スカンジナビア航空871便墜落事故

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

スカンジナビア航空 871便
Caravelle på Bromma.jpg
同型機のカラベル
事故の概要
日付 1960年1月19日
概要 CFIT
現場 トルコの旗 トルコ エセンボーア国際空港付近
乗客数 35
乗員数 7
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 42(全員)
生存者数 0
機種 シュド・カラベル
運用者 スウェーデンの旗 スカンジナビア航空
機体記号 OY-KRB
出発地 デンマークの旗 コペンハーゲン空港
第1経由地 西ドイツの旗 デュッセルドルフ空港
第2経由地 オーストリアの旗 ウィーン国際空港
第3経由地 トルコの旗 アタテュルク国際空港
最終経由地 トルコの旗 エセンボーア国際空港
目的地 エジプトの旗 カイロ国際空港
テンプレートを表示

スカンジナビア航空871便墜落事故(スカンジナビアこうくう871びんついらくじこ)は、1960年1月19日に発生した航空事故である。アタテュルク国際空港からエセンボーア国際空港へと向かっていたスカンジナビア航空871便(シュド・カラベル)がエセンボーア国際空港へのアプローチ中に墜落し、乗員乗客42人全員が死亡した。この事故はカラベル初の人身死亡事故であった[1]

事故の経緯[編集]

871便は9時44分(UTC)にコペンハーゲン空港を離陸した。ドイツのデュッセルドルフ空港とオーストリアのウィーン国際空港を経由した後、17時20分にアタテュルク国際空港に到着し、乗員が交替された。その後18時にアタテュルク国際空港を出発してエセンボーア国際空港へと向かった。この時点で乗客は35人、乗員は7人であった。同機が空港へのアプローチを開始するまでは問題なく飛行していた。18時41分、乗員は管制官に同機がFL135(約13,500フィート/4,115メートル)からFL120(約12,000フィート/3,658メートル)まで降下中であることを報告した。18時47分、871便はアンカラ山脈とエセンボーア国際空港の間の標高3,500フィート(1067m)の地点に激突した。この事故で乗員乗客42人全員が死亡した。

事故原因[編集]

エセンボーア国際空港への最終進入時に、乗員が意図せずに最低安全高度を下回って降下したことが原因であった。降下した理由については決定的な証拠がないため確認できなかった。

脚注[編集]

出典[編集]

  1. 事故詳細 - Aviation Safety Network


スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "スカンジナビア航空871便墜落事故" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:スカンジナビア航空871便墜落事故.