スプリットシステム

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found スプリットシステムは、サッカーをはじめとするスポーツ競技で採用されている順位決定方式の一つで、総当たりのリーグ戦を戦った後、その時点での順位を元に上位チームのグループと下位チームのグループに分割し、それぞれのグループで再度総当たりリーグ戦を戦って順位を決定する方式である。

この方式を採用しているスコティッシュ・プレミアシップ[1]の例で示すと、12チームが3回総当たりでレギュラーシーズンを行った後、上位・下位それぞれ6クラブずつでさらに1回総当たりによる順位決定戦を行って、レギュラーシーズンからの通算勝ち点の合算で最終順位を決定し、上位グループの1位クラブがリーグ優勝となる方式をとっている。

なお、同様のシステムを取るベルギーにおいては、グループ分割後の順位決定のためのリーグ戦は、全チームが参加するプレーオフと解釈されており、上位リーグを「プレーオフ1」、下位リーグを「プレーオフ2」と称している。ウズベキスタンでも、全チーム総当たりを「レギュラーステージ」、リーグ分割後の順位決定のためのリーグ戦を「プレーオフステージ」と称している。

主な使用例[編集]

  • スコティッシュ・プレミアシップ
  • ベルギー・ファースト・ディビジョンA(但し、一部変則形式である)
  • ロシアサッカー・プレミアリーグ(2011-12シーズンで採用 2012-13シーズン以後「秋春制」に移行する準備のため)
  • プルヴァHNL(1995-96、1997-98、1998-99、2000-01、2003-04~2005-06シーズンで採用)
  • エクストラクラサ(ポーランド 2013-14シーズンから)
  • アンドラン・プリメーラ・ディビシオ(アンドラ)
  • ブルガリアAフットボールグループ
  • リーガ1(ルーマニア 2015-16シーズンから)
  • ウズベキスタン・スーパーリーグ
  • Kリーグクラシック
  • 日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ。2006、2014、2015)
  • ジャパンラグビートップリーグ(2013-14シーズンから2015-16シーズンまで 変則方式)
  • 九州地区大学野球連盟 福岡県・長崎県地区リーグ(2010年秋季から)

関連項目[編集]

  • ポストシーズン
  • 2シーズン制

出典[編集]


This article "スプリットシステム" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スプリットシステム.