
人物
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
職業 YouTuber
YouTube
チャンネル
活動期間 2017年 -
ジャンル コメディ、NBAトピック
登録者数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
総再生回数 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
事務所(MCN) 無所属
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年6月12日時点。
テンプレートを表示

ニコラス武(年齢18歳、誕生日は非公開)は、日本の男性YouTuber。

生まれは日本だが、現在はアメリカのオハイオ州に住んでいる。

概要[編集]

主にNBAの昔から現代までのトピックについて投稿している。NBA選手の歴代ポジション別TOP10などのランキング系の動画が人気となっている。他にもサブチャンネルとしてニコラス武ラジオがあり生配信などラジオタイプの動画を主に投稿している。ニコラス武のゲーム部屋という趣味チャンネルも運営している。

略歴[編集]

  • 2017年(平成29年)4月23日 - 『ニコラス武[2]』を開設する。
  • 2018年 (平成30年) 2月26日 - 初の動画を投稿する。
  • 2018年 (平成30年) 3月 - Twitterにて自身のアカウントを作る。
  • 2019年 (平成31年) 1月 - 『ニコラス武Studio(現ニコラス武ラジオ)[3]』を開設する。
  • 2020年 (令和2年) 3月 - 『ニコラス武のゲーム部屋[4]』を開設する。
  • 2020年(令和2年)5月 - 『ニコラス武』のチャンネル登録者数が10万人を突破する[5]
  • 2020年 (令和2年) 6月 - 自身のTwitterアカウントにて高校を卒業したことを明かす。

人物[編集]

好きなNBAチームはクリーブランド・キャバリアーズであり、NBAで一番最初に好きになった選手としてティモフェイ・モズコフをあげている。

また、NFLのクリーブランド・ブラウンズも応援している。

日本人初のNBAプレイメーカーズと契約をしている。また、ハーフであり、顔出し動画も存在する。

instagramのアカウントもあるが、ほとんど使用していない。最も再生された動画は、歴代ありえんシュートTOP10[6]

Rikuto AF や dunkman yoshi などの他のクリエイターとのコラボ動画も存在する。【NBA】2010年代TOP10[7]という動画でPYKES PEAK社から初の企業案件をもらった。

スポーツ[編集]

ニコラス武は複数のスポーツと関係があり、現在ではアメリカンフットボールをプレイしている。

以前はバスケットボールをしていたが、渡米後は親に勧められたなどの理由でアメリカンフットボールを始めた。また、砲丸投もやっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. YouTubeランキング
  2. ニコラス武” (日本語). YouTube. 2020年6月28日閲覧。
  3. ニコラス武ラジオ” (日本語). YouTube. 2020年6月28日閲覧。
  4. YouTube”. www.youtube.com. 2020年6月28日閲覧。
  5. ニコラス武 『【祝】登録者100.000人記念!ニコラス武の質問コーナー!!』2020年5月11日公開
  6. YouTube”. www.youtube.com. 2020年6月28日閲覧。
  7. (日本語) 【NBA】2010年代の選手TOP10, https://www.youtube.com/watch?v=wigkd3p2QR8 2020年6月29日閲覧。 

外部リンク[編集]


This article "ニコラス武" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ニコラス武.

  1. ニコラス武のゲーム部屋” (日本語). YouTube. 2020年6月28日閲覧。