アロハ・オエ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

リリウオカラニ女王

アロハ・オエ(ハワイ語: Aloha ʻOe)は、ハワイ王国第8代女王リリウオカラニによって作られた歌[1]

ハワイを代表する曲として世界中で広く親しまれている[1]。「アロハ・オエ」は「我が愛をあなたに」[2]または「さようなら」を意味する[3]

製作年次と歌詞の意味について[編集]

この曲の譜面は1895年に発売され、たちまちミリオンセラーの大ヒットとなったが、製作された時期に関しては1883年にサンフランシスコで初演されたという説と、ハワイ王国が白人勢力の圧力により崩壊する前後[注釈 1]に作られたとする2つの説が存在する。また、リリウオカラニが獄中でハワイ王国との別れを惜しんで1890年代に作った、という俗説もあるがこれは疑わしいとされる[4]。少なくとも、リリウオカラニによる1877年付の自筆メモによって女王作であることは裏付けられている[4]

歴史家のラヒラヒ・ウェッブの記録によれば、1878年[要検証]にまだ若い王女であったリリウオカラニが、オアフ島北部のマウナヴィリ(en:Maunawili)という場所で、ある少女と軍人との別れの光景を目にして書いた詞であるとされており、一般的にはこれが定説となっている。

世界大百科事典(平凡社)では「ハワイ王国最後の女王リリウオカラニ女王自身の作詞」「リリウオカラニ女王が(女王就任前、王女時代の)1878年に作った」「アロハ・オエによりハワイアンの古典様式が完成し(中略)1930年代ハワイ音楽ポピュラー化が進行した」と断定されている[3]

ハワイ州立公文書館は、アロハオエの楽譜と歌詞が収録されたリリウオカラニ本人所有だった「A Book of Hawaiian Songs」という名の歌集原本を保管している[5]。同州会計・総合サービス部がその歌集の電子版を公表しており、歌詞自体はタイプされたものだが、手書きによる推敲の跡や注釈が見られる他、多くの曲に署名と制作年がやはり手書きで添えられている[6]。アロハオエについてはリリウオカラニの愛称リリウという署名と直筆で「マウナヴィリ、1877」と書き添えられている[6]

しかしながら歌詞の内容が、雨を共和制実現を目指す白人勢力、花を国民の暗喩と考えれば、王国の滅亡が目前となった当時の状況や女王の心情に驚くほど見事に符合することから、1883年初演説は強引な従属国化・併合に対する世論の反発を恐れた当時のアメリカ人による捏造ではないかと考える人[誰?]も存在する[要出典]

また、アロハ・オエのメロディーは後に、イエス・キリストの再臨による平和の回復を待望するという内容の歌詞が新たに付けられ、讃美歌[注釈 2]としても使用されている。

なお、作曲については、既存の歌曲からの借用であるという指摘もある[誰?]。具体的には、本曲部分のメロディはC.C.Converseの"The Rock Beside the Sea"(1857年)に、サビのリフレイン部分はG.F.Rootの"There's Music in the Air"(1854年)に、それぞれ酷似しているとされる[要出典]

歌詞については、作詞者である女王は単なる恋歌として考えていたにも関わらず、葬儀の場で別離の歌として用いられた事実そのものに女王自身が驚いたというエピソードが伝わる[4]

ハワイ語と英語の歌詞[編集]

Haʻaheo ka ua i nā pali Proudly swept the rain by the cliffs
Ke nihi aʻela kanahele As on it glided through the trees
E hahai ana paha i ka liko Still following ever the "liko"[注釈 3]
Pua ʻāhihi lehua o uka The ʻāhihi lehua[注釈 4] of the vale
〈Hoʻōho〉[注釈 5] (Chorus)
Aloha ʻoe, aloha ʻoe Farewell to thee, farewell to thee
E ke onaona noho i ka lipo Thou charming one who dwells in the shaded bowers
A fond embrace a hoʻi aʻe au One fond embrace ere I depart
Until we meet again Until we meet again
   
ʻO ka haliʻa ʻloha i hiki mai Thus sweet memories come back to me
Ke hone ae nei ku ʻu manawa Bringing fresh remembrances of the past
ʻO ʻoe nō kaʻu ipo aloha Dearest one, yes, thou art mine own
A loko e hana nei From thee, true love shall ne'er depart
〈Hoʻōho〉 (Chorus)
Aloha ʻoe, aloha ʻoe, & c.[注釈 6] Farewell to thee, etc.
Maopopo kuʻu ʻike i ka nani I have seen and watched thy loveliness
Nā pua rose o Maunawili Thou sweet rose of Maunawili
I laila hiaʻai nā manu And 'tis there the birds oft love to dwell
Mikiʻala i ka nani o ka lipo And sip the honey from thy lips
〈Hoʻōho〉 (Chorus)
Aloha ʻoe, aloha ʻoe, & c.[6] Farewell to thee, etc.[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ハワイ王国が本格的にアメリカ人資本家の傀儡となるのは1887年の憲法修正以降とされる。
  2. 聖歌621番(新聖歌464、聖歌 (総合版)667番)「けがれとあらそいは (Until Thou comest again)」
  3. ハワイ語で花の蕾の意味。身分の高い人の子供や若い人の比喩にも使われ
  4. Lehua(レフア)はハワイの樹木オヒアレフア(en:Metrosideros polymorpha)に咲く花。レフアの花には愛しあう者の離別と悲しみの雨にまつわる伝説がある。
  5. ハワイ語で多数で声を一緒にして強調すると意味で、この場合コーラスの意。現代ではフイ(hui)というハワイ語が良く使われる。
  6. "c."はコーラス(chorus)の略。

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 中嶋p.107
  2. 精選版 日本国語大辞典. “アロハオエ” (日本語). コトバンク. 2021年12月21日閲覧。
  3. 3.0 3.1 世界大百科事典第2版. “《アロハ・オエ》” (日本語). コトバンク. 2021年12月21日閲覧。
  4. 4.0 4.1 4.2 日本大百科全書(ニッポニカ). “アロハ・オエ” (日本語). コトバンク. 2021年12月21日閲覧。
  5. Music from Queen Lili‘uokalani Manuscript Collections” (英語). ags.hawaii.gov. 2021年12月19日閲覧。
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 The personal hand-written songbook of Liliʻuokalani” (ハワイ語). State of Hawaii - Department of Accounting and General Services. pp. 4-5. 2021年12月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • 中嶋弓子『ハワイ・さまよえる楽園』東京書籍、1993年。モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 4-487-75396-1

関連項目[編集]

  • ベニー・アグバヤニ - 応援歌として使用されていた

Lua エラー モジュール:Authority_control 内、423 行目: attempt to index field 'wikibase' (a nil value)


This article "アロハ・オエ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アロハ・オエ.