ギャヴィン・ウィリアムソン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ギャヴィン・ウィリアムソン(Sir Gavin Alexander Williamson、1976年6月25日 - )は、イギリスの政治家。ノース・ヨークシャー州のスカーブラ出身。

来歴[編集]

レインクリフ・スクール、スカーバラ・シックス・フォーム・カレッジ、ブラッドフォード大学で教育を受けた。

1997年から1998年まで保守党学生委員長を務め、2001年から2005年までノース・ヨークシャー州議会議員を務めた。2005年の総選挙では、ブラックプール・ノース・アンド・フリートウッド選挙区で立候補し、落選した。

2010年の総選挙では、サウス・スタッフォードシャー選挙区で庶民院議員に選出された。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not found大臣の補佐役として運輸大臣政務次官を務め、2013年10月に首相政務次官に任命された。

2016年7月から2017年11月まで、第1次メイ内閣で首席補佐官を務める。その後、2017年11月から2019年5月まで第2次メイ内閣で国防大臣を務めたが、国家安全保障会議からのリークを受けて国防大臣を解任され、ウィリアムソンはファーウェイが英国の5Gネットワークに関与する可能性に関する情報のリークを否定している。

メイ首相の後任の保守党党首に就任したボリス・ジョンソンの選挙戦を支援したウィリアムソンは、2019年7月にLua エラー package.lua 内、80 行目: module 'モジュール:仮リンク/link' not foundとしてすぐに内閣に復帰した。

2021年9月、ジョンソンの内閣改造に伴い解任された。

経歴[編集]

  • 保守党学生委員長(1997年 - 1998年)
  • ノース・ヨークシャー州議会議員(2001年 - 2005年)
  • サウス・スタッフォードシャー・ディストリクトの国会議員(2010年)
  • 運輸大臣政務次官(2010年 - 2013年)
  • 首相政務次官(2013年10月)
  • 首席補佐官(2016年7月 - 2017年11月)
  • 国防大臣(2017年11月 - 2019年5月)
  • 教育大臣(2019年7月 - 2021年9月)

脚注[編集]


This article "ギャヴィン・ウィリアムソン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ギャヴィン・ウィリアムソン.