Welcome to EverybodyWiki ! Nuvola apps kgpg.png Sign in or create an account to improve, watchlist or create an article like a company page or a bio (yours ?)...

キャシー・ウィリアムズ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

キャシー・ウィリアムズ(Cathay Williams)
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
失踪 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
墓地 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
国籍 アメリカ合衆国
別名 ジョン・ウィリアムズ(John Williams)、ウィリアム・キャシー(William Cathay)
職業 兵士、料理人、裁縫師
雇用者 合衆国政府、自営
兵役経験
生誕 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
死没 スクリプトエラー: モジュール「Separated entries」はありません。
所属組織 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
軍歴 1866年 - 1868年
最終階級 二等兵
部隊 第38歩兵連隊、合衆国軍(バッファロー(Buffalo)兵)

キャシー・ウィリアムズ(Cathay Williams、1844年9月 - 1893年)は、『ウィリアム・キャシー』(William Cathay)の偽名で、合衆国陸軍に入隊したアメリカ兵である。彼女は、最初の、入隊したアフリカ系アメリカ人女性であって、唯一の、男性を装って合衆国陸軍に入隊した、文書で立証されている者であった[1]

前半生[編集]

ウィリアムズは、ミズーリ州インディペンデンスで、奴隷状態にある、自由人の男と自由人の女のもとに、生まれ、自分の法的地位もまた奴隷のそれになった。思春期の間、ウィリアムズは、ミズーリ州ジェファーソン・シティーの郊外のジョンソン・プランテーションで屋内奴隷(house slave)として働いた。1861年に、南北戦争初期段階で、北軍はジェファーソンを占領した。そのとき、捕らえられた奴隷らは、北軍によって「密輸品」("contraband")[北軍戦線内に逃亡し、または連行された黒人奴隷]として公式に指名されたし、多くは、料理人、洗濯女、あるいは看護師のような、軍事支援の役割を果たさざるを得なかった。17歳で、ウィリアムズは、しきりに勧められて、ウィリアム・プラマー・ベントン(William Plummer Benton)指揮の、第8インディアナ志願歩兵連隊(8th Indiana Volunteer Infantry Regiment)に所属した。

南北戦争[編集]

つぎの数年間、ウィリアムズは進軍に伴って、アーカンソー、ルイジアナ、そしてジョージアを、第8インディアナとともに旅行した。キャシー・ウィリアムズは、ピーリッジの戦いとレッド川方面作戦に居合わせた。或るとき、彼女は、リトル・ロック(Little Rock)に移動し、そこで彼女はアフリカ系アメリカ人の男らが兵士として役立っているのを見て、これが兵役に対する彼女自身の興味を起こさせたかもしれない。のちに、ウィリアムズは、ワシントンD.C.に移動し、そこで彼女は大将フィリップ・シェリダン(General Philip Sheridan)に指揮された。戦争が終わったとき、ウィリアムズは、ジェファーソン・バラックス(Jefferson Barracks)で働いていた。

合衆国陸軍の兵役[編集]

女性の兵役の禁止にもかかわらず、キャシー・ウィリアムズは、「ウィリアム・キャシー」("William Cathay")という偽名で合衆国正規軍に入隊した[2]が、これは1866年11月15日、ミズーリ州セントルイスでのことで、35年契約で、彼女は男になりすました。彼女は、大急ぎで診察を受けたのち、第38合衆国歩兵連隊(38th United States Infantry Regiment)に任命された[2]。残り2人だけが詐欺を知っていたことが知られていて、その彼女のいとこおよび友人の2人ともは、彼女の連隊の同僚兵士であった。

ウィリアムズは、入隊直後に、天然痘にかかり、入院加療を受け、部隊に復帰したが、部隊はそのときまでにニューメキシコに配置されていた。ことによると天然痘の影響、ニューメキシコの熱さ、あるいは進軍の多年の累積的な結果のために、彼女の肉体は過労の兆しを示し始めた。 彼女はしばしば入院加療を受けた。配置地の外科医は、彼女が女性であることに気づき、配置地の司令官に通報した。彼女は1868年10月14日に、部隊長(commanding officer)である大尉チャールズ・E・クラーク(Captain Charles E. Clarke)によって除隊させられた。

兵役後の年月[編集]

キャシー・ウィリアムズは、ニューメキシコ州フォート・ユニオン(Fort Union)に料理人として働きに行き、のちにプエブロ_(コロラド州)に移った。ウィリアムズは結婚したが、夫が彼女の金(かね)とひとつなぎのウマを盗んだとき、それは破滅的に終わった。ウィリアムズは夫を逮捕させた。彼女はつぎにトリニダード_(コロラド州)に移り、そこで彼女は女性裁縫師として暮らしを立てた。彼女はまた、賄い付きの下宿屋を所有していたかもしれない。 ウィリアムズの話がおおやけになるのは、このころであった。 セントルイスからの記者が、兵役に服したアフリカ系アメリカ人女性のうわさを聞き、彼女にインタヴューしに来た。彼女の人生と兵役の物語は、1876年1月2日に『The St. Louis Daily Times』に掲載された。

キャシー・ウィリアムズのアメリカ軍の年金の記録

1889年後半あるいは1890年前半に、キャシー・ウィリアムズは、地元の病院にはいり、そこにしばらくとどまり、1891年6月に、兵役にもとづく障害年金を申請した。彼女の病気と障害の性質は、不明である。女性兵士に年金を支給する前例は、あった。1816年のデボラ・サンプソン(Deborah Sampson)、アンナ・マリア・レーン(Anna Maria Lane)、そしてメアリー・ヘーズ・マコーリー(Mary Hayes McCauley)(モリー・ピッチャーとしてのほうがよく知られる)は、アメリカ独立戦争の兵役で年金を支給されていた。

健康の衰えと死亡[編集]

1893年9月に、合衆国年金局(U.S. Pension Bureau)に雇われた医師が、キャシー・ウィリアムズを検査した。神経痛と糖尿病にかかり、すべての足指を切断し、松葉杖をつかってしか歩けないにもかかわらず、医師は、彼女は障害支払いの資格はない、と判断した。彼女の申請は拒まれた[3][4]

ウィリアムズの死亡の正確な日付は不明であるが、彼女は年金を拒まれた直後、十中八九(probably)1893年のいつかに、死亡したと推定されている。彼女の質素な墓標は、木製でずいぶん前に悪化したであろう。したがって彼女の休息の場所は、知られていない。

栄典[編集]

2016年に、彼女に関する情報を特筆し、バラ園に取り囲まれた、キャシー・ウィリアムズの胸像の除幕が、レブンワース_(カンザス州)のリチャード・アレン・カルチュラル・センター(Richard Allen Cultural Center)の外でおこなわれた[5]

2018年に、国立歩兵博物館(National Infantry Museum)の名誉の歩道(Walk of Honor)で二等兵キャシー・ウィリアムズ(Private Cathay Williams)の記念ベンチが、除幕された[6]

脚注[編集]

  1. Tucker, Phillip Thomas (2002-01-01) (英語). Cathy Williams: From Slave to Female Buffalo Soldier. Stackpole Books. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found. https://books.google.com/books?id=jWPL8OrbbacC&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 
  2. 2.0 2.1 Pennington, Reina (2003). Amazons to Fighter Pilots - A Biographical Dictionary of Military Women. Westport, Connecticut: Greenwood Press. pp. 482–483. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found 
  3. Voices of the Buffalo Soldier: Records, reports, and recollections of military life and service in the West. Edited by Frank N. Schubert. Albuquerque: University of New Mexico Press, 2003, p. 33.
  4. Disapproved Pension Application File for Cathay Williams (aka William Cathay), 38th U.S. Infantry Regiment, Company A (SO-1032593)”. 2018年2月20日閲覧。
  5. Davismirandadavis, Miranda (2016年7月22日). “Monument to female Buffalo Soldier is dedicated in Leavenworth | The Kansas City Star”. Kansascity.com. 2016年7月30日閲覧。
  6. Olivia Gunn (2018年2月16日). “WTOC”. M.wtoc.com. 2018年2月20日閲覧。

外部リンク[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:No globals' not found


This article "キャシー・ウィリアムズ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:キャシー・ウィリアムズ.


Compte Twitter EverybodyWiki Follow us on https://twitter.com/EverybodyWiki !

Farm-Fresh comment add.png You have to Sign in or create an account to comment this article !<comment-streams/>