Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

コウモリを元とする未来生物

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 この項目ではコウモリを元とする未来生物について解説する。

概要[編集]

思弁進化においては翼手目(コウモリ)が多く作品を跨いで登場するLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found。これには哺乳類においてコウモリが齧歯類に次いで2番目に種類が多く[1][2]、さらに大きさや食性の多様性が豊富で、なおかつ飛行能力を持っていることが理由の一つである。現生のコウモリと同様に飛翔能力を持つものLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not foundと、逆に翼が退化して地上性に進化したものがいるLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found

思弁進化というSFジャンルはドゥーガル・ディクソンの著作『アフターマン』から大きく影響を受けており、コウモリも例外ではない。『アフターマン』にはナイト・ストーカーと呼ばれる肉食性の地上性コウモリが登場し、これはSFドラマ『プライミーバル』に登場する捕食動物にもインスピレーションを与えた可能性がある[3]。また『驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界』でも地上性コウモリの例として『アフターマン』および『プライミーバル』が言及されているLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found

登場作品[編集]

書籍[編集]

『アフターマン』(1981年)
バタヴィア列島という5000万年後の島に生息するコウモリが描かれる。感覚器官を花への擬態に利用して虫をおびき寄せて捕食するフローアー、サンゴ礁の分布する浅海で遊泳して魚を捉えるサーフバット、木にぶら下がって果実や昆虫などを摂食するフライトレス・シャロスなどがいる。表紙を飾るナイト・ストーカーは背丈1.5メートル程度の捕食動物で、飛行のために祖先が発達させた前肢を歩行に、枝を掴むために使用していた後肢を手として使用する。目は退化し、音波を受容する耳と鼻葉が発達している[4][5]
『驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界』(2015年)
1000万年後の世界を描き、飛翔性と地上性の両方のコウモリが登場する。飛翔性のものとしては、大群で行動して繁殖期に曲芸飛行を行うヴェロキプテルス属、気嚢を獲得して高度7000メートルまで飛行を可能としたギガプテルス属がおり、いずれもスクリプトエラー: モジュール「仮リンク」はありません。の子孫であるLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found。地上性コウモリには、最大で体高1メートルに達する四足歩行で吸血性のノスフェラポダ・キンスキーがおり、こちらはナミチスイコウモリの子孫であるLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found
『未来の奇妙な動物大図鑑』(2015年)
ウルフバット、ネルンボルンクテリス、ウミモリ、ワイバーンが登場する。

映像[編集]

『フューチャー・イズ・ワイルド』(2002年)
氷期を迎えている500万年後の北アメリカ砂漠に生息するデスグリーナーが登場する。昼行性であり、翼開長は1.3メートルに達する[6]
『プライミーバル』(2007 - 2011年)
四足歩行の2.5メートルのコウモリが登場したLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found。反響定位能力は健在で、敏捷性に長ける[2]

関連項目[編集]

  • 思弁進化
  • ドゥーガル・ディクソン
  • アフターマン
  • フューチャー・イズ・ワイルド
  • プライミーバル
  • 驚異の未来生物
  • 未来の奇妙な動物大図鑑

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. 国土技術政策総合研究所 研究資料”. 国土技術政策総合研究所. p. 1. 2020年3月12日閲覧。
  2. 2.0 2.1 NHK海外ドラマ 恐竜SFドラマ プライミーバル 古生物ファイル”. NHK海外ドラマホームページ. NHK. 2010年4月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月12日閲覧。
  3. Naish, Darren. (インタビュー). “Of After Man, The New Dinosaurs and Greenworld: an interview with Dougal Dixon” (英語). Scientific American Blog Network. https://blogs.scientificamerican.com/tetrapod-zoology/of-after-man-the-new-dinosaurs-and-greenworld-an-interview-with-dougal-dixon/ 2018年9月21日閲覧。 
  4. 岩本恵美 (2019年9月17日). ““もしも”の世界が広がる5千万年後の地球 「アフターマン 人類滅亡後の動物の図鑑 児童書版」”. 好書好日. 朝日新聞社. 2020年3月12日閲覧。
  5. 裳華房 編集子の“私の本棚” 第20回 著者の空想世界で闊歩する,5000万年後の異形の動物たち”. 裳華房. 2020年3月12日閲覧。
  6. フューチャー・イズ・ワイルド 完全図解”. ダイヤモンド社. 2020年3月12日閲覧。

参考文献[編集]

  • マルク・ブレー、セバスティアン・ステイエ『驚異の未来生物: 人類が消えた1000万年後の世界』森健人(監修)、遠藤ゆかり訳、創元社、大阪市中央区淡路町4-3-6、2017年8月23日。全国書誌番号:モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not foundモジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not foundモジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not foundモジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found。ASIN 4422430254


This article "コウモリを元とする未来生物" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:コウモリを元とする未来生物.


Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>