エリザベット・ボルヌ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found スクリプトエラー: モジュール「Unsubst」はありません。

フランスの旗 フランスの政治家
エリザベット・ボルヌ
Élisabeth Borne
Informal meeting of energy and transport ministers (TTE). Arrivals, transport ministers Elisabeth Borne (37190062412) (cropped).jpg
2017年9月
生年月日 (1961-04-18) 1961年4月18日(61歳)
出生地 フランスの旗 フランス・パリ
出身校 エコール・ポリテクニーク
国立土木学校
Collège des Ingénieurs
所属政党 (社会党→)
共和国前進/進歩の領域[1]
称号 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ

フランスの旗 フランス
第25代首相
内閣 エリザベット・ボルヌ内閣
在任期間 2022年5月16日 - 現職
大統領 エマニュエル・マクロン

フランス
国民議会議員
選挙区 カルバドス第6区
在任期間 2022年6月19日 - 現職
大統領 エマニュエル・マクロン

フランス
労働大臣
内閣 ジャン・カステックス内閣
在任期間 2020年7月6日 - 2022年5月16日
大統領 エマニュエル・マクロン

フランス
環境大臣
内閣 第2次エドゥアール・フィリップ内閣
在任期間 2019年7月16日 - 2020年7月6日
大統領 エマニュエル・マクロン
テンプレートを表示

エリザベット・ボルヌ(Élisabeth Borne、1961年4月18日 - )は、フランスの政治家。同国首相。エディット・クレッソンに続き史上二人目となる女性首相。

来歴[編集]

実業家 ヴァンサン・ボロレらと(2015年12月10日)

パリ出身[2]。父親のジョゼフ・ボーンスタインは第二次世界大戦初めにフランスに逃れてきたポーランド系ユダヤ人であった。父親はフランス人の女性と結婚し、製薬研究所を設立し、運営した[3][2]。ボルヌはパリの高校に進学。エコール・ポリテクニーク、国立土木学校などを卒業した[4]

2014年から2015年までエコロジー・持続可能開発・エネルギー大臣のセゴレーヌ・ロワイヤルの私設秘書を務めた[5] 。2015年から2017年までパリ交通公団の総裁を務めた[6][7]

2017年5月17日、交通担当大臣に就任。2019年7月16日、環境連帯移行大臣に就任。2020年7月6日、労働・雇用・社会復帰大臣に就任[8]

2022年5月16日、ジャン・カステックス率いる内閣が総辞職。同日、エマニュエル・マクロン大統領は新首相に任命した[9][10][11]。6月の議会総選挙では与党が大敗し、6月21日に首相辞任を申し出たがマクロンはこれを拒否[12]。6月25日に新内閣を組閣するよう要請した[13]

脚注[編集]

  1. Clément Beaune rejoint les macronistes de gauche” (フランス語). l'Opinion (2020年11月20日). 2022年7月12日閲覧。
  2. 2.0 2.1 Sage, Adam (2022年5月17日). “Elisabeth Borne: France's first female prime minister for 30 years seeks unity”. The Times. https://www.thetimes.co.uk/article/elisabeth-borne-frances-first-female-prime-minister-for-30-years-seeks-unity-30g9hbc89 2022年5月17日閲覧。 
  3. Bloch, Ben (2022年5月17日). “France's new prime minister is the daughter of a Holocaust survivor and French Resistance hero”. The Jewish Chronicle. https://www.thejc.com/news/world/france's-new-prime-minister-is-the-daughter-of-a-holocaust-survivor-and-french-resistance-hero-5ujMXmR2BbPn36a1N6JVj7 2022年5月17日閲覧。 
  4. 久野華代 (2022年5月17日). “フランスに31年ぶり2人目の女性首相 ボルヌ氏任命 クレッソン氏以来”. 毎日新聞. 2022年5月17日閲覧。
  5. La préfète de Poitou-Charentes nommée directrice de cabinet de Ségolène Royal Le Monde, April 24, 2014.
  6. Philippe Jacqué, Cédric Pietralunga and Isabelle Chaperon (March 24, 2015), RATP : Elisabeth Borne devrait remplacer Pierre Mongin Le Monde, April 24, 2014.
  7. Nussbaum, Ania; Adghirni, Samy (2022年5月17日). “マクロン大統領、新首相にボルヌ氏を任命-仏史上2番目の女性首相”. ブルームバーグ. https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-05-16/RBZK38T0G1L401 2022年5月17日閲覧。 
  8. エリザベット・ボルヌ労働・雇用・社会復帰大臣”. 在日フランス大使館. 2022年5月17日閲覧。
  9. 仏新首相にボルヌ労働相、30年ぶり史上2人目の女性”. ロイター (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  10. フランス新首相に前労相ボルヌ氏 女性は2人目、約30年ぶり”. 共同通信 (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  11. フランス 新首相にボルヌ氏任命 女性首相は30年ぶり 史上2人目”. NHK (2022年5月17日). 2022年5月17日閲覧。
  12. “French President Macron rejected Prime Minister Borne's offer to resign”. ロイター. (2022年6月21日). https://www.reuters.com/world/europe/french-president-macron-rejected-prime-minister-bornes-offer-resign-2022-06-21/ 2022年7月3日閲覧。 
  13. “France's Macron asks Prime Minister Elisabeth Borne to propose new government”. France 24. (2022年6月25日). https://www.france24.com/en/europe/20220625-france-s-macron-asks-prime-minister-to-propose-new-government-to-be-named-in-july 2022年7月3日閲覧。 

外部リンク[編集]

  • Lua エラー モジュール:Twitter 内、8 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)
  • Élisabeth Borne - Facebook
公職
先代:
ジャン・カステックス
フランスの旗 フランス共和国首相
2022年5月16日 -
次代:

スクリプトエラー: モジュール「navbox/former」はありません。


This article "エリザベット・ボルヌ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:エリザベット・ボルヌ.