ヘザー・ヘイヤー(Heather Heyer)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

シャーロッツビル自動車攻撃(Charlottesville car attack)
場所 アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビル、ダウンタウン・モールの南半分
日付 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。 (UTC-4)
標的 ユナイト・ザ・ライト・ラリーへの抗議デモをしている群衆[1]
攻撃手段 乗り物体当たり攻撃(Vehicle-ramming attack)
武器 2010年ダッジ・チャレンジャー[2]
死亡者 1[3]
負傷者 35[3]
犯人 ジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(James Alex Fields, Jr.[3])
動機
テンプレートを表示
画像外部リンク
ライアン・ケリー(Ryan Kelly)が撮影した、攻撃のピューリッツァー賞受賞写真
The Daily Progress
en:file:2017 Charlottesville, Virginia car attack photograph.jpg

シャーロッツビル自動車攻撃(シャーロッツビルじどうしゃこうげき、Charlottesville car attack)は、[9]2017年8月12日にアメリカ合衆国・バージニア州シャーロッツビルで発生したテロ事件である。この事件では、ジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(James Alex Fields, Jr.)が、ユナイト・ザ・ライト・ラリー(Unite the Right rally)(→2017年のユナイト・ザ・ライト・ラリー)に抗議している群衆に対し意図的に車を突入させ、最終的に1人が死亡、35人が負傷した[3][10]。20歳のフィールズは、ラリー(集会)に出席するためにオハイオから運転していた[11]。フィールズは以前、ネオナチと白人至上主義者の信念を支持していた[6]。彼は州裁判所で、32歳のヘザー・ヘイヤーの第1級謀殺、悪意ある負傷の8つの訴因、そしてひき逃げの罪で有罪判決を受け、2019年7月に終身刑とさらに419年の刑を宣告された。[12]彼はまた、死刑を回避するために連邦ヘイト・クライム・チャージ30のうち29に有罪を認め、その結果、2019年6月に別途終身刑が言い渡された。

追悼式と徹夜が組織された。シャーロッツビル市長、公安長官、司法長官およびFBI長官は、この攻撃を国内テロ行為と断定した。

背景と攻撃[編集]

南軍の戦闘旗、ガズデン旗、そしてナチス旗を持つラリー参加者。2017年8月12日、バージニア州シャーロッツビルのイマンシエイション・パーク(Emancipation Park)付近にて撮影
<graph>

{

 //
 // ATTENTION: This code is maintained at https://www.mediawiki.org/wiki/Template:Graph:Street_map_with_marks
 //            Please do not modify it anywhere else, as it may get copied and override your changes.
 //            Suggestions can be made at https://www.mediawiki.org/wiki/Template_talk:Graph:Street_map_with_marks
 //
 // Template translation is in https://commons.wikimedia.org/wiki/Data:Original/Template:Graphs.tab
 //
 "version": 2, "width":400, "height": 350, "padding": 0,
 "signals":[
   // These signals allow us to quickly move the map within the image, e.g. to leave space for the legend

{"name":"legendWidth", "init": {"expr": "0"} },

   {"name":"legendHeight", "init": {"expr": "height"} },
   {"name":"imgWidth", "init": {"expr": "width-legendWidth"} },
   {"name":"imgHeight", "init": {"expr": "height"} },
   {"name":"imgXC", "init": {"expr": "imgWidth/2"} },
   {"name":"imgYC", "init": {"expr": "imgHeight/2"} },
   {"name":"imgTileSize", "init": {"expr": "256"} },
   {"name":"imgLat", "init": {"expr": ""} },
   {"name":"imgLon", "init": {"expr": "Lua エラー: bad argument #1 to 'len' (string expected, got nil)"} },
   {"name":"imgZoom", "init": {"expr": "17"} },
   {"name":"picWidth", "init": {"expr": "180"} },
   {"name":"picHeight", "init": {"expr": "picWidth/2"} },
   {"name":"picXC", "init": {"expr": "imgWidth-(picWidth/2)"} },
   {"name":"picYC", "init": {"expr": "imgHeight-(picHeight/2)"} },
   {"name":"showMiniMap", "init": {"expr": "0"} },
 ],
 "data": [
   {
     "name": "data",

// Otherwise use the first unnamed argument for source values

     "values": [  { "lat": , 
    "lon": Lua エラー: bad argument #1 to 'len' (string expected, got nil), 
    "img": "wikirawupload:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/10/Mapscaleline.svg/120px-Mapscaleline.svg.png", 
    "width": 50, 
    "height": 8, 
    "offsetX": 134, 
    "offsetY": 165, 
    "textAlign": "right", 
    "textDx": 22, 
    "textDy": -2, 
    "textColor": "grey", 
    "textFont": "Tahoma", 
    "textFontSize": 9, 
    "text":  "構文エラー: 予期しない演算子 < です。" }


, { "lat": 0.1, "lon": 0.1, "img": "wikirawupload:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/0c/Red_pog.svg/10px-Red_pog.svg.png", "height": 10, "width": 10, "text": "", "textAngle": 0, "textAlign": "right", "textBaseline": "middle", "textDx": -7, "textDy": 1, "textFontSize": 12, "textColor": "#AA1205"


}































     ],
     "transform": [
       {
         "type": "geo",
         "projection": "mercator",
         "scale": {"expr": "imgTileSize/PI/2*pow(2,imgZoom)"},
         "translate": [{"expr": "imgXC"}, {"expr": "imgYC"}],
         "center": [{"expr": "imgLon"}, {"expr": "imgLat"}],
         "lon": "lon", "lat": "lat"
       },
       { "type": "formula", "field":"layout_x", "expr": "datum.layout_x + (datum.offsetX || 0)" },
       { "type": "formula", "field":"layout_y", "expr": "datum.layout_y + (datum.offsetY || 0)" },
       { "type": "formula", "field":"color", "expr": "datum.color || '#c33'" },
       { "type": "formula", "field":"textColor", "expr": "datum.textColor || datum.color" },
       { "type": "formula", "field":"strokeColor", "expr": "datum.strokeColor || '#ffe7e6'" }
     ]
   },
   {
     // Hack: single value data source for drawing/hiding images and other non-series elements
     "name": "dummyData",
     "values": [{}]
   }
 ],

// Legend only works if showLegend and colorScaleField are set

 "marks": [
   {
     "type": "image",
     "from": {
       "data": "dummyData",
       "transform": [
         { "type": "formula", "field":"url", "expr": "'mapsnapshot:///?width='+imgWidth+'&height='+imgHeight+'&zoom='+imgZoom+'&lat='+imgLat+'&lon='+imgLon" }
       ]
     },
     "properties": {
       "enter": {
         "url": {"field": "url"},
         "xc": {"signal": "imgXC"}, "yc": {"signal": "imgYC"},
         "width": {"signal": "imgWidth"}, "height": {"signal": "imgHeight"}
       }
     }
   },
   {
     // Places an image of a given name and size at the [lan,lon] location
     "type": "image",
     "from": {
       "data": "data",
       "transform": [
         { "type": "filter", "test": "datum.img" },
         { "type": "formula", "field":"iconWidth", "expr": "datum.width || 0" },
         { "type": "formula", "field":"iconHeight", "expr": "datum.height || 0" },
         { "type": "formula", "field":"img",
           "expr": "if(!test(/^[a-z]+:\\/\\//, datum.img), 'wikifile:///'+datum.img, datum.img)" },
         // Ensure that either width or height parameter is passed to wikifile:// request
         { "type": "formula", "field":"img",
           "expr": "if((datum.iconWidth || datum.iconHeight) && !test(/[?&](width|height)=\\d/, datum.img),if(datum.iconWidth,datum.img+'?width='+datum.iconWidth,datum.img+'?height='+datum.iconHeight), datum.img)" },
     ]},
     "properties": {
       "enter": {
         "url": {"field": "img"},
         "xc": {"field": "layout_x"}, "yc": {"field": "layout_y"},
         "width": {"field": "iconWidth"}, "height": {"field": "iconHeight"}
       }
     }
   },
   {
     // Draw marks of a given color, shape, and size at the [lan,lon] location
     "type": "symbol",
     "from": {
       "data": "data",
       "transform": [{ "type": "filter", "test": "!datum.img" }]
     },
     "properties": {
       "enter": {
         "x": {"field": "layout_x"},
         "y": {"field": "layout_y"},
         // If colorScaleField is set, use color scaling, otherwise use the preset color value
         "fill": { "field": "color" },
         "size": {"field": "size"},
         "shape": {"field": "shape"},
         "stroke": {"field": "strokeColor"}
       }
     }
   },
   {
     // Draw text with the given color and size at the [lan,lon] location
     // See https://github.com/vega/vega/wiki/Marks#text for all parameter description (prepend "text" and capitalize them)
     "type": "text",
     "from": {
       "data": "data",
       "transform": [
         { "type": "filter", "test": "datum.text" },
         // Figure out if this is an LTR or RTL page. For LTR, show label to the right of the icon, left-aligned. For RTL, reverse.
         { "type": "formula", "field":"isLTR", "expr": "'‎' == '\\u200E'" },
         // If these values are not defined ("undefined" is not allowed, so test for truthiness and not 0)
         { "type": "formula", "field":"textDx", "expr": "if(!datum.textDx && datum.textDx != 0, if(datum.isLTR,8,-8), datum.textDx)" },
         { "type": "formula", "field":"textAlign", "expr": "if(!datum.textAlign, if(datum.isLTR,'left','right'), datum.textAlign)" },
         { "type": "formula", "field":"textBaseline", "expr": "datum.textBaseline || 'middle'" }
     ]},
     "properties": {
       "enter": {
         "text": {"field": "text"},
         "x": {"field": "layout_x" },
         "y": {"field": "layout_y"},
         "dx": {"field": "textDx" },
         "dy": {"field": "textDy"},
         "fill": {"field": "textColor"},
         "align": {"field": "textAlign"},
         "baseline": {"field": "textBaseline"},
         "radius": {"field": "textRadius"},
         "theta": {"field": "textTheta"},
         "angle": {"field": "textAngle"},
         "font": {"field": "textFont"},
         "fontSize": {"field": "textFontSize"},
         "fontWeight": {"field": "textFontWeight"},
         "fontStyle": {"field": "textFontStyle"}
       }
     }
   },
   {
     // Draw a low-zoom locator map frame
     "type": "rect",
     "from": {
       "data": "dummyData",
       "transform": [
         { "type": "filter", "test": "showMiniMap" }
       ]
     },
     "properties": {
       "enter": {
         "xc": {"signal": "picXC"}, "yc": {"signal": "picYC"},
         "width": {"signal": "picWidth", "offset":2}, "height": {"signal": "picHeight"},
         "stroke": {"value":"#fff"},"strokeWidth": {"value":6},
       }
     }
   },
   {
     // Draw a low-zoom locator map by using a premade world map image
     "type": "image",
     "from": {
       "data": "dummyData",
       "transform": [
         { "type": "filter", "test": "showMiniMap" },
         { "type": "formula", "field":"url", "expr": "1" }
       ]
     },
     "properties": {
       "enter": {
         "url": {"value": "wikirawupload:"},
         "xc": {"signal": "picXC"}, "yc": {"signal": "picYC"},
         "width": {"signal": "picWidth"}, "height": {"signal": "picHeight"}
       }
     }
   },
   {
     // Draw a zoom-out mark at the [lan,lon] location
     "type": "symbol",
     "from": {
       "data": "dummyData",
       "transform": [
         { "type": "filter", "test": "showMiniMap" },
         { "type": "formula", "field":"lat", "expr": "imgLat" },
         { "type": "formula", "field":"lon", "expr": "imgLon" },
         {
           "type": "geo",
           "projection": "equirectangular",
           "scale": {"expr": "180/2/PI"},
           "translate": [{"expr": "picXC"}, {"expr": "picYC"}],
           "center": [{"expr": "0"}, {"expr": "0"}],
           "lon": "lon", "lat": "lat"
         }
       ]
     },
     "properties": {
       "enter": {
         "x": {"field": "layout_x"}, "y": {"field": "layout_y"},
         "fill": {"value": "#c33"},
         "stroke": {"value": "#ffe7e6"},
         "size": {"value": 40}
       }
     }
   }
 ]

} </graph>

<maplink> 問題:

  • 次のJSONをパースできません: 構文エラー
  • 属性 'latitude' は無効な値です
  • 属性 'longitude' は無効な値です

2017年のユナイト・ザ・ライト・ラリーは、2017年8月11日から12日までバージニア州シャーロッツビルで開催された白人至上主義者ラリーであった[13][14]。ラリーの主催者ジェイソン・ケスラー(Jason Kessler)は、シャーロッツビルのイマンシエイション・パーク(Emancipation Park)の南軍ロバート・E・リーの彫像の撤去提案に何ヶ月も抗議していた[13]

8月のラリーの前に、2017年7月8日にシャーロッツビルでKu Klux Klanラリーが開催された[15]。そのため、多くの関係する地元住民は、翌月の白人至上主義者のラリーに反対する活動家の抗議者と同盟を結ぶようになった[15]

さまざまな信念と戦術の個人とグループが、ラリーに反対するデモに参加した。多くのカウンター抗議者が暴力の潜在的な脅威にもかかわらず、判明した。抗議者らと一部の過激なカウンター抗議者は互いに攻撃しあった[15]。警察の報告によると、2017年8月12日に、「4th Street NEとMarket Streetの交差点に配置されていた学校のリソースオフィサーが再配置された」("A school resource officer stationed at the intersection of 4th Street NE and Market Street was reassigned")。それは「暴力的な小競り合い」('violent skirmishes')が勃発し彼女が安全でないと感じた後、援助を求めて無線した後であった。しかしながら、彼女は警察の立ち会いなしに交差点を離れて交代しなかった。報告によると、「未知の人物ら」("unknown persons")が、ダウンタウン・モールからウォーター・ストリートに向かって、交通が4番街を下るのを阻止するために設置されたのこぎりのバリケードを追い出した。彼らは、フォース・ストリート・サウスイーストをマーケット・ストリートに向かって歩くカウンター抗議者の大規模なグループによって妨げられた[16][17][10][18]。それの後ろのホンダ・オデッセイとトヨタ・カムリは、フォース・ストリート・サウスイースト交差点を運転していた。2010年ダッジ・チャレンジャーは、フォース・ストリート・サウスイースト・モール交差点をドライブし、ダウンタウン・モールでトヨタの後ろで少しの間アイドル状態になった[4][17][10]。それはその後、後退して1ブロック以上移動した後、急速に加速した[10]

ブレナン・ギルモア(Brennan Gilmore)が撮影した事件発生の瞬間をとらえた動画

2017年8月12日午後1時45分ごろ、フィールズの運転するダッジチャレンジャーが高速でカウンター抗議者の群衆に突入・衝突した[19][2][4][17][20]。その速度は事件後に警察が行った衝突再現実験によると23–28マイル毎時 (37–45km/h)の間と推定されている[21]。その車は歩行者らに音を立てて突っ込み、通りに停車している白いセダンに当たり[22][4]、セダンを17.1マイル毎時 (27.5 km/h)に加速した[23]。伝えられるところによると、この衝撃により、人々は、フォース・ストリートとウォーター・ストリートとの交差点近くの別の車の上を「宙を飛んでいる」("flying through the air")ようになった[4]。衝突した車両は、前方のあずき色のミニバンにも衝突し、「その車両をより多くの歩行者の中に送った」("sending that vehicle into more pedestrians")[4]。最初の衝突から数秒後に、フィールズは逆走し、より多くの人々を襲い、彼の車のフロント・バンパーが道路をこすった[4][17]。攻撃を回避した歩行者らは、フォース・ストリート沿いにフィールズを追いかけた[4]

フィールズは高速度で数ブロック、バックアップした後、左折し、マーケット・ストリート(Market Street)を減速した[17][24]。約3時間後に墜落したヴァージニア州警察ベル407ヘリコプターは、その車を追跡し、そのルートを地上ユニットに中継していた[17][10]。副官は、攻撃から約1マイル (1.6 km)のところ、モンティセロ・アベニュー(Monticello Avenue)でフィールズを止め逮捕した[17][25]。副官はバックアップが到着するのを待ったし、刑事  スティーブン・ヤング(Steven Young)は警察から来た。ヤングによれば、フィールズは謝罪し続け、誰かが怪我をしたかどうか尋ねた。ヤングが、人が死んだ、と彼に言ったとき、フィールズはショックを受けたように見え、泣き始めた[17][10][26]。 Young said that the Dodge had holes in the rear window[25][27] ヤングは言った、ダッジにはリアウィンドウに穴が開いている[25][27]、フロントエンドに大きなダメージがある。ヤングは、車には血と肉が「飛び散っていた」("splattered")、と言った。車のトランクのスポイラーに青いサングラスが刺さっていた[17]

直接の被害[編集]

32歳の女性ヘザー・ヘイヤーはこの攻撃で致命傷を負い、バージニア大学医療センターに搬送されたが死亡した[24][28]。バージニア大学医療センターで患者20人が搬送されうち1人が死亡したため、当初は19人の負傷者が報告された[10][24]。晩に、5人が重傷を負っていたし、14人が軽傷の治療を受けていた[22]。翌日、9人が退院していたし、10人が良好な状態で入院していた[29][30]。2017年12月の予備審問での証言で、合わせて35人が負傷したことが明らかにされた[10]

自動車攻撃の翌日に、ユナイト・ザ・ライト・ラリーの主催者ジェイソン・ケスラーは、シャーロッツビル市庁舎の近くで記者会見を開いた。カウンター抗議者の群衆約100人が、「謀殺犯」("murderer")と悲鳴をあげながら彼をどなりつけて黙らせた[22]。2018年2月に、3人が記者会見でケスラーに襲撃罪で有罪判決を受けたし、ケスラーに唾を吐いた罪でチャージされた1人に対するケースは、検察の要請により2019年2月まで続けられた[31]

実行犯[編集]

ジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(James Alex Fields Jr.)
Born (1997-04-26) 1997年4月26日(25歳) in アメリカ合衆国ケンタッキー州ケントン(Kenton)
💼 Occupation
警備員


ジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(1997年4月26日生まれ)<refname = "Balmert"/>がその車の運転手であった。

フィールズの父親は、彼が生まれる5か月前の、1996年12月5日に自動車事故で死亡していた[5][7]。フィールズはケンタッキー州ケントンで生まれ[1]、ケンタッキー州フローレンスで、対麻痺患者の母親サマンサ・ブルーム(Samantha Bloom)と一緒に育った。ブルームの両親は、1984年8月21日に彼女が16歳であったときに、謀殺-自殺で死亡した。そのときブルームの父親、42歳の自営業の請負業者マーヴィン(Marvin)は、37歳の元妻ジュディ(Judy)と自身を殺した。彼らはフローレンス南西部に10年間住んだ後、2016年後半に仕事のためにオハイオ州ルーカス郡モンクラバ・タウンシップ(Monclova Township)に引っ越した[4][7][32][33][34]

フィールズの高校の歴史の教師デレク・ワイマー(Derek Weimer)によれば、フィールズは統合失調症と診断された後、抗精神病薬をアンガー・マネージメント薬として処方された[32][6]。フィールズは裁判官に、自分は双極性障害、不安神経症、うつ病、および注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療を受けている、と語った[35]

フィールズはシャーロッツビルで逮捕されるまで約2年間オハイオ州で警備員として働いていた。彼は1時間あたりUS$10.50を稼いだし、収入は2週間ごとに650ドルであった[36][32]。フィールズの母親は『Toledo Blade』に「彼は最近自分で引っ越していた」("recently moved out on his own")、と語った[34]。知人らによると、フィールズはビデオ・ゲームをしたり、地元の食料品店で働いたりして「時間を埋めた」("filled his time")[5]

伝記[編集]

フィールズは何度も母親を暴力で脅した。2010年11月に、彼女は息子を恐れてバスルームに閉じ込もった。フィールズの母親は警察に、自分が彼にビデオ・ゲームをやめるように言った後、彼は彼女を殴るぞと脅し、電話を取り、頭部を打ち、両手を口に当てた、と報告した[7][32]。2011年2月に、フィールズの母親は午前5時20分に警察に、彼が帰宅していない、と通報した。彼女は、彼がTシャツとショーツ(shorts)を着ていた、と言った。2時間後に、彼女は警察に、フィールズは「家にいて、行動していた無気力」("was home and acting lethargic")と警察に報告した。彼は「警察がコンドに来たら」("if police came to the condo")家出するぞと脅した[7]。2011年10月に、フィールズは12インチ (30 cm)のナイフで彼女を脅迫した。彼女は翌日警察に電話し、息子が自分に対して「非常に脅迫的」("very threatening")である、自分は車椅子に乗っているので、怖くて状況をコントロールできないと感じる、と言った。2011年11月に、フィールズは母親の顔に唾を吐き、彼女を脅迫したし、或る女性は、フィールズの母親が評価のために彼を病院に連れて行くのを警察が手伝うよう要求した。通話のログには、「かあちゃんは彼がここで凶暴になるのを怖れている」("Mom is scared he is going to become violent here.")と書かれている[7][32]。フィールズはその後、逮捕され、少年院にとどめ置かれた[32]

フィールズはハイ・スクールの12年生(シニア)だったとき、入隊を申請し、フィールズの歴史教師でオハイオ州警備隊の元将校(a former Ohio National Guard officer)であるデレク・ワイマーは、軍が「フィールズをさまざまな人種や背景の人々にさらし、彼の白人至上主義者の見解を払拭するのを助けるだろう」("would expose Fields to people of different races and backgrounds and help him dispel his white supremacist views")と信じていたために、彼を助けた。フィールズは最終的に拒否されたし、ワイマーはこれを「大打撃」("big blow")と呼んだ[6]

2015年にフィールズはランドール・K・クーパー・ハイ・スクール(Randall K. Cooper High School)を卒業した[7]

フィールズは2015年8月18日に陸軍に入り、同年12月11日に「訓練基準を満たしていないために」("due to a failure to meet training standards")現役勤務から免除された[6][33]。陸軍のスポークスウーマンである中佐ジェニファー・ジョンソン(Jennifer Johnson)は、フィールズは「軍の職業技能を授与されたことはなく、また基本的な訓練以外の部隊に配属されたこともなかった」("was never awarded a military occupational skill nor was he assigned to a unit outside of basic training")、と言った[5]。ワイマーはフィールズの卒業後、彼とのコンタクトを失い、フィールズがなんとか軍に入隊したと聞いたとき「びっくりした」("surprised")[6]

フィールズは、2015年6月にケンタッキー州フローレンスの自動車販売店から、攻撃に使用された最初の車2010年ダッジチャレンジャーを購入した[5][24][33]。その車はオハイオ州で最後に登録されており、フィールズは2015年7月にオハイオ州モーミー(Maumee)でタイトルをアップデートした。『The Cincinnati Enquirer』が報じたところによれば、地方裁判所の記録によると、彼は2017年5月にモーミー警察によって期限切れまたは違法なナンバープレートで摘発された[24]

イデオロギー[編集]

フィールズの或る元学友は、フィールズは早くもミドル・スクールで、卍を描き、「ヒトラーを愛する」("loving Hitler")ことについて話したものであった、と言った[7]。フィールズのハイ・スクールの歴史の教師は、フィールズは「アドルフ・ヒトラーと白人至上主義に深く関わっていた」("deeply into Adolf Hitler and white supremacy")、と言った[4][6]。その教師デレク・ワイマーは、伝えられるところによると、ランドール・K・クーパー・ハイ・スクールの3クラスでフィールズを教え、「授業後や自由時間に彼と定期的に交流していた」("had regular interaction with him after classes and during free time")[4][6]。彼は『The Cincinnati Enquirer』に、「きっともしジェームズに訊いたら、彼はわたしが彼のお気に入りか彼のお気に入りの教師の1人だったと言うでしょう」("I'm sure if you would ask James he would say I was his favorite or one of his favorite teachers.")と語った。ワイマーは、フィールズは「非常に明るい子供でしたが、非常に誤った指導を受け、幻滅させられた」("a very bright kid but very misguided and disillusioned.")、と言った[6]。ワイマーは言った、「ひとたびジェームズとしばらく話せば、ナチズムへの同情、ヒトラーの偶像化、白人至上主義への信念が見え始めるでしょう。それは忍び寄り始めるだろう」("Once you talked to James for a while, you would start to see that sympathy towards Nazism, that idolization of Hitler, that belief in white supremacy.It would start to creep out")、と語った[8]。ワイマーは、自分はフィールズをそれらの利益から遠ざけるために最善を尽くし、そうすることに成功したと思っていた、と言った[4]。彼は言った、自分は攻撃のために教師として失敗したように感じた、しかし、「これは、間違いなく教えられる瞬間であり、われわれが警戒する必要がある何かです。なぜなら、このようなものがわれわれの国を破壊しているから。」("this is definitely a teachable moment and something we need to be vigilant about, because this stuff is tearing up our country")[22][4][6]ワイマーは、別の教師は、フィールズが新入生の年に何か「ネオナチ運動の党路線にぴったり沿った」("very much along the party lines of the neo-Nazi movement.")ものを書いたためにレポートを提出した、と言った[6]。彼は、フィールズの母親に通知することは「標準的な手順だったでしょう」("would have been standard procedure")、学校管理者らは「両親を常に把握しておくことに非常に優れていた」("were very good about keeping parents in the loop")、と言った[6]

ワイマーによれば、フィールズは「しばらく学校を辞め」("left school for a while")、戻ったとき、2016年大統領選挙の候補者らが宣言された彼の4年生まで、政治についてもっと静かになった。ワイマーは、フィールズが、彼がドナルド・トランプの人種的見解だと認識したもののために彼を支持した、と言った。ワイマーによれば、フィールズはトランプのメキシコ国境提案を支持した。ワイマーは、フィールズは軍隊のためにアメリカ連合国を「賞賛」("admired")したけれども、彼らは「奴隷制については決して話さなかった」("never spoke about slavery")、と言った[6]。ワイマーは、「南軍旗が常に存在することは進行中の問題であった」("the constant presence of the Confederate flag was an ongoing issue")、アフリカ系アメリカ人のチアリーダーが「大きな南軍の旗竿のあるピックアップ・トラックで運ばれるパレードに乗らなければならなくて非常に不快だった」("very uncomfortable having to ride in a parade being carried by a pickup truck with a large Confederate flag sticker")、と言った[6]。伝えられるところによると、フィールズは学生らに「気力を奪われ」("unnerved")て「危険」("unsafe")だと感じさせたし、ある女性は『The New York Times』に、「ヒトラーであろうと人種的中傷であろうと、多くの場合、彼は猥褻な言葉を叫ぶことがありました。」("On many occasions there were times he would scream obscenities, whether it be about Hitler or racial slurs")、と語った。2015年にヨーロッパへのクラス旅行のフィールズのルームメイトはAP通信に、フィールズはドイツを訪問するためだけに旅行に行った、そこを父国(Fatherland)と呼んだ、と言った。フィールズがフランス人について「われわれより低く、われわれより劣っている」("being lower than us and inferior to us.")と話した後、彼はフィールズといっしょに部屋にいることを処理できなかった[37]。フィールズは2016年3月15日にオハイオ共和党予備選挙に投票した[5]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

多くの男の子がドイツ人とナチスに興味を持っている、なぜなら彼らは第二次世界大戦に興味があるから。しかし、ジェームズはそれを別のレベルに引き上げた。彼はすべてを研究し、自分のすべての点について知的議論をした、これはあまり見かけないものである。(A lot of boys get interested in the Germans and Nazis because they're interested in World War II. But James took it to another level. He researched everything and had an intellectual argument for all his points, which is something you just don't see that often.)
Derek Weimer、『The Cincinnati Enquirer[6]

フィールズの母親は、彼はペットの猫を飼っている、集会中に自分がその面倒を見ている、と言った。彼女は息子が白人至上主義者集会に出席していることを知らなかった。そうではなく彼女は彼がドナルド・トランプ関連の集会に出席していると思った[4]。彼女は彼に、「注意するように、そして彼らが集会するつもりなら彼が平和的にそれをしていることを確かめるように」("to be careful, and if they're going to rally to make sure he's doing it peacefully")命じた[24]。彼女は、自分は、「息子の見解が白人至上主義者の集会に出席するほどライト(right)であるならば、驚くだろう」、彼にはアフリカ系アメリカ人の友人がいる、と言った[4][6]。彼女は『Toledo Blade』に、自分は息子と彼の政治的見解について話していなかった、と語った[4]。フィールズのFacebookページは、ミームと極右に関連するシンボルを含んでいた[5]。攻撃の朝に、ユナイト・ザ・ライトのラリーで、フィールズはヴァンガード・アメリカ(Vanguard America)の盾を振るっているのが見られた。ネオナチ組織ヴァンガード・アメリカは、フィールズとは関係がない、と述べた[4][25]

犠牲者ら[編集]

ヘザー・ヘイヤー(Heather Heyer)
Born (1985-05-29) 1985年5月29日[38] in アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビル[38]
💀Died アメリカ合衆国バージニア州シャーロッツビル 2017年8月12日(2017-08-12)(32歳)
🏳️ Nationality アメリカ合衆国
💼 Occupation
バーテンダー、ウエートレス、および弁護士助手(paralegal)[28]

警告: DISPLAYTITLE「ヘザー・ヘイヤー(Heather Heyer)」が、その前に書かれているDISPLAYTITLE「ジェームズ・アレックス・フィールズ・ジュニア(James Alex Fields Jr.)」を上書きしています。

ヘザー・ダニエル・ヘイヤーHeather Danielle Heyer[30]、1985年5月29日 - 2017年8月12日)は、この攻撃で死亡した唯一の人物であった[39]

ヘイヤーはバージニア州ラッカーズビル(Ruckersville)で育ち、バージニア州スタナーズビル(Stanardsville)のウィリアム・モンロー・ハイ・スクール(William Monroe High School)を卒業した[38]。彼女は弁護士助手、バーテンダー、およびウェイトレスとして働いた[28]。彼女は、シャーロッツビルのMiller Law Groupの破産部門のマネージャーアルフレッド・A・ウィルソン(Alfred A.Wilson)からアプローチを受けた[28]。ヘイヤーには法律のバックグラウンドがなかった。ウィルソンは或る友人の勧めで彼女を雇い、彼女は「細部に目を向けている」("had an eye for detail")「社交的な人」("a people person")だ、と言った[28]。彼は彼女に、「もしあなたが人々にあなたに門戸を開かせられれば、それがわたしに必要なことです。あなたが知る必要のある法律についてのすべてを教えましょう」("If you can get people to open up to you, that's what I need. I'll teach you everything about the law you need to know.")と彼女に言ったと伝えられている[28]。彼女は法律事務所で働いている間、ウェイトレスとしての仕事を続けた[28]。ウィルソンは、ヘイヤーはMiller Law Groupでの最初の2年間、休暇を取らなかった、と言った[28]。ボーイフレンドがウィルソンについて人種差別的なコメントをした後、彼女は彼と別れた。ウィルソンは黒人である[28]

ヘイヤーはペット犬以外は一人暮らしであった[28][30]。彼女の友人らは、彼女を「世界の不正義によってしばしば涙を流させられた公民権剥奪者の情熱的な擁護者」("as a passionate advocate for the disenfranchised who was often moved to tears by the world's injustices")と表現し、彼女は「不平等に反対したし、コミュニティで積極的に活動するよう同僚らを促した」("spoke out against inequality and urged co-workers to be active in their community")、と述べた[28]。彼女の母親スーザン・ブロ(Susan Bro)によれば、ヘイヤーは反対意見の人々になぜ彼らが彼らの信念に達したのか尋ねたものであった[30]。ブロは、彼らは両者ともにブラック・ライヴズ・マターを支持していると言ったし、ブロは、ブラック・ライヴズ・マターは平等な扱いのために戦う、と言った[30]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

もしあなたが憤慨していないならば、あなたは注意を払っていないのだ。(If you're not outraged, you're not paying attention.)
Heather Heyer、her last post published on Facebook[25]

ヘイヤーと彼女の長年の或る友人は、それが危険すぎるだろうと思ったため集会に抗議しないことに同意していたが、抗議の前夜に彼女は行かざるを得ないと感じた[30]

法的手続き[編集]

連邦捜査と裁判[編集]

攻撃の捜査が開始されたとき、或る司法省当局者は、連邦ヘイト・クライムのチャージがこの事件に適用される可能性がある、と言った[29]

8月12日に、司法省(DOJ)は、司法省公民権局、連邦捜査局(FBI)、およびバージニア西部地区連邦地方裁判所の弁護士によって実施される事件に関する共同公民権調査を発表した[4][40]。ナショナル・パブリック・ラジオのキャリー・ジョンソン(Carrie Johnson)は、捜査官らが、フィールズが暴力を振るう意図で州境界線を越えたかどうかを知りたがっていた、と報告した[4]。司法省当局者は、彼らは「他の人々が攻撃の計画に関与した可能性があるかどうかを調査する」("investigate whether others may have been involved in planning the attack.")だろう、と言った[29]。大統領バラク・オバマの国土安全保障顧問リサ・モナコ(Lisa Monaco)は、攻撃が国内テロとして捜査されるかどうかという問題を提起した[41]。司法長官ジェフ・セッションズ(Jeff Sessions)は8月14日の『Good Morning America』で、この攻撃は国内テロの定義を満たしている、と言った[32][41]。司法長官ジェフ・セッションズは、公民権部門のFBI捜査官らとFBIテロ捜査官らがこの事件に取り組んでいる、と言った[7]。FBI長官クリストファー・A・レイ(Christopher A. Wray)は、この攻撃は国内テロの定義を満たしている、と言った[8]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

われわれがチャージし、もたらし得る最も深刻な請求に向けて捜査を進めると思ってよい、なぜならこれは明らかに容認できない邪悪な攻撃だから。(You can be sure we will charge and advance the investigation towards the most serious charges that can be brought because this is unequivocally an unacceptable, evil attack.)
Attorney General Jeff Sessions、『Good Morning America』(2017)[7]

2018年6月27日に、DOJの広報局の報告によると、バージニア州西部地区連邦地方裁判所連邦大陪審は、複数連邦ヘイトクライムによる2つのヘイトクライム法に基づいてフィールズを起訴した[42][36][43]

  • ヘザー・ヘイヤーの死に結果するヘイトクライム行為の1訴因(18 U.S.C. § 249)
  • 身体的傷害を引き起こし、殺害未遂を伴うヘイトクライム行為の28訴因(18 U.S.C. § 249)
  • 連邦政府によって保護された活動に対する人種的動機による暴力的干渉の1訴因(18U.S.C.§245(b)(2))――その結果バージニア州シャーロッツビルのダウンタウンの通りで抗議者の群衆の中に車を運転したために、ヘザー・ヘイヤーの死亡をもたらした[42]

司法長官ジェフ・セッションズは起訴状について次のように述べた、「シャーロッツビルでの昨年夏の暴力は、有望な若い人生を短くし、国に衝撃を与えた。今日の起訴状は、われわれの国の基本原則を脅かす憎悪の暴力犯罪を積極的に訴追するという明確なメッセージをアメリカのすべての犯罪者に送るべきである。」("Last summer's violence in Charlottesville cut short a promising young life and shocked the nation.Today's indictment should send a clear message to every would-be criminal in America that we aggressively prosecute violent crimes of hate that threaten the core principles of our nation.")バージニア州西地区弁護士トマス・T・カレン(Thomas T. Cullen)は、起訴状を「フィールズ氏が少数派に危害を加えることに関心を示したソーシャル・メディア・アカウントの検索を含む10か月間の捜査の集大成」("the culmination of a 10-month investigation that involved searching the social media accounts where Mr. Fields showed an interest in harming minorities.")と呼んだ。FBIのリッチモンド部門の特別捜査官アダム・S・リー(Adam S. Lee)は、「ヘイヤーは戦いを求めてイベントに行かなかった。彼女は自分の大義に自分の声を貸そうとしていた。脅迫のない、暴力の脅威のない平和的な抗議は、すべてのアメリカ人の生得権である。」("Heyer did not go to the event looking for a fight.She was looking to lend her voice to her cause. Peaceful protest without intimidation, without the threat of violence is every American's birthright.")[36]

2018年7月5日に、フィールズは、連邦ヘイト・クライム・チャージの30の訴因すべてに対して無罪を主張した[44]。2019年3月27日に、フィールズは罪状認否を変更した。当初はすべての容疑で無罪を主張していて、これは、30件のヘイトクライム容疑のうち29件で有罪に変更された。死刑の選択肢が、変更の結果として潜在的な判決から削除されたために、この司法取引は、死刑の可能性を回避するために行われた、と推測された[45][46][47]。ヘイトクライムの有罪判決により、フィールズは2019年6月28日に終身刑を宣告された[48]

州捜査と裁判[編集]

フィールズは当初、第2級謀殺の1つの訴因、悪意ある負傷の3つの訴因、およびひき逃げの1つの訴因で起訴された[4]。フィールズは8月14日に刑務所からビデオ経由で出廷し、保釈を拒否された[7]。フィールズは、自分には弁護士を雇う余裕がない、と言った。利益相反のために公選弁護人を任命することができなかったために、裁判官によって私立弁護士が任命された[8][32]。8月17日までに、彼はDenise Y.Lunsfordによって代表され[49]、これはチャールズ・L・ウェーバー(Charles L. Weber)の後任であった[50]。フィールズの次の公聴会は8月25日に設定された[7]

8月19日に、フィールズはさらに悪意ある負傷の2つの訴因と、激化された悪意ある負傷の3つの訴因で起訴された[51]。シャーロッツビル警察副署長スティーブ・アップマン(Steve Upman)はリリースで言った、「これらの容疑に関連した犠牲者らは重傷を負い、場合によっては永続的な身体障害を負った。」("The victims related to these charges suffered serious injuries and in some cases permanent physical disabilities.")捜査はシャーロッツビル警察、FBI、および司法省の下で行われた[51]。FBIが攻撃の数分前にフィールズの近くにいた個人を特定しようとしていたということ、そして市警察が、フォース・ストリート・サウスイーストは「当時は開いていたはず」("supposed to be open at that time")ではなかった、彼らは「通りがどのように開かれたのか、そしてなぜ車両がそこに向けられたのかまだ捜査している」("still investigating how the street was opened and why vehicles were directed toward it")、といくたびも述べた、ということが8月19日にも報告された[52]

2017年12月の予備審問で、州地方裁判所のロバート・H・ダウナー・ジュニア裁判官(State District Court Judge Robert H. Downer Jr.)は、大陪審に対する10件すべてのチャージを認定した。認定されたチャージは、第1級殺人訴因1つ、悪意ある負傷の訴因3つ、悪化した悪意ある負傷の3つの訴因が3件、凶暴な暴行の訴因2つ、そしてひき逃げの訴因1つであった。調査ヘリコプターのビデオ映像とモール交差点近くのレストランからの監視ビデオ映像が見せられた。伝えられるところによると、レストランからの監視ビデオ映像は、ダッジ・チャレンジャーがフォース・ストリート・サウスイーストを南に向かっている「一連の乗り物」("a string of vehicles")を速度を上げて通り過ぎていることを示した[25]

2018年1月3日に、フィールズは迅速な裁判の権利を放棄しており、彼の裁判は2018年11月26日に開始し、3週間続く予定であった[36][53][35]。12月7日に、フィールズは第1級謀殺、ひき逃げ、および悪意ある負傷の8つの訴因で有罪となった[54]。12月11日に、陪審は、ヘザー・ヘイヤー殺害のために終身刑を、その他の犯罪については悪意ある負傷5件の各請求で70年、悪意ある負傷3件の各請求で20年、事故現場を離れた1件の請求で9年と、計419年の刑の追加を勧告した[55]。2019年6月15日、フィールズはヘイヤー殺害の罪で2度目の終身刑と419年の刑の追加を宣告された[56]

反応[編集]

追悼式[編集]

8月16日に、攻撃場所から2ブロック離れたパラマウント・シアターで追悼式が行われた。1000人超の人々が式に参加し、彼らの多くはサッシュとリボンを身に着けていた。出席したのは知事テリー・マコーリフ(Terry McAuliffe)(D-VA)、上院議員ティム・ケイン(Tim Kaine)(D-VA)、副知事ラルフ・ノーサム(Ralph Northam)(D-VA)そして 元大統領顧問エド・ギレスピー(Ed Gillespie)(R-VA)であった[57]

ヘイヤーの母親スーザン・ブロは、「もし生きていればヘザーがするように」("as Heather would do.")戦うよう人々に呼びかける演説を行なった[57]。ブロが「彼らはわたしの子供を殺して彼女を黙らせようとしましたが、あなたは彼女を拡大しただけだとわたしは思います。」("They tried to kill my child to shut her up, but guess what, you just magnified her.")と言った後、スタンディングオベーションが、ほぼ1分半間続いた[57][58]。ブロは、ヘイヤーに触発されてアドバイスを求める人々から、何百ものメッセージを受け取った、と言った。或る女性がサックスで「アメイジング・グレイス」と「アメリカ・ザ・ビューティフル」を演奏した。ヘイヤーの父親マーク・ヘイヤー(Mark Heyer)は、ヘザーは「反抗的で、強い意志があり、思いやりがあ」("defiant, strong-willed and compassionate")った、彼女は「自分が正しいと思ったことを常に主張していた」("always argued for what she thought was right")、と言った[57]

パープル色の盾、ピンク色のバット、ピンク色のヘルメットにハートが描かれた何人かの人々が劇場の外を観察し、イベントを混乱させる可能性のある「ファシスト・グループ」("fascist groups")を阻止した。劇場の外では問題は報告されなかった。式が終了すると、ブロは聴衆の中の誰かにトランプ大統領を批判するのをやめるよう頼んだ[57]

バージニア州上院議員ティム・ケインは、攻撃現場でヘザー・ヘイヤーの仮設記念碑を訪れる。

政治家らは追悼式の外で向かい合わせられた。マコーリフはそれについて尋ねられた後、バージニア州の法律が南軍の彫像の撤去を地域社会に任せている、と或る男性に語った。ケインは、シャーロッツビル警察が「週末の激しい衝突を回避できなかった」("had failed to head off the weekend's violent clashes")理由を尋ねられたし、彼は、「市当局は警察の対応の独立したレビューを約束していた」("city officials had promised an independent review of the police response.")、と述べた[57]

徹夜[編集]

ヘイヤーを偲ぶ徹夜が8月13日夜に予定されていたが、「白人至上主義者らからの信頼できる脅威」("credible threat from white supremacists.")のためにキャンセルされた。人々はキャンセルにもかかわらず、攻撃の現場に集まり、祈った[29]

何百人もの人々がバージニア大学に、そしてフィラデルフィアやオハイオ州アクロンを含む他のアメリカの都市に集まった[59]

ランドール・K・クーパー・ハイ・スクール[編集]

フィールズが通っていたランドール・K・クーパー高校の校長マイケル・ウィルソン(Michael Wilson)は次のように言った――「教育者として、われわれは常に教えられる瞬間を利用し、学生らにガイダンスを提供して、大学、キャリア、そして人生の準備ができた学生らを作成し、適切で健全な選択をするようにしている。...われわれは皆教育者であり、何を見逃したのか、何をもっとうまくできるのかを考えている。われわれは、間違った選択をした可能性のあるすべての学生に対してそれを行なう。」("As educators, we are always using teachable moments and providing guidance to students to create college, career and life ready students to make good and sound choices. ...We're all educators and we all are reflecting on what did we miss, or what could we do better. We do that with any student who may have made a wrong choice.")彼は、スタッフが考えと祈り(thoughts and prayers)をシャーロッツビルに送った、と言った。ウィルソンは、教員は犠牲者らを心配し、フィールズを心配している、と言った[6]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

そして、そこに彼のような他の人がいる――社会としてのわれわれは、彼らに到達する方法を理解するためのより良い仕事をしなければならない。これは一夜にして起こることではない...それは時間とともに蓄積しているし、われわれはこれにもっと注意を払う必要がある。(And there are others like him out there – we as a society have to do a better job of figuring out how to reach them. This isn't something that happens overnight ... it builds up over time and we need to pay more attention to this.)
クーパー高校のフィールズの歴史教師デレク・ワイマー、『The Cincinnati Enquirer[6]

ウィルソン校長はフィールズを「静かで控えめな学生」("quiet and reserved student")と呼んだ[6]。フィールズは、彼の元クラスメートらや隣人らから「恥ずかしがり屋」("shy")で「静か」("quiet")と表現された[5][33]。フィールズと一緒に学校に通った或る女性は、『The New York Times』に、「ほとんど自分を守り」("mostly kept to himself")、「戦いを始めたり、戦いを試みたりしなかった」("didn't start fights or try to fight")と語ったが、しかし、彼を「非常に奇妙で、確かに追放された」("exceptionally odd and an outcast to be sure")と説明した[5]。しかしながら、2015年にヨーロッパへのクラス旅行でフィールズの或るルームメイトはAP通信に語った、「彼には友達らがいて、彼とチャットする人々がいた。彼が追放されたわけではない。」("He had friends, he had people who would chat with him, it wasn't like he was an outcast.")[7]

ブーン郡学校スポークスウーマンのバーバラ・ブレイディ(Barbara Brady)は、学校当局は「クーパー・ハイでの入学時のフィールズの行動に関する状況を知らなかった」("were not aware of any situation at Cooper High regarding Fields's behavior at the time of his enrollment")と言った。ブレイディは、フィールズの元同級生らによる報告の信頼性に疑問を呈し、事件複数を報告しなかったとして彼らを批判した[7]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

これもわたしが罪を犯していることである、わたしはちょっとぞっとするようにそれを払いのけた。全部トークだと思った。彼がこんなに暴力的なことをするとは誰も思っていなかった。(This is something I'm guilty of, too, I kind of brushed it off as just creepy. We thought it was all talk. No one ever thought he would do something so violent.)
元クラスメイト、『The Cincinnati Enquirer[7]

公務員[編集]

シャーロッツビル市とその市議会は声明を発表した――「この無意味な暴力行為は、われわれの集団の心に穴を開ける。それはわれわれのコミュニティのメンバーの喪失をけっして補わないが、 われわれは、彼女の死を引き起こした車両の運転者に対するチャージを追求するし、正義が勝つと確信している。」[28][60]市長マイケル・サイナー(Michael Signer)は、攻撃を国内テロと呼び、白人至上主義者らを非難した。8月18日の声明の中で、市長マイケル・サイナーは市議会に、「ヘザーの名前と遺産を記念するための具体的な措置を講じる」("take concrete steps to memorialize Heather's name and legacy")よう求めた。サイナーは、シャーロッツビルがロバート・E・リーの像を撤去できるようにするために、緊急総会セッションを召集するよう知事に要請した[58]

バージニア州公共安全長官ブライアン・モラン(Brian Moran)は言った、「彼は、自分がしたことをするテロリストだった」("He was a terrorist to do what he did.")[22]

司法長官ジェフ・セッションズは声明の中で言った「シャーロッツビルでの暴力と死は、アメリカの法と正義の中心を打っている。そのような行動が人種的な偏見と憎しみから生じるとき、彼らはわれわれのコアバリューを裏切っているし、容認され得ない。正義が勝つであろう。」("The violence and deaths in Charlottesville strike at the heart of American law and justice. When such actions arise from racial bigotry and hatred, they betray our core values and cannot be tolerated.Justice will prevail.")[4]

8月17日に、ホワイトハウス副報道官リンゼイ・ウォルターズ(Lindsay Walters)は、トランプがヘイアーの家族と会うであろう、と言った[61]

トランプ大統領[編集]

Donald J. Trump Twitterより
@realDonaldTrump

バージニア州シャーロッツビルで、今日殺された若い女性の家族に哀悼の意を表し、負傷したすべての人に敬意を表します。とても悲しい!(Condolences to the family of the young woman killed today, and best regards to all of those injured, in Charlottesville, Virginia. So sad!)

August 13, 2017[62]

Donald J. Trump Twitterより
@realDonaldTrump

美しく信じられないほどのヘザー・ヘイヤーのための今日の追悼式、本当に特別な若い女性。彼女は長い間誰もが覚えているだろう!(Memorial service today for beautiful and incredible Heather Heyer, a truly special young woman. She will be long remembered by all!)

August 16, 2017[63]

アメリカ大統領ドナルド・トランプは、ヘイヤーを「信じられない若い女性」("an incredible young woman")と称賛した[57]。ヘイヤーの母親スーザン・ブロは、このイベントでの8月14日の発言についてトランプに感謝した[57]。彼女は声明の中で書いた――「トランプ大統領、これらの慰めの言葉と、暴力と憎悪を助長する人々を非難してくれてありがとう。また、2人の州警察の悲しみに暮れる家族と、負傷者の迅速な回復に哀悼の意を表します。」("Thank you, President Trump, for those words of comfort and for denouncing those who promote violence and hatred.My condolences, also, to the grieving families of the two state troopers and quick recovery for those injured.")[58]

白人至上主義者らを支持していると広く非難された、8月15日の声明で、トランプは言った――

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

双方に責任があるとわたしは思う。あなたが見る、あなたは両側を見ます。どちらの側にも責任があるとわたしは思うが、それは間違いない...あなたには両方の側に非常に立派な人々もいた。(I think there is blame on both sides. You look at, you look at both sides. I think there’s blame on both sides, and I have no doubt about it...you also had people that were very fine people on both sides.)[64]

同じ会議で、トランプは自分が「立派な人々」("fine people")が何を意味するのかを明らかにした――[65][66][67]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

「わたしはネオナチと白人至上主義者について話しているのではない、なぜなら彼らは完全に非難されるべきだから。」(“I’m not talking about the neo-Nazis and white nationalists because they should be condemned totally.”)
ドナルド・トランプ

また、8月15日に、トランプは、トランプの8月14日の声明に対するブロの声明について言った――[58][61]

テンプレート:Quote/styles.cssページに内容がありません。

出された声明、母親の声明、わたしは美しい声明だと思った。言っておくが、本当にありがたいことだった。素晴らしいと思った。そして、本当に、彼女が受けているようなストレスと彼女が受けている心痛の下で、私はその声明を私に出すことは本当に忘れられないものだと思った。どうもありがとう。ありがとう。(I thought that the statement put out, the mother's statement, I thought was a beautiful statement. I'll tell you, it was something that I really appreciated. I thought it was terrific. And really, under the kind of stress that she's under, and the heartache she's under, I thought putting out that statement to me was really something I won't forget. Thank you all very much. Thank you.)
ドナルド・トランプ

ブロは当初、忙しく疲れていたために、トランプの8月15日の声明に返答することを拒否した[57]。ブロはトランプの8月15日の声明を見た後、自分はトランプと話をしないだろう、と言った[58]

トランプは、それが起こった日の朝に、追悼式についてツイートした[57][61]。トランプ行政当局はだれもこのサービスに出席していなかった[57]

白人ナショナリストら[編集]

ユナイト・ザ・ライト・ラリーの主催者ジェイソン・ケスラーは、主催者のだれもフィールズを知らない、と言った[13]。彼は暴力で記者会見ができなくなった後、スピーチを「シャットダウンした」("shutting down")として市を非難したし、市当局は「抗議グループを分離することができなかったし、結果として生じた近接攻撃を処理する設備が整っていなかった」("failed to separate the protest groups and were ill-equipped to handle the melee that resulted")、と言った[29]。白人至上主義者の集会スピーカー リチャード・B・スペンサー(Richard B. Spencer)は、当局への攻撃を非難したし、彼らは「秩序を保つことができなかった」("failed to keep order")。スペンサーはフィールズを非難することを拒否し、「この男はコントロールを失ったはずである、なぜなら彼は危険を感じ、アクセルを叩き、意図せずに誰かを殺したから」("This man could have lost control because he felt in danger and slammed on the accelerator and unintentionally killed someone")、と言った[32]

2017年8月18日に、ケスラーはツイートした、ヘイヤーは「太った  共産主義者だった。共産主義者らは9,400万人を殺した。回収時期だったように見える」("was a fat, disgusting Communist. Communists have killed 94 million.Looks like it was payback time.")。ケスラーは翌日ツイートを削除し、最初はハッキングされたと言ったが、しかし後に彼は薬物の混合物を服用していたと主張した。また一部白人至上主義者は、ツイートについてケスラーを批判したし、それはこう書いたリチャード・スペンサーを含んでいる――「わたしはもうジェイソン・ケスラーと交際しない。誰もしない。ヘイヤーの死は深く悲しんでいる。『ペイバック』は道徳的に非難される考えである。」("I will no longer associate w/ Jason Kessler; no one should. Heyer's death was deeply saddening.'Payback' is a morally reprehensible idea.")[68]

ジェームズ・アルサップ(James Allsup)やAndrew Auernheimerのような他の白人至上主義者は主張しつづけた、ヘイヤーの死は、体重関連の心臓発作[69]、NBC Newsのインタビューでのスーザン・ブロの声明に端を発した陰謀論[70]の結果である、そして『Occidental Dissent』や『The Daily Stormer』のような白人至上主義メディアによって推し進められた、後者は、ヘイヤーをあざけるブログ投稿に続いて、ドメイン・レジストラによってサービスが一時停止されていた[71][69][72]

一部の暴かれた主張と陰謀説は示唆した、ミシガンの男が体当たり中に車を運転していた、フィールズは襲撃を受け、自衛で行動した、抗議者は攻撃を行う前にフィールズをAR-15ライフルで脅した[73]。マーク・フェンスター(Mark Fenster)によると、それら陰謀説は、「起こった暴力が彼らの原因を非合法化したことを心配するかもしれない白人至上主義者によって作成された自立した物語の一部」("part of a self-sustaining narrative created by white nationalists who might be worried that the violence that took place delegitimized their cause")である[71]

ヘイヤーの家族[編集]

ヘイヤーの母親スーザン・ブロは、自分は人々にフィールズを嫌ってもらいたくない、と言った[30]。彼女は、それは自分の娘が望んでいたものではない、と言った[30]

ヘイヤーの父親は、人々に「憎しみを止める」("stop the hate")ように促したし、自分は他人を助けるために立ち上がったことで彼女を誇りに思っている、と言った。彼は、自分は娘の殺人者を許した、と表わし、こう言った「これらすべてについての私の考えは、人々は憎しみをやめる必要があり、互いを許すあう必要があるということである。わたしは、これをした人を許すことに自分自身を含める。彼は[どれも]よく知らない。私はただ主が十字架で言われたことについて考える。主よ、彼らを許し給え。彼らは自分たちが何をしているのかわからない。」("My thoughts with all of this stuff are that people need to stop hating and they need to forgive each other.I include myself in that forgiving the guy that did this.He doesn’t know [any] better.I just think about what the Lord said on the cross.Lord, forgive them.They don’t know what they’re doing.")[74][75]

余波[編集]

現場を封鎖している警察

ヘイヤーの幼なじみフェリシア Correa(Felicia Correa)は、彼女の死後の葬儀費用のためにクラウドファンディング・ページを立ち上げた。彼女は、ページを設定したときにヘイヤーの母親のために話していたと述べ、人前で話す準備ができていなかったと表した。フェリシアは「彼女は正しいことをして死んだ。わたしの心は壊れているが、しかしわたしは彼女を永遠に誇りに思っている」("She died doing what was right. My heart is broken, but I am forever proud of her")と言った[76]。ヘイヤーの家族を支援するために作成されたGo Fund Meキャンペーンは、いちにちでUS$200,000を超えた[28]。資金調達のウェブサイトは、フィールズの法的防御に資金を提供しようとしていたキャンペーンを削除した[77]。アメリカ民主社会主義者(Democratic Socialists of America)は、すぐにUS$198,000を集めたが、しかし被害者の複雑な申請プロセスと申請への対応の適時性について批判された。集められた金銭は、最終的に管理と支払いのために国家思いやり基金(National Compassion Fund)に送金された[78]

彼女の母親は、自分はヘザーの名前が「正義と平等と公正と思いやりを求める集会の叫び」("a rallying cry for justice and equality and fairness and compassion")になってもらいたいと欲している、と言った[79]。ヘイヤーの追悼式は、8月16日にシャーロッツビルのパラマウント・シアターで開催された。彼女の母親は何百人もの会葬者に話しかけ、不正に反対して行動し、「怒りを正しい行動に」("anger into righteous action")変えることによって彼女を称えるよう求めた[80]。仕事の最終日に、写真ジャーナリストRyan Kellyは、シャーロッツビル近郊で唯一の日刊紙『The Daily Progress』の攻撃の写真を撮った。2018年4月16日に、ケリーはニュース速報写真のピューリッツァー賞(Pulitzer Prize for Breaking News Photography)を受賞した[81]

写真家ジェレミア・クヌップ(Jeremiah Knupp)も攻撃の写真を撮った。彼はバージニア州ストーントンとその周辺地域にサービスを提供する日刊紙『The News Leader』で働いていた。クヌップは、ウォーター・ストリートとフォース・ストリート・サウスイーストの交差点の南西にある駐車場のポールから写真を撮った[82]

ヘイヤーの母親スーザン・ブロは、非営利のHeather Heyer Foundationを設立した。これは、Go Fund Meキャンペーンと新しい寄付から資金提供された。ブロは、この財団は公民権に専念し、社会正義を欲する人々に奨学金を提供するだろう、と言った[83]。彼女は攻撃後、バージニア州協同組合拡張局の秘書兼簿記係(secretary and bookkeeper for a Virginia Cooperative Extension office)としての仕事を辞め、ヘザー・ヘイヤー財団の会長兼理事長(president and chair of the board of the Heather Heyer Foundation)になった[84]

Honorary Heather Heyer Way.

2017年8月15日に、攻撃中に襲われた白いセダンにいたタドリントとミカ・ワシントン(Tadrint and Micah Washington)は、ジェイソン・ケスラー(Jason Kessler)、ジェームス・アレックス・フィールズ・ジュニア、リチャード・スペンサー(Richard Spencer)、その他30のグループと個人に対して300万米ドルの損害賠償訴訟を起こした[85]

スーザン・ブロは、2017年システムとのベスト・ファイトに対するMTVビデオ・ミュージック賞(2017 MTV Video Music Award for Best Fight Against the System)をプレゼントした[83]

2017年9月に、ニューヨークの第25議会地区代表 民主党員Nily Rozicは、法案を提出し、ニュー・ヨーク州立公園レクリエーション歴史保存局(New York State Office of Parks, Recreation and Historic Preservation)に、ヘイヤーに敬意を表してDonald J. Trump State Parkの名前を変更するよう要請した[86]

2017年12月20日に、攻撃が発生したシャーロッツビルのフォース・ストリート・サウスイースト(Fourth Street Southeast)の一部がHonorary Heather Heyer Wayと命名された[84]

2018年5月12日午後に、ヘイヤーの親友マリッサ・ブレア(Marissa Blair)は婚約者マーカス・マーティン(Marcus Martin)と結婚した。マーカスは彼女を車の邪魔にならないように押し出し、攻撃で負傷した[87]。式の間、ブレアはヘイヤーを偲んでチョウ(蝶)の解放を主導した[88]

監督スパイク・リーは、2018年の映画『BlacKkKlansman』をヘイヤーの記憶に捧げ[89]、攻撃のビデオ映像をフィーチャーした[90]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 Bromwich, Jonah; Blinder, Alan (2017年8月13日). “What We Know About James Alex Fields Jr., Driver Charged in Charlottesville Killing”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/08/13/us/james-alex-fields-charlottesville-driver-.html 
  2. 2.0 2.1 One dead as car strikes crowds amid protests of white nationalist gathering in Charlottesville; two police die in helicopter crash”. The Washington Post (2017年8月13日). 2018年5月24日閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 Mickolus, Edward (2019). Terrorism Worldwide, 2018. Jefferson, N.C.: McFarland. p. 170. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-4766-3747-1 
  4. 4.00 4.01 4.02 4.03 4.04 4.05 4.06 4.07 4.08 4.09 4.10 4.11 4.12 4.13 4.14 4.15 4.16 4.17 4.18 4.19 4.20 4.21 4.22 Ruiz, Joe (2017年8月13日). “Ohio Man Charged With Murder In Fatal Car Attack On Anti-White Nationalist March”. NPR. https://www.npr.org/2017/08/13/543176250/charlottesville-attack-james-alex-fields-jr 
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 5.7 5.8 Suspect in Charlottesville Attack Had Displayed Troubling Behavior”. The New York Times (2017年8月13日). 2018年5月24日閲覧。
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 6.13 6.14 6.15 6.16 6.17 6.18 6.19 Charlottesville suspect's beliefs were 'along the party lines of the neo-Nazi movement,' ex-teacher says”. The Cincinnati Enquirer (2017年8月14日). 2018年5月26日閲覧。 Also published on USA Today.
  7. 7.00 7.01 7.02 7.03 7.04 7.05 7.06 7.07 7.08 7.09 7.10 7.11 7.12 7.13 7.14 911 calls, records reveal tumultuous past for accused Charlottesville driver, family”. The Cincinnati Enquirer (2017年8月14日). 2018年5月27日閲覧。
  8. 8.0 8.1 8.2 8.3 No bail for Charlottesville car attack suspect James Fields”. USA Today (2017年8月14日). 2018年5月27日閲覧。
  9. Myre, Greg (2017年8月14日). “Why The Government Can't Bring Terrorism Charges In Charlottesville”. NPR. https://www.npr.org/2017/08/14/543462676/why-the-govt-cant-bring-terrorism-charges-in-charlottesville 2020年10月14日閲覧。 
  10. 10.0 10.1 10.2 10.3 10.4 10.5 10.6 10.7 Charge upgraded to first-degree murder for driver accused of ramming Charlottesville crowd”. The Washington Post (2017年12月14日). 2018年5月24日閲覧。
  11. Romo, Vanessa (2018年12月7日). “Charlottesville Jury Convicts 'Unite The Right' Protester Who Killed Woman”. NPR. https://www.npr.org/2018/12/07/674672922/james-alex-fields-unite-the-right-protester-who-killed-heather-heyer-found-guilt 2018年12月8日閲覧。 
  12. Duggan, Paul; Jouvenal, Justin (2019年4月1日). “Neo-Nazi sympathizer pleads guilty to federal hate crimes for plowing car into crowd of protesters at 'Unite the Right' rally in Charlottesville”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/local/public-safety/neo-nazi-sympathizer-pleads-guilty-to-federal-hate-crimes-for-plowing-car-into-crowd-of-protesters-at-unite-the-right-rally-in-charlottesville/2019/03/27/2b947c32-50ab-11e9-8d28-f5149e5a2fda_story.html?noredirect=on 2019年3月27日閲覧。 
  13. 13.0 13.1 13.2 Fausset, Richard; Feuer, Alan (2017年8月13日). “Far-Right Groups Surge Into National View In Charlottesville”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2017/08/13/us/far-right-groups-blaze-into-national-view-in-charlottesville.html 
  14. “Charlottesville: One killed in violence over US far-right rally”. BBC News. (2017年8月13日). https://www.bbc.com/news/world-us-canada-40912509 2018年5月24日閲覧。 
  15. 15.0 15.1 15.2 Who Were the Counterprotesters in Charlottesville?”. The New York Times (2017年8月14日). 2018年5月24日閲覧。
  16. 14 Outrageous Mistakes Police Made At The Charlottesville Rally, A Major New Report Says, Bustle.com, Morgan Brinlee, December 2, 2017. Retrieved October 27, 2020.
  17. 17.0 17.1 17.2 17.3 17.4 17.5 17.6 17.7 17.8 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Berg May 2018」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  18. Barrouquere, Brett (2018年12月19日). “Violence at 'Unite the Right' led to a life lost and others forever changed”. Hatewatch (Southern Poverty Law Center). https://www.splcenter.org/hatewatch/2018/12/19/violence-unite-right-led-life-lost-and-others-forever-changed 2020年2月23日閲覧。 
  19. 引用エラー: 無効な <ref> タグです。「Astor」という名前の注釈に対するテキストが指定されていません
  20. Shulleeta, Brandon (2018年8月12日). “At least one dead as white nationalists ignite Virginia clashes”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-virginia-protests-idUSKBN1AS05T 2018年5月24日閲覧。 
  21. Suarez, Chris (2018年12月5日). “Two people who were with Fields moments before fatal crash testify in court; defense plans to wrap up case Thursday”. Richmond Times-Dispatch (Richmond, Va.). https://www.richmond.com/news/virginia/two-people-who-were-with-fields-moments-before-fatal-crash/article_773d864d-2ff2-5d8a-a0e2-dc4529496deb.html 2020年7月10日閲覧. "Clifford Thomas, a senior trooper and Virginia crash reconstructionist, testified Wednesday that Fields's vehicle reached a top speed of 28 mph before he hit a silver Toyota Camry that was in the middle of the crowd. He said he was not able to determine what speed the car was going when it struck the crowd, but it appeared to be traveling at 23 mph upon impact with the Camry." 
  22. 22.0 22.1 22.2 22.3 22.4 Shapiro, T. Rees; Crites, Alice; Vozzella, Laura; Cox, John Woodrow (2017年8月13日). “Alleged driver of car that plowed into Charlottesville crowd was a Nazi sympathizer, former teacher says”. https://www.washingtonpost.com/local/one-dead-as-car-strikes-crowds-amid-protests-of-white-nationalist-gathering-in-charlottesville-two-police-die-in-helicopter-crash/2017/08/13/3590b3ce-8021-11e7-902a-2a9f2d808496_story.html 2018年7月27日閲覧。 
  23. Stuart, Courteney; Hawn, Tyler (2018年12月5日). “Final defense witness located after brief confusion in Fields trial”. WHSV (Harrisonburg, Va.). https://www.whsv.com/content/news/State-trooper-testifies-in-Fields-trial-about-reconstructing-car-attack-scene-502014661.html. "[Virginia State Police Senior Trooper Clifford Thomas] testified data from Washington's car showed the impact of the crash caused it to be pushed from zero miles per hour to 17.1 miles per hour in 150 milliseconds." 
  24. 24.0 24.1 24.2 24.3 24.4 24.5 Ohio man charged in Charlottesville vehicle attack grew up in NKY”. The Cincinnati Enquirer (2017年8月15日). 2018年5月27日閲覧。
  25. 25.0 25.1 25.2 25.3 25.4 25.5 Spencer, Hawes; Pérez-Peña, Richard (2017年12月14日). “Murder Charge Increases in Charlottesville Protest Death”. https://www.nytimes.com/2017/12/14/us/charlottesville-fields-white-supremists.html 2018年5月24日閲覧。 
  26. The Charlottesville Murder Trial Is Beginning. Here's What to Know.”. The New York Times (2018年11月29日). 2018年11月29日閲覧。
  27. 27.0 27.1 Suspect in Charlottesville car attack faces first-degree murder charge”. CNN (2017年12月15日). 2018年7月30日閲覧。
  28. 28.00 28.01 28.02 28.03 28.04 28.05 28.06 28.07 28.08 28.09 28.10 28.11 28.12 Caron, Christina (2017年8月13日). “Heather Heyer, Charlottesville Victim, Is Recalled as 'a Strong Woman'”. https://www.nytimes.com/2017/08/13/us/heather-heyer-charlottesville-victim.html 2018年5月24日閲覧。 
  29. 29.0 29.1 29.2 29.3 29.4 Vigil for Charlottesville victim canceled, but mourners meet at crash site”. USA Today (2017年8月14日). 2018年7月11日閲覧。
  30. 30.0 30.1 30.2 30.3 30.4 30.5 30.6 30.7 Charlottesville victim: 'She was there standing up for what was right'”. The Washington Post (2017年8月13日). 2018年7月16日閲覧。
  31. Three found guilty of assaulting Kessler at Aug. 13 press conference”. The Daily Progress (2018年2月2日). 2018年8月1日閲覧。
  32. 32.0 32.1 32.2 32.3 32.4 32.5 32.6 32.7 32.8 'Very threatening': Mother of Charlottesville suspect James A. Fields called 911 twice”. The Washington Post (2017年8月14日). 2018年5月26日閲覧。
  33. 33.0 33.1 33.2 33.3 Ex-neighbor of James Alex Fields Jr.: 'Hope they put him where the sun doesn't shine'”. The Cincinnati Enquirer (2017年8月13日). 2018年5月26日閲覧。
  34. 34.0 34.1 Community: Accused Charlottesville driver James Alex Fields Jr. doesn't represent us”. The Cincinnati Enquirer (2017年8月14日). 2018年5月27日閲覧。
  35. 35.0 35.1 “James Alex Fields' trial in deadly Charlottesville white nationalist rally set to begin”. Associated Press. (2018年11月26日). https://www.nbcnews.com/news/us-news/james-alex-fields-trial-deadly-charlottesville-white-nationalist-rally-set-n939991 2018年11月27日閲覧。 
  36. 36.0 36.1 36.2 36.3 Heim, Joe; Barrett, Devlin (2018年6月27日). “Man accused of driving into crowd at 'Unite the Right' rally charged with federal hate crimes”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/local/man-accused-of-driving-into-crowd-at-unite-the-right-rally-charged-with-federal-hate-crimes/2018/06/27/09cdce3a-7a20-11e8-80be-6d32e182a3bc_story.html 2018年6月27日閲覧。 
  37. Charlottesville driver previously accused of beating mother”. AP News (2017年8月16日). 2018年8月9日閲覧。
  38. 38.0 38.1 38.2 Heather Heyer Memorial”. Charlottesville, Va.: Paramount Theater. 2021年5月18日閲覧。
  39. Almasy, Steve; Narayan, Chandrika (2017年12月16日). “Heather Heyer died 'fighting for what she believed in'”. CNN World (Cable News Network). https://edition.cnn.com/2017/08/13/us/charlottesville-heather-heyer-profile/index.html 2018年8月29日閲覧。 
  40. Man Charged After White Nationalist Rally in Charlottesville Ends in Deadly Violence”. The New York Times (2017年8月12日). 2018年7月9日閲覧。
  41. 41.0 41.1 A Hate Crime? How the Charlottesville Car Attack May Become a Federal Case”. The New York Times (2017年8月13日). 2018年5月24日閲覧。
  42. 42.0 42.1 “Ohio Man Charged with Federal Hate Crimes Related to August 2017 Rally in Charlottesville” (プレスリリース), United States Department of Justice Office of Public Affairs, (2018年6月27日), https://www.justice.gov/opa/pr/ohio-man-charged-federal-hate-crimes-related-august-2017-rally-charlottesville 2018年8月1日閲覧。 
  43. Charlottesville Car Attack Suspect Indicted on Federal Hate Crime Charges”. The New York Times (2018年6月27日). 2018年8月1日閲覧。
  44. NKY native James Alex Fields pleads not guilty in Charlottesville attack”. The Cincinnati Enquirer (2018年7月5日). 2018年7月27日閲覧。
  45. Charlottesville car attacker pleads guilty to 29 hate crimes and avoids the death penalty”. CNN. 2019年6月29日閲覧。
  46. 'Unite the Right' rally killer pleads guilty to federal charges, avoids death penalty”. Harrisonburg, Va.: WHSV (2019年3月26日). 2019年6月29日閲覧。
  47. Charlottesville car rammer changes his plea to guilty in federal hate crimes case”. ABC News (2019年3月27日). 2019年6月29日閲覧。
  48. Fieldstadt, Elisha (2019年6月28日). “James Alex Fields, driver in deadly car attack at Charlottesville rally, sentenced to life in prison”. NBC News. 2019年6月28日閲覧。
  49. Robles, Frances (2017年8月17日). “Rammed by Car in Charlottesville, but Seeing a Sign of Hope”. The New York Times. 2019年6月29日閲覧。
  50. Former Commonwealth's Attorney Appointed to Represent James Fields”. www.nbc29.com. 2019年7月7日閲覧。
  51. 51.0 51.1 Fields faces 5 additional felony charges related to Aug. 12 fatal crash”. The Daily Progress (2017年8月18日). 2018年5月24日閲覧。
  52. FBI tries to ID people spotted with Fields”. The Daily Progress (2017年8月19日). 2019年1月13日閲覧。
  53. Fields set for three-week trial in November”. The Daily Progress (2018年1月3日). 2018年8月1日閲覧。
  54. Hipolit, Melissa (2018年12月7日). “James Fields guilty of murdering Heather Heyer in Charlottesville”. CNN Wire. Richmond, Va.: WTVR-TV. https://wtvr.com/2018/12/07/james-fields-found-guilty-of-all-charges-in-murder-heather-heyer-in-charlottesville/ 2018年12月7日閲覧。 
  55. “The Latest: Slain woman's mom 'content' with life sentence”. The Associated Press. https://apnews.com/7b48312638db4e0eba2d459cbbca9b8d 2018年12月11日閲覧。 
  56. Charlottesville white supremacist gets second life sentence, plus 419 years”. The Guardian (2019年7月15日). 2019年7月15日閲覧。
  57. 57.00 57.01 57.02 57.03 57.04 57.05 57.06 57.07 57.08 57.09 57.10 'They tried to kill my child to shut her up,' Heather Heyer's mother mourns at funeral for woman killed during Nazi protest in Charlottesville”. The Washington Post (2017年8月16日). 2018年7月9日閲覧。
  58. 58.0 58.1 58.2 58.3 58.4 Mother of Woman Killed in Charlottesville Says She Will Not Speak to Trump”. The New York Times (2017年8月18日). 2018年7月9日閲覧。
  59. What it looks like in Charlottesville, site of a massive vigil and march”. The Washington Post (2017年8月16日). 2018年7月11日閲覧。
  60. “City of Charlottesville Statement on the Deaths of Heather D. Heyer, Lieutenant H. Jay Cullen and Trooper–Pilot Berke M.M. Bates” (プレスリリース), Charlottesville Tomorrow, (2017年8月14日), https://www.cvilletomorrow.org/articles/statement-of-condolence-on-the-deaths-of-heather 
  61. 61.0 61.1 61.2 White House: Trump finding 'convenient' time to speak with Heyer's family”. ABC News (2017年8月18日). 2018年7月9日閲覧。
  62. Donald J. Trump [@realDonaldTrump] (2017年8月13日). "バージニア州シャーロッツビルで、今日殺された若い女性の家族に哀悼の意を表し、負傷したすべての人に敬意を表します。とても悲しい!(Condolences to the family of the young woman killed today, and best regards to all of those injured, in Charlottesville, Virginia. So sad!)" (ツイート). Twitterより2021年1月8日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  63. Donald J. Trump [@realDonaldTrump] (2017年8月16日). "美しく信じられないほどのヘザー・ヘイヤーのための今日の追悼式、本当に特別な若い女性。彼女は長い間誰もが覚えているだろう!(Memorial service today for beautiful and incredible Heather Heyer, a truly special young woman. She will be long remembered by all!)" (ツイート). Twitterより2021年1月8日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  64. Full text: Trump's comments on white supremacists, 'alt-left' in Charlottesville”. Politico (2017年8月15日). 2019年11月16日閲覧。
  65. Reilly, Katie (2017年8月15日). “President Trump Again Blames 'Both Sides' for Charlottesville Violence”. Time. 2020年6月29日閲覧。
  66. Drobnic Holan, Angie (2019年4月26日). “In Context: Donald Trump's 'very fine people on both sides' remarks (transcript)”. PolitiFact. 2020年6月29日閲覧。
  67. Farley, Robert (2020年2月11日). “Trump Has Condemned White Supremacists”. FactCheck.org. 2020年6月29日閲覧。
  68. Tweet from the account of Charlottesville rally organizer insults slain protester Heather Heyer”. Los Angeles Times (2017年8月19日). 2018年8月1日閲覧。
  69. 69.0 69.1 Fringe media are furiously trying to absolve the white nationalist who allegedly killed Heather Heyer”. Media Matters for America (2017年9月8日). 2020年9月14日閲覧。
  70. Heather Heyer Cause of Death: How Did She Die?”. Heavy.com (2018年8月11日). 2020年9月14日閲覧。
  71. 71.0 71.1 Sexist 'Alt-Right' Conspiracy Surrounding Heather Heyer's Death Persists Despite Ruling From Medical Examiner”. Newsweek (2017年10月17日). 2020年9月14日閲覧。
  72. The man who disparaged the Charlottesville victim is 'amused' by death threats”. The Washington Post (2017年8月15日). 2020年9月14日閲覧。
  73. How the 'Unite the Right' murder trial helped debunk alt-right myths”. Hatewatch. Southern Poverty Law Center (2018年12月10日). 2020年9月14日閲覧。
  74. Who is Mark Heyer? Charlottesville Victim's Father Says He Forgives Daughter's Killer”. IB Times (2017年8月16日). 2019年12月22日閲覧。
  75. Denemark, Malcolm; Gallop, J.D. (2017年8月14日). “'People need to stop hating,' father of Charlottesville victim Heather Heyer says”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/news/nation-now/2017/08/14/charlottesville-protest-victim-father/564799001/ 2020年6月5日閲覧。 
  76. Kennedy, Maev (2017年8月13日). “Heather Heyer, victim of Charlottesville car attack, was civil rights activist”. The Guardian. 2018年9月29日閲覧。
  77. Crowdfunding sites refuse to raise money for white nationalists”. The Independent (2017年8月15日). 2018年7月9日閲覧。
  78. Charlottesville: Where's the $200,000 the DSA raised?”. Al Jazeera (2017年12月7日). 2018年8月3日閲覧。 “Clarification Dec. 7, 2017: This article has been amended to make clear the National Compassion Fund controls and is responsible for the disbursement of funds, after concerns were raised by the DSA.”
  79. Calfas, Jennifer. “Charlottesville Victim's Mother: I Want Her Death to be 'a Rallying Cry for Justice'”. http://time.com/4898705/heather-heyer-mother-susan-bro-charlottesville-virginia-rally/ 
  80. Witte, Brian; Rankin, Sarah (2017年8月16日). “Heather Heyer remembered at Charlottesville memorial service”. The Mercury News. Associated Press. http://www.mercurynews.com/2017/08/16/charlottesville-to-mourn-woman-killed-at-rally-in-memorial 
  81. A Charlottesville Photographer Took His Tragic, Pulitzer Prize-Winning Shot on His Last Day. Now He Works for a Brewery”. Time (2018年4月16日). 2018年7月11日閲覧。
  82. Photo shows fatal attack on pedestrians with car”. The News Leader (2017年8月13日). 2018年8月11日閲覧。
  83. 83.0 83.1 Foundation Started by Charlottesville Victim's Mother Promotes Social Justice”. The New York Times (2017年8月26日). 2018年7月9日閲覧。
  84. 84.0 84.1 Rankin, Sarah (2017年12月19日). “Charlottesville victim Heather Heyer's mother to speak at street dedication”. 2018年7月31日閲覧。
  85. $3M lawsuit filed against Kessler, Fields and others after fatal crash”. The Daily Progress (2017年8月15日). 2018年8月1日閲覧。
  86. A New York politician is campaigning to rename Trump park after Heather Heyer”. The Independent (2017年9月7日). 2018年7月11日閲覧。
  87. Months After a Brutal Day in Charlottesville, a Tender Wedding”. The New York Times (2018年5月16日). 2018年7月11日閲覧。
  88. Couple who survived Charlottesville attack get married in service dedicated to slain friend”. USA Today (2018年5月18日). 2018年7月11日閲覧。
  89. Whipp, Glenn (2019年11月18日). “'BlacKkKlansman': Spike Lee's urgent message about terrorism, truth and Donald Trump”. Los Angeles Times. 2019年7月14日閲覧。
  90. Spike Lee slams Trump at Cannes, talks about using Heather Heyer's death scene in new film”. CBS News (2018年5月16日). 2018年7月11日閲覧。

読書案内[編集]

  • Hawes, Jennifer (2019). Grace Will Lead Us Home: The Charleston Church Massacre and the Hard, Inspiring Journey to Forgiveness. New York: St. Martin's Press. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-2501-1776-2 
  • Top 10 Photos of the Year”. Time. 2021年5月18日閲覧。 Includes an essay by photojournalist Ryan Kelly.

外部リンク[編集]

ビデオ映像[編集]

余波[編集]

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "シャーロッツビル自動車攻撃" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:シャーロッツビル自動車攻撃.