イスキア・ハスビン・シチェス・パステン

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索



この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はシチェス、第二姓(母方の姓)はパステンです。
イスキア・ハスビン・シチェス・パステン
Izkia Siches
Izkia Siches' Official Portrait, 2022.jpg
生年月日 (1986-03-04) 1986年3月4日(36歳)
出身校 チリ大学医学部
配偶者 Christian Antonio Yaksic Zúñiga
テンプレートを表示

イスキア・ハスビン・シチェス・パステン ( Izkia Jasvin Siches Pastén, アリカ 、 1986年3月4日-)は、チリの医師兼政治家である。彼女は、2022年3月11日以来、ガブリエル・ボリッチ政権下の内相である。チリの歴史上、この地位に就いた最初の女性になった。 [1] [2]彼女は、2017年5月から2021年11月まで、チリ医科大学(Colmed)の学長を務めていた。 [3]

バイオグラフィー[編集]

初期と家族[編集]

彼女は1986年3月4日に、アリカで生まれ、会計士のGuido SaidSichesBahamondesと医療技術者のMiriamNoraPastenÁvalosの夫妻の結婚の次女[4]である。 [5]彼女ははサンティアゴ市のマイプのコミューンで幼少期を過ごた。 [6]

彼女は2019年5月20日、コキンボ地方のラセレナで、クリスチャンアントニオヤクシックズニガとシビルユニオン契約した。 [7] 2021年4月、彼女は娘のカーラの誕生を発表した。 [8]

研究とプロとしてのキャリア[編集]

彼女は、マイプのベルナルドオヒギンズ学校で学び、2002年の初めに卒業した。 [9] 2004年に彼女は、チリ大学のその分野の学部で医学を勉強するために入学した。 [10] 2008年に彼女は医学生協会の臨床分野を担当していた。彼女は仲間の何人かと一緒に、記憶が保存されている雑誌海馬を作成した。そこでは夢が生まれる[11]

外科医を卒業後、内科を専門とし、チリ大学で公衆衛生の修士号を取得した。 2014年以来、彼はキンタノルマル地区のサンファンデディオス病院の感染症ユニットで働いており、そこでHIV患者を治療した。 [6] [4]

政治生活[編集]

学生と組合のリーダー[編集]

2014年に当時のバチェレ大統領とモリーナ大臣とシチェス(背後の白い服を着たのが彼女)

彼女は、2004年にチリ大学に入学した際にチリ共産党青年(JJCC)に入ったが[4] 、3年後、サンファンデディオスの臨床キャンパスでインターンシップを行っていたときに辞任した。 [4] [12]

大学では、彼女は西部医学部の学生センターの会長であり、学生連盟(FECh)のカウンセラーだった。 [13]その後、彼は2010年から2012年の期間に大学上院に加わった。 [4]

2014年に、彼女はチリ医科大学(Colmed)のサンティアゴ地域評議会の会長になった。 2年後、彼は「ブランドのない医師」という組織に加わった。 [4]

医科大学学長[編集]

2017年、彼女はコルメッドの首長に選出された。これは、この役職に就いた最初の女性であり、最年少の女性でもある。 [6] [4]彼女は投票の53%で、ギルドのエンリケパリの当時の首長を破った。 [4]当時、El Mercurio紙は、彼女が政治から距離を置き、傍観者であることを好むことを示したものの、Frente Amplio(FA)と関係があると指摘し、[14] 、彼女が率いるリストには、異なる政治的思想を持つ人々が含まれていると述べた。 [15]

コルメッドの首長として、2018年のミンサル活動に参加したシチェス 。

チリでのCOVID-19のパンデミックの間、2020年に、彼女の姿は、医師会の会長として、ウイルスのより良い封じ込めのためのプロトコルを仲介、推奨、または生成するという彼女の役割のために主導的な役割を果たした。政府の危機対応に疑問を呈し、政府寄りの人物と意見の相違やすれ違いが生じた。2021年11月の選挙では、経験不足を理由に立候補を断念し、大統領選の選択肢として登場するほど、彼女の人気は上昇した。 [16] [17] [18] [19] [20] [21]

2020年12月、「Transformando Junt@s el Colmed y la Salud de Chile」(コルメドとチリの健康を共に変革する)というリストを率いてチリ医師会の再選に立候補し、この選挙では歴史的な投票率(68.76%)を記録、全国理事会が51.78%の票を得て勝利した。 [22] [23] [24]

自らをフェミニストと宣言し、医師会会長の立場から女性の権利の尊重、ジェンダーパリティ、あらゆる虐待やハラスメントを避けるためのプロトコルなどを要求し、国際女性デーなどの行進にも参加している。 [25] [26] [27]

ガブリエル・ボリッチ・フォント大統領選挙[編集]

2021年11月25日、医師会会長を辞任し、ガブリエル・ボリッチの大統領選挙に参加、アプルーボ・ディグニダッド連合候補のキャンペーン・マネージャーを引き受けた。[28] [29]後任には、コレヒオ・メディコの初代ビデオプレジデントであるパトリシオ・メザ・ロドリゲスが就任した。 [30]第2ラウンドの選挙戦では、彼は主役として全国を回り、アナリストやボリッチ自身の指揮によれば、第1ラウンドで候補者が北部に持っていた悪い結果を逆転させることができたという。 [31] [32]

内務大臣[編集]

イズキア・シチェスは、2022年3月の就任式でガブリエル・ボリッチ大統領と共演した。

2022年1月21日、すでに次期大統領に就任していたガブリエル・ボリッチによって内務・公安大臣に任命され、同省史上初の女性大臣、また1990年の民主化以降初の無党派層、1959年以来初の医療職の女性大臣になった。[33] 1990年に民主主義に復帰して以来初めて政党に所属せず、 1959年以来最初の医療専門家。彼女は2022年3月11日に就任し、政権が正式に発足した。 [2]政治憲法第4章第29条(政府)によると、同職の他の条項の中に、「一時的な障害または空席(一般に在職中の大統領の国内不在による)の場合」に、優先順位に従って共和国の副大統領に就任するというものがあるため、ボリッチがアルゼンチンを訪問した際、同年4月4日から6日にかけて初めてこの機能を発揮し、史上初の副大統領となったのである。 [34]

謝辞[編集]

彼女は、「彼女は関連する人物になり、世論において高いレベルの信頼と信頼を獲得した」ため、チリの国際報道特派員協会(ACPI)によって2020年の人物に選ばれた。 [35] [36]

2021年、タイム誌は彼女を未来の100人のリーダーの1人として強調し、彼女のレビューはミシェル・バチェレによって書かれた。 [37]その年の3月、彼女はWomenEconomicForumからExceptionalWomenofExcellence賞を受賞した。 [38]

ノート[編集]

参考文献[編集]

  1. Mostrador, El (2022年1月21日). “Presidente Boric nombra a los 24 integrantes de su gabinete: tendrá mayoría femenina, contará con la primera ministra del Interior de la historia y con varias figuras de la ex Concertación” (スペイン語). El Mostrador. 2022年1月21日閲覧。
  2. 2.0 2.1 Gabinete del presidente Gabriel Boric asume oficialmente sus cargos”. Biobio Chile (2022年3月11日). 2022年3月11日閲覧。
  3. Izkia Siches por renuncia al Colegio Médico y apoyo a Gabriel Boric: “Estoy disponible para cualquier cosa para que efectivamente ganemos en diciembre””. Radio Universidad de Chile (25 de noviembre de 2021). 21 de diciembre de 2021閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 4.3 4.4 4.5 4.6 4.7 Alex von Baer (23 de octubre de 2020). “20 cosas que hay que saber de Izkia Siches”. www.ex-ante.cl. 22 de enero de 2022閲覧。
  5. Registro Civil de Arica, libro de nacimientos, año 1986, inscripción número 672.
  6. 6.0 6.1 6.2 Chilevisión noticias (17 de marzo de 2020). “Quién es Izkia Siches, una de la mujeres protagónicas en la lucha contra el COVID-19”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. Registro Civil de La Serena, acuerdo de unión civil, año 2019, inscripción número 88.
  8. T13. “"Modo destruida, pero feliz": Izkia Siches anunció nacimiento de su hija con tierna fotografía”. https://www.facebook.com/teletrece. 2021年5月12日閲覧。
  9. Revista Paula (19 de octubre de 2018). “Izkia Siches Pastén: “Quisiera seducir a todos con el feminismo””. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. Pauta (18 de marzo de 2020). “La figura positiva en medio de la crisis: Izkia Siches”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  11. Seis historias para entender más a Izkia Siches”. The Clinic (20 de marzo de 2020). 13 de junio de 2020閲覧。
  12. Gutiérrez, María José. “Los 14 momentos que definen a Izkia Siches”. Diario Financiero. 2022年1月31日閲覧。
  13. Integrantes Senado Universitario 2010-2012”. Universidad de Chile. 13 de junio de 2020閲覧。
  14. Izkia Siches, de dirigente estudiantil a la primera mujer presidenta del Colegio Médico”. EMOL (29 de mayo de 2017). 13 de junio de 2020閲覧。
  15. Nueva presidenta del Colegio Médico se desmarca de la política: “Ni Frente Amplio ni Nueva Mayoría, me mantengo al margen””. Publimetro (29 de mayo de 2017). 13 de junio de 2020閲覧。 “Frente Amplio no, yo vengo del mundo más tradicional como Nueva Mayoría, pero tampoco quiero ahora la Nueva Mayoría, así que me mantengo al margen. Nosotros tenemos el apoyo de médicos que vienen con distintas ideas, independiente si se sienten del Frente Amplio, otros de la DC, u otros que son claramente de derecha. Somos médicos que teníamos ideas distintas y habíamos logrado crear un programa que le hacía sentido a la mayoría de los colegas.”
  16. Sanhueza, Ana María (18 de marzo de 2020). “La presidenta del Colegio Médico se vuelve la figura positiva en medio de la crisis”. Pauta FM. 29 de diciembre de 2020閲覧。
  17. Montes, Rocío (19 de marzo de 2020). “Izkia Siches, la figura que se potenció en medio de la pandemia”. Diario Financiero. 29 de diciembre de 2020閲覧。
  18. Siches le da 30 días al Gobierno para cumplir compromisos del Minsal y no descarta movilizaciones”. Teletrece (18 de noviembre de 2020). 29 de diciembre de 2020閲覧。
  19. Azocar, Pedro (10 de julio de 2020). ““Quiero saludar a mi presidenta del Colegio Médico”: La historia completa entre Enrique Paris e Izkia Siches”. Chilevisión noticias. 22 de diciembre de 2020閲覧。
  20. Críticas a Izkia Siches y en contra de la cuarentena total: La postura de Enrique Paris durante la crisis sanitaria”. CNN Chile (13 de junio de 2020). 22 de diciembre de 2020閲覧。
  21. Izkia Siches por candidatura presidencial: “Me falta experiencia, así que lo descarto””. CNN Chile (6 de septiembre de 2020). 22 de diciembre de 2020閲覧。
  22. Conoce a los integrantes de la Lista A que postula a la Mesa Directiva Nacional del Colegio Médico de Chile”. Colegio Médico de Chile (4 de diciembre de 2020). 29 de diciembre de 2020閲覧。
  23. Izkia Siches fue reelecta como presidenta del Colegio Médico tras elecciones con alta participación”. Radio Bío-Bío (13 de diciembre de 2020). 29 de diciembre de 2020閲覧。
  24. Rocío Latorre (15 de diciembre de 2020). “Izkia Siches, reelecta en el Colmed: “Si la curva sigue en ascenso, somos partidarios de una medida de confinamiento precoz, estricta y breve””. La Tercera. 29 de diciembre de 2020閲覧。
  25. Izkia Siches Pastén: "Quisiera seducir a todos con el feminismo"”. La Tercera (19 de octubre de 2018). 8 de enero de 2021閲覧。
  26. Dirigentas del Colmed participaron en multitudinaria marcha del 8M”. Colegio Médico de Chile (9 de marzo de 2020). 8 de enero de 2021閲覧。
  27. Izkia Siches: La historia de la mujer que lidera el Colegio Médico”. Teletrece (30 de julio de 2020). 8 de enero de 2021閲覧。
  28. Silva, Daniela (2021年11月25日). “Izkia Siches renuncia a la presidencia del Colegio Médico para apoyar la campaña de Gabriel Boric: “Nuestro país enfrenta un reto crucial hacia el futuro””. La Tercera. 2021年11月25日閲覧。
  29. Garrido, Mónica (2021年11月26日). “Boric oficializa a Izkia Siches como nueva jefa de campaña”. La Tercera. 2021年11月26日閲覧。
  30. Declaración Pública Colegio Médico De Chile sobre renuncia de presidenta Dra. Izkia Siches”. Colegio Médico de Chile (25 de noviembre de 2021). 25 de noviembre de 2021閲覧。
  31. Artaza, Francisco (2021年12月20日). ““La jefa”: el poder de Izkia Siches en el equipo del nuevo Presidente”. La Tercera. 2022年1月31日閲覧。
  32. Molina, Federico Rivas (2022年1月8日). “Izkia Siches, la médica que fraguó la victoria de Gabriel Boric en Chile”. El País. 2022年1月31日閲覧。
  33. Izkia Siches será la primera ministra del Interior del país”. Radio Cooperativa (21 de enero de 2022). 22 de enero de 2022閲覧。
  34. La ministra del Interior Izkia Siches se inscribe en la historia (otra vez): es la primera vicepresidenta de Chile”. www.redgol.cl (4 de abril de 2022). 6 de abril de 2022閲覧。
  35. Izkia Siches, personaje 2020”. Agenzia Nazionale Stampa Associata (29 de diciembre de 2020). 8 de enero de 2021閲覧。
  36. Periodistas escogen a Izkia Siches Pasten como “personaje del año””. CírculodePeriodistas.cl (30 de diciembre de 2020). 8 de enero de 2021閲覧。
  37. Revista Time destaca a Izkia Siches como una de las 100 líderes del futuro” (español). Emol (2021年2月17日). 2021年2月17日閲覧。
  38. Izkia Siches, Paula Daza y Patricia Muñoz reciben el premio “Mujer de excelencia” del Women Economic Forum” (スペイン語). CNN Chile. 2021年3月22日閲覧。


This article "イスキア・ハスビン・シチェス・パステン" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:イスキア・ハスビン・シチェス・パステン.