クロエ (ポルノ女優)

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

クロエ
Chloe
Chloe lf.JPG
Chloe
プロフィール
別名義 Chloe Nicole
Chloe Nichole
Chloe Nichols
Chloe Nicholle
生年月日 1971年11月14日
現年齢 50歳
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国・カリフォルニア州サウザンドオークス
瞳の色 ブラウン
毛髪の色 ブラウン
公称サイズ([1]の時点)
身長 / 体重 165 cm / 52 kg
BMI 19.1
スリーサイズ 81 - 64 - 86 cm
カップサイズ AA(米国サイズ)
活動
ジャンル アダルト
モデル内容 ボンデージ
他の活動 ポルノ女優
外部リンク
データベース IMDb
モデル: テンプレート - カテゴリ

クロエChloe, 1971年11月14日 - )は、アメリカ合衆国のポルノ女優、ヌードモデル、脚本家、映画監督。

来歴[編集]

カリフォルニア州サウザンドオークスでイタリア系とアイルランド系の血をひくカトリックの家庭で育った。ボンデージポルノ女優、クレオ・ニコルは実の姉である。2人は2000年の映画『I Came, Did You?!!』で共演している(絡みはない)。彼女は自分自身について実在の友人より想像上の友人を多く持つ、過度に想像力に富んだ子供であったと語った。クロエは6歳の時から10代になるまでクラシック・バレエを習い、プロのバレリーナになることを夢見ていたが、腰の関節を痛め、力尽きたように感じて17歳でバレエを断念した[1]

クロエは11歳の時にジャングルジム上で事故を起こし、クリトリスを損傷した。膣の周辺は復元されたが、数週間後バレエの練習中に、縫合した糸を何本か誤って引きちぎってしまった。彼女の言によれば、彼女のクリトリスは「常に固い状態であるが何も感じない」ようになった[2][3]。しかし、彼女はそれでもGスポットへの刺激を通してオーガズムに達する事が可能である。それには通常巨大で幅もある「もの」の挿入を必要とし、彼女は「深いほど良い」と述べている[3]。彼女にオーガズムに至る能力が残されている明らかな証拠は、論争の的となったシーモア・バッツのビデオ『Tampa Tushy Fest 1』で、同僚のポルノ女優アリーシャ・クラスに両手の拳を同時に挿入される有名なフィストファックシーンで見てとれる[4]

18歳の時に彼女はリバーサイド (カリフォルニア州) に転居し、最初は歯科助手として働いた。次にウェイトレスになり、最後はロックバンドポイズンの裏方となった。当時のボーイフレンドが彼女をポルノ映画業界に紹介した。

ポルノ映画界[編集]

クロエは1995年にポルノ映画デビューを果たした。彼女によれば最初のポルノ撮影の間、「薬に頼って…不安は無かった[3]。」経歴の初期から、彼女は主にハードコアゴンゾポルノ映画に出演した。2001年、クロエは大手ポルノ映画会社VCAピクチャーズと独占契約を結んだ。

クロエは、ロサンゼルスのNeedle-exchange programme(注射針交換事業)に関わっている。これは静脈注射による麻薬常用者にきれいな皮下注射針を提供する事により、エイズなどの病気の蔓延を防ぐと同時に、彼らをサポートし、支援グループに紹介し、リハビリの手助けもしようという計画である。彼女は業界においてエイズや他の性感染症の検査と処置を施す組織、Adult Industry Medical Health Care Foundation(AIM…アダルト業界医療健康管理協会)にも関係している。彼女の男女の性行為シーンで必ずコンドームを装着させる方針は業界内でも知られており、性感染症の蔓延を防いでいる実践者として説得力がある支持者である[3]

彼女が推奨している性具がいくつかある。最も有名なものは「フィスト・オブ・フューリー」と呼ばれる性具である。多数のビデオでフィストファックを演じたクロエの人気にあやかり、彼女の拳と前腕部を型取りして制作された[3]

クロエはサボトゥア (Saboteur) による「Harder」という曲を歌っている。この曲はポルノスター達が参加した曲を集めたコンピレーションCD『Porn To Rock』で聴く事ができる。また彼女はヘンリー・パリスが1976年に監督した著名なポルノ映画『ミスティ・ベートーベン』をヴェロニカ・ハートが監督としてリメイクした『Misty Beethoven: The Musical』でも歌っている。

クロエは、オンラインラジオ放送局KSEXの番組のホストを務めた。2005年1月11日の放送で、彼女は人生において現在までにヘロインで2度、コカインで2度、計4回オーバードースを冒したと語った[5]

受賞[編集]

2003年、クロエはネバダ州ラスベガスにおける第20回AVNアワード・ショーの司会を務めた。彼女自身も以下の通り、AVNをはじめ複数の賞を獲得している。

  • 1997年 XRCO 最優秀乱交シーン - 『The Psycosexuals』(ミッシー、ルビー、ミッキー・Gと)[6]
  • 1997年 XRCO Unsung Siren(歌わないセイレーン)[6]
  • 1998年 XRCO 最優秀レズビアンシーン - 『Tampa Tushy Fest 1』(アリーシャ・クラスと)[6]
  • 1999年 AVN 最優秀アナルセックスシーン(映画) - 『The Kiss』(スティーブ・ハッチャー、トニー・テデスキと)[7]
  • 1999年 AVN 最優秀助演女優(映画) - 『The Masseuse 3[7]
  • 1999年 AVN 年間最優秀女優[7]
  • 1999年 XRCO 最優秀レズビアンシーン - 『Torn』(ジンジャー・リンと)[6]
  • 2000年 AVN 最優秀主演女優(映画) - 『Chloe[7]
  • 2000年 AVN 最優秀レズビアンシーン(ビデオ) - 『Tampa Tushy Fest 1』(アリーシャ・クラスと)[7]
  • 2000年 AVN 最優秀アナルセックスシーン(映画) - 『Breaking Up』(クリス・キャノンと)[7]
  • 2000年 AVN 最優秀ソロセックスシーン - 『Chloe's What Makes You Cum?[7]
  • 2000年 XRCO Orgamic Analist(最も興奮させるアナルセックス演者)[6]
  • 2001年 AVN 最優秀助演女優(映画) - 『True Blue[7]
  • 2001年 XRCO 最優秀男女セックスシーン - 『Welcome to Chloeville 3』(マーク・デイヴィスと)[6]
  • 2002年 AVN 最優秀レズビアンシーン(ビデオ) - 『Where The Girls Sweat 5』(テイラー・セント・クレア、シンディ・コックス、フェリシアと)[7]
  • 2005年 AVN 最も風変わりなセックスシーン - 『Misty Beethoven: The Musical』(アヴァ・ヴィンセント、ランディ・スピアーズと)[7]
  • 2006年 AVN殿堂入り[8]
  • 2008年 XRCO殿堂入り[9]

脚注[編集]

  1. Al Kikuras. “Interview with Chloe and Ruby” (英語). unchain.com. 2008年11月17日閲覧。(注:性的な内容を含みます)
  2. Luke Ford. “Biography” (英語). lukeisback.com. 2008年11月17日閲覧。
  3. 3.0 3.1 3.2 3.3 3.4 Rog (2003年1月). “Chloe Interview” (英語). rogreview.com. 2008年11月17日閲覧。(年齢認証あり)
  4. Susannah Breslin. “Extreme Porn Crackdown” (英語). blogspot.com. 2008年11月17日閲覧。
  5. Gene Ross (2005年1月12日). “Chloe: "I've OD'd Four Times"” (英語). AdultFYI. 2008年11月17日閲覧。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 6.5 “XRCO past winners” (英語). http://www.bwdl.net/XRCO-2/oldies.html 2008年11月17日閲覧。 
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 7.4 7.5 7.6 7.7 7.8 7.9 “Past AVN Award Winners” (英語). http://www.avnawards.com/index.php?center=pastwinners 2008年11月17日閲覧。 
  8. “AVN殿堂入りメンバー” (英語). http://www.avnawards.com/index.php?content=halloffame 2008年11月17日閲覧。 
  9. “XRCO殿堂入りメンバー” (英語). http://www.bwdl.net/XRCO-2/hall.htm 2008年11月17日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • クロエ - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  • クロエ - インターネット・アダルト・フィルム・データベース(英語)
  • クロエ - アダルト・フィルム・データベース(英語)
  • AIM Website(英語)
  • インタビュー、Adult DVD Talk(英語)
  • クロエ、Luke is Back.com(英語)

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "クロエ (ポルノ女優)" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:クロエ (ポルノ女優).