Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

アグアルディエンテ

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 アグアルディエンテ(スペイン語: Aguardiente)は、アルコール発酵から蒸留したアルコール飲料です。フルーツ、シリアル、野菜、穀物など、パスタや発酵ジュースの抽出に使用される有機農薬は多種多様です。ブランデーアルコールは水で希釈されているため、アルコールは飲料の製造に不可欠です。したがって、Brandyの名前はラテン語の "Ardens"の "Aqua"と語彙素の "Ardie"に由来しています。その名前は液体アルコール性物質そのものの意味であるとも言われています。 「Aguardiente」摂取とは、蒸留によって得られる実質的にすべてのアルコール飲料を意味しますが、その名称は主に30〜59%のアルコール度またはアルコール量を持つものに適用されます。

コロンビアからのaguardienteのボトル

蒸留飲料の生産の出現は古代のアラブの錬金術師による静止画と漂白剤の使用に関連していますが、蒸留方法は「昔」の終わりとその原則まで完全には発展しませんでした「平均年齢」蒸留飲料の製造は、蒸留の種類、蒸留原料、およびさまざまな添加剤に応じて与えられる多種多様なフレーバー、色および香りに道を譲る、ヨーロッパおよび世界全体に広がります。これらの特性は習慣に従って、また用語aguardienteの使用に従って文化ごとに変化します。

歴史[編集]

昔は蒸留の技術はすでに知られていましたが、それは香水には使われていましたがアルコール飲料には使われていませんでした。蒸留の芸術はスペインを通して中世のアラブ文化の手によって西洋文化に入ります。 Alambiqueはアラビア語の単語で、「アルコール」と同じ意味で、ヨーロッパの言語に伝えられています。このような砂糖などの他のアラブの発明の名前は、記事なしでヨーロッパの言語に渡します:スクレ、ズッカー、砂糖、ズッキーロ、など古典的なラテン語ではアルコールの言葉はありません。ラテン語がアルコールという言葉をラテン語にするのを避けて、中世後期に初めてラテン語が "spiritus vini"と呼ばれるようになります。

蒸留アルコール飲料の製造技術の導入、または少なくともその普及は、「Elixir de vinorum」という題名の作品の翻訳であるとされているArnau de Vilanova(1240-1311)に起因する(おそらく誤って)。“Elixir de vinorum mirabilis specierum et artificiatum vinum”。彼の弟子のRaimundo Lulioと一緒に、人生のエリクサーや永遠の若さのエリクサーを求めて、彼らはその本質を引き出すためにアレンビックのワインの水差しを空にする実験をすることを決心した。その結果、澄んだ無色の水が得られました。これは、飲み込んだ後に経験された多幸感のせいでそれが本当に命の水であることを示しているように見えました。 Agua de vidaのほかに、それはその低い可燃性のために Aguar Ardienteとも呼ばれました。

結局、彼は次のように洗礼を受けました、Kohol 。後に蒸留の最初と最後の船の不健康さを発見しました。それは蒸留の頭と尾と呼ばれています。 Thanto VilanovaとLulioは言及されたものを含む錬金術に関連した多数の作品に起因していましたが、どちらも錬金術を強く非難し、それらがこれらの発見とはほとんどまたは全く関係ないと確実に言えるでしょう。 Ezio Falconiは、「aqua vitae」という言葉を最初に使用したことで、多くの言語でブランデーを表すのに使用されています。これらは彼の言葉です:

「恒久的な水や黄金の水は寿命を延ばします。それが命の水と呼ばれるに値する理由です」

関連項目[編集]

  • シュナップス


This article "アグアルディエンテ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アグアルディエンテ.