ゴースト&モリー

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

ゴースト&モリー
The Ghost and Molly McGee
ファイル:The ghost and Molly McGee.png
ジャンル ミュージカル、コメディ、ホラー、超自然
アニメ
総監督 ビル・モッツ
ボブ・ロス
アニメーション制作 マーキュリー・フィルムワークス
製作 ディズニー・テレビジョン・アニメーション
放送局 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ディズニー・チャンネル、Disney+
放送期間 アメリカ合衆国の旗 2021年10月1日 - 現在
日本の旗 2022年4月3日 -
テンプレート - ノート

ゴースト&モリー』(The Ghost and Molly McGee)は、アメリカ合衆国のテレビアニメ。2021年10月1日に米国のディズニー・チャンネルで放送開始され、のちに日本では2022年4月3日に先行放送、同年4月6日からレギュラー放送が開始された。

あらすじ[編集]

ブライトンというとある街にある一軒の古びた屋敷に、人間界をみじめに保つことをゴースト審議会から任されたゴーストのスクラッチが暮らしていた。しかしそこへ人間の少女モリーをはじめとするマギー一家が引っ越してきてしまう。友達になろうと自分を恐れる素振りを見せないモリーに対し、スクラッチは彼女を家から追い出すため呪いをかけるものの、そのせいでかえって自分が彼女から離れられないようになってしまう。これに対し初めて親友ができたとモリーは大喜びし、人間とゴースト、一生離ればなれになれなくなったふたりの奇妙な共同生活が始まった。

登場人物[編集]

マギー家の人々[編集]

モリー・マギー(Molly McGee)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found / 大平あひる[1]
楽観的で元気いっぱいなアイルランドおよびタイ系アメリカ人の女の子。今まで引っ越しの多い生活を過ごしてきたが、定住を決めたブライトンでスクラッチと出会い、彼を一番の親友として慕うようになる。呪いの影響で彼女がスクラッチを必要としているとき名前を呼ぶと、どこにいても彼の意思に反して呼び寄せることができる。誰とでもフレンドリーに接するが、ゆえに度を越えた行動をしてしまうのがたまにキズ。自ら行動を起こし周りを引っ張るタイプだが、スクラッチやダリルのおふざけに振り回され呆れることもしばしば。家族や友達、街のためになることならどんな逆境でも頑張って成し遂げようとするポジティブさも備えている。本物の魔法が使えない、人を騙すペテン師だという理由でマジシャンが大嫌い。
スクラッチ(Scratch)
声 - ダナ・スナイダー / あべそういち[2]
不機嫌で皮肉屋なゴースト。ブライトンの古びた空き家で気ままにひとりで暮らしていたが、そこへ突如引っ越してきたモリーと出会い、怖がるどころか親友になろうと言ってきた彼女を追い払うため「どこへ行こうと、何をしようと、この先一生つきまとう」と呪いをかけるも、そのせいでかえって自分がモリーと離れられなくなってしまった。モリーの生活をみじめなものにしてやろうとバカにしたり騒ぎのきっかけを作ったりする一方で、彼女のことを心配し時に協力する一面もあり、話を重ねるごとにモリーの親友にしてマギー家の一員としての自覚やプライドが強まっていく。食い意地が張っていて普通の人間の食べ物から生ゴミまでなんでも食べるが、中でもタコスとストロベリーソーダがお気に入り。ゴーストということで人を驚かすのはもちろん、ドロドロのエクトプラズムを撒き散らしたり、人や物を動かしたり浮かばせたりしてポルターガイストを起こしたり、憑依して人間を操ったりすることができる。ゴースト審議会ではその無礼さから煙たがれているも、成績は良いため実力は認められている。
ピート・マギー(Pete McGee)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found /
モリーのパパ。アイルランド系。都市計画の仕事をしている関係で今までアメリカ全土を家族と共に移り住んできたが、ブライトンに落ち着くこととなった。家族想いだが予期せぬことが降りかかるとパニックになりやすい。
シャロン・マギー(Sharon McGee)
声 - スマリー・モンタノ / 本間沙智子[3]
モリーのママ。タイ系。しっかり者だがその昔、両親の店でイヤというほど料理をさせられた経験により他人から料理しろと指図されるのを嫌っている。ブライトンで暮らし始めてから出費がかさむ出来事によく遭遇するようになったため、モリーの勧めてきた雑用専門求人アプリ「ブヒナビ(Gig-Pig)」を利用し様々なアルバイトで働いている。アートの才能があり、絵や彫刻が得意。
ダリル・マギー(Darryl McGee)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found /
モリーのいたずら好きな弟。ことあるごとに騒ぎを起こすがモリーをはじめ家族がやりたいことには協力的。
ニンおばあちゃん(Grandma Nin)
声 - スマリー・モンタノ / 三重野帆貴[4]
モリーとダリルの祖母にしてシャロンの母親。マギー家からは遠く離れたところで暮らしているため、普段は家族のスマホを通じて交流している。「タイではゴーストなんて普通にいる」とスクラッチを初めて見ても驚かなかった。ゴーストとの付き合い方をモリーに教える。

ブライトンの住人たち[編集]

リビー・シュタイン=トーレス (Libby Stein-Torres)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found / 夏谷美希[5]
ブライトンでモリーにとって初めての(人間の)親友になった内気なラテン系の女の子。1年生のときアンドレアの名前を呼び間違えたことで他のクラスメイトから仲間はずれにされてきたが、モリーが招待したキャンプに参加して彼女に親友になってくれないかと自ら申し出た。手先が器用で手芸などものづくりが得意なほか、「柔らかい体を硬い甲羅の中に隠せば社会の荒波に揉まれずに済むから」という理由で亀が大好き。ユダヤ教徒であり、12歳の誕生日を迎えた際は成人式にあたるバト・ミツバを挙げた。ドタバタに巻き込まれてはしょっちゅうケガをしている。地元のソフトボールチーム「レミングス」に所属している。第9話「どっちが大事!?/スクラッチ対リビー」を機にモリーがスクラッチの存在を明かしたことでゴーストの存在を知る。当初はモリーの親友としてのプライドを賭けスクラッチと衝突するも、二人で協力してモリーの危機を救ったことで和解した。
アンドレア・ダベンポート (Andrea Davenport)
声 - ジュールズ・メドクラフト / 藤田曜子[6]
お金持ちで意地悪な性格のモリーの同級生。本人曰くインフルエンサーでありイノベーターでありブライトン中学校の公式親善大使。「アンドレア」の名前を呼び間違われることを極端なまでに嫌っている。特定のクラスメイトを仲間はずれにするよう仕向けたり、モリー考案の映画に撮影協力を申し出たかわりに好き勝手に内容を改変するなど、自分の思い通りに物事を推し進めようとしがち。
ライトフット先生 (Miss Lightfoot)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found / 三重野帆貴[4]
ブライトン中学校におけるモリーたちの担任の先生。
パティ (Patty)
声 - ジェニファー・ルイス /
ブライトンの介護施設で過ごす、モリーと仲良しな音楽が好きなおばあさん。
市長 (Mayor Brunson)
声 - パットン・オズワルト /
ブライトンの市長。ペットにして助役の金魚、ゴールディを溺愛している。
オコナー校長 (Principal O'Connor)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found /
ブライトン中学校の校長先生。
ループ先生 (Ms. Roop)
声 - ジェーン・リンチ /
ブライトン中学校の教師。パムという名前の妻がいる。
ベイツ先生 (Mr. Bates)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found /
ブライトン中学校の教師。
変人ラリー (Weird Larry)
声 - トレバー・デュバル /
質屋を営む街の変わり者。ベラという名のスカンクをペットにしている。

ゴーストたち[編集]

ジェフ (Geoff)
声 - Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found / 中西正樹[7]
スクラッチには厄介な同僚だと思われている一方、自分は彼の親友だと思っているおマヌケなゴースト。名前を聞かれるとスペルまで明確に答えるのがいつものクセ。
エイブラハム・リンカーン (Abraham Lincoln)
声 - ケルシー・グラマー / 齋藤響[8]
ゴーストとしてあの世で過ごしている第16代アメリカ合衆国大統領。自分の見栄を張るためリンカーンと知り合いだとモリーに嘘をついた結果、出まかせの逸話を参考にしたせいで歴史の授業の発表で彼女が落第寸前になってしまうピンチを招いたスクラッチに懇願され、モリーと共に自分の偉業について歌うラップを披露した。
エゼキエル・タグボトム (Ezekiel "Tug" Tugbottom)
声 - クリス・ディアマントポロス /
数々の偉業を成し遂げてきたブライトンのヒーローとして知られるが、実は周りにチヤホヤされるために言い伝えを全てでっちあげたうぬぼれ屋なゴースト。嵐のように自慢話をしてくることからゴーストの世界では「竜巻野郎」とも知られているが、文字通り竜巻のような姿になり嵐を呼ぶこともできる。
サリー・タグボトム (Sally Tugbottom)
声 - ケリー・ケニー=シルバー /
その昔ブライトンを襲った竜巻を投げ縄で捕らえ、街の再興に貢献した真のヒーロー。弟のエゼキエルの悪事を止めるためスクラッチからの呼びかけで駆けつけた。

その他の登場人物[編集]

タミー・マイヤーズ (Tammy Myers)
声 - チャンドラー・キニー[9] /
ブライトンの「レミングス」と対決しにやってきたソフトボールチーム「スカイラークス」の嫌味なエース選手。
グレタ・ガーウィグ (Greta Gerwig)
声 - 本人 /
モリー考案のゴースト映画の撮影協力を申し出たアンドレアが連れてきた映画監督。撮影所にてスクラッチによるポルターガイスト騒ぎに巻き込まれてしまう。

エピソード一覧[編集]

シーズン1[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

# タイトル 原題 アメリカ合衆国の旗放送日 日本の旗放送日
1 呪いにかけられて/はじめての登校日 "The Curse" / "First Day Frights" 2021年10月1日 2022年4月3日
2 親友は誰?/自分を信じて "Howlin' Harriet" / "The (Un)natural" 2021年10月2日 2022年4月6日
3 よみがえれ音楽堂/スター登場!? "Getting the Band(shell) Back Together" / "The Greatest Concert Ever" 2021年10月9日 2022年4月13日
4 ファイトでバイト/モリウッドばんざい! "Mama's Gotta Hustle" / "Hooray for Mollywood!" 2021年10月16日 2022年4月20日[10]
5 スクラッチは正直者!?/ニンおばあちゃんの願い "Not So Honest Abe" / "The Best of Nin-tensions" 2021年10月23日 2022年4月27日[11]
6 リビーの特別な日/いい子になりたい! "Mazel Tov, Libby!" / "No Good Deed" 2021年10月30日 2022年5月4日
7 カブ・フェスへようこそ/ステキなベスト・フレンズ・デー "The Turnip Twist" / "All Systems No" 2021年11月6日 2022年5月11日
8 街のヒーロー?/舞台に立ちたい! "Monumental Disaster" / "Talent Show" 2021年11月13日 2022年5月18日
9 どっちが大事!?/スクラッチ対リビー "Scratch the Surface" / "Friend-Off" 2021年11月20日 2022年5月25日
10 "Festival of Lights" / "Saving Christmas" 2021年11月27日
11 "Ice Princess" / "Ready, Set, Snow!" 2022年2月12日
12 "Game Night" / "The Don't-Gooder" 2022年2月19日
13 "Innocent Until Proven Ghostly" / "Twin Trouble" 2022年2月26日
14 "Goat Your Own Way" / "The Very Hungry Ghost" 2022年3月5日
15 "Scare Tactics" / "Bad Boy Bobby Daniels" 2022年3月12日
16 "Citizen McGee" / "The Internship" 2022年6月11日
17 "The Lucky Penny" / "Lock, Stock, and Peril" 2022年6月18日
18 "Out of House and Home" / "Home is Where the Haunt Is" 2022年6月25日
19 "Scaring is Caring" / "All Night Plight" 2022年7月2日
20 "The Jig is Up" / "Molly vs. The Ghost World" 2022年7月9日

特別放送概要[編集]

ディズニー・チャンネル内での特別編成では、新エピソードや特別エピソードが放送されている。

春の新作!ベストフレンド・サンデー (2022年4月3日)

『ふしぎの国 アンフィビア』の一挙放送とあわせて、「呪いにかけられて/はじめての登校日」が日本初放送として放映された。[12]

スタッフ[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

日本語版制作[編集]

  • 翻訳 - 佐藤美由紀、桜井裕子
  • 演出 - 麦島哲也
  • 音楽演出 - 島津綾乃
  • 録音制作 - HALF H・P STUDIO

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. 大平あひる [@awesome_ahiru] (2022年4月3日). "ディズニー・チャンネルの新番組🌈『ゴースト&モリー』にて主人公 モリー役 で声の出演をさせて頂きます!!👻" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  2. あべそういち [@ABEsoichi] (2022年4月3日). "『ゴースト&モリー』のゴーストことスクラッチの吹き替えを担当しています!" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  3. 本間沙智子 [@sanma_1201] (2022年4月3日). "ディズニーチャンネルの新番組🌈「ゴースト&モリー」で、ママ役を担当しております!" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  4. 4.0 4.1 三重野帆貴 [@hodaka_mieno] (2022年4月3日). "新番組の「ゴースト&モリー」👻🎶ニンおばあちゃんとライトフット先生役で、みえのも吹き替えに参加させていただいております!🎵" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  5. 夏谷美希 [@_nattani_] (2022年4月6日). "📺 4/3(日)からディズニーチャンネルにて放送開始の【ゴースト&モリー】に【リビー】役で出演させていただいております✨" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  6. 藤田曜子 [@yoko_fujita_] (2022年4月3日). "#ディズニーチャンネル で放送開始のアニメ『#ゴーストアンドモリー』にてアンドレアの吹き替えを担当しています!" (ツイート). Twitterより2022年4月25日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  7. 中西正樹 [@chocomint_0530] (2022年4月27日). "『ゴースト&モリー』本日新エピソード✨ジェフや弁護士他多数でお世話になってます〜😊" (ツイート). Twitterより2022年5月1日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  8. 齋藤響 [@e_v_h] (2022年4月28日). "ディズニーチャンネル「ゴースト&モリー」5話 スクラッチは正直者⁉︎でリンカーンを担当させていただきました!" (ツイート). Twitterより2022年5月1日閲覧モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。
  9. Tammy Myers Voice - The Ghost and Molly McGee (TV Series)”. Behind the Voice Actors. 2022年2月28日閲覧。
  10. \新エピソード💜「ゴースト&モリー」/ 4月20日(水)夕方5時30分👻放送です!” (日本語). Twitter. 2022年6月14日閲覧。
  11. \新エピソード💐「ゴースト&モリー」 / 4月27日(水)夕方5時30分🍇放送です!” (日本語). Twitter. 2022年6月14日閲覧。
  12. 特別編成🌸「春の新作!ベストフレンド・サンデー」 4月3日(日)昼1時30分😆放送です!” (日本語). Twitter. 2022年6月14日閲覧。

外部リンク[編集]

  • スクリプトエラー: モジュール「Official website」はありません。(英語)
  • ゴースト&モリー - ディズニー・チャンネル(日本語)
  • ゴースト&モリー - インターネット・ムービー・データベース(英語)


スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "ゴースト&モリー" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ゴースト&モリー.