アイブロックス災害

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

アイブロックス災害、1902年(Ibrox Disaster, 1902)
Disaster-ibroxi6.jpg
崩壊したウェスト・トリビューン・スタンド
日付 1902年4月5日 (1902-04-05)
時刻 15時30分と16時00分の間
場所 イギリス、スコットランド、ガバン、アイブロックス・パーク
死者 25人
負傷者 500+人

1902年アイブロックス災害(1902ねんアイブロックスさいがい、1902 Ibrox disaster)は、1902年のイギリス、スコットランド、ガバンのアイブロックス・パークのスタンドの崩壊である。この事象は、1901年–1902年ブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップの一環として、1902年4月5日にスコットランドとイングランドの間で行われた国際アソシエーション・フットボールの試合中の、サポーター25人の死亡、さらに500人の負傷につながった。

アイブロックス・パークは事件前3年以内に建設を完了していて、最初の国際試合を主催し、群衆は68,000人超と推定されていた。試合はオープニング以来、半分以上の収容能力でグラウンドが使用された最初であった。スコットランドは、ブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップを勝ち取るために敗北を回避することのみを必要としてゲームに参加した。試合の前半中に、新しく建てられたウェスト・トリビューン・スタンドの一部が崩壊し、200人から300人が下のコンクリートの床に落ちた。観客2人が現場で死亡を宣告されたし、直後の事件でさらに23人が負傷のために死亡したし、最後の犠牲者は3週間後に死亡した。

崩壊にもかかわらず、試合は休憩後に最終的に再開された。それは当局は、群衆をからにすることが救出の試みを妨害し、さらなるパニックにつながるのではないかとあやぶんだから。両チームは試合を再開したし、1対1の引き分けで終わったけれども、スコットランド・フットボール協会とフットボール協会の両者がともに後で結果を無効にすることに同意した。再試合は急いで組織され、1か月後にバーミンガムのビラ・パークでおこなわれたし、試合の収益はすべて、災害の犠牲者らのための救援基金に寄付された。災害はスタジアム設計のオーバーホールにつながったし、段にされた木のスタンドが大部分が土またはコンクリートの堤防に置き換えられた。

背景[編集]

レンジャーズは1872年に設立され、グラスゴー地域のさまざまな地元グラウンドでプレーし、最終的にキニング・パークに落ち着いていた。しかしながら、当初2000であったがしかし後に7000に拡大されたグラウンドの収容能力は、クラブの試合の需要を満たすのに苦労していたし、開催地の地主らは、最終的にレンジャーズを動かして敷地を開発した[1]。クラブはこれと戦うために、1887年にガバンのバラの南に最初のアイブロックス・パークを建設したし、新グラウンドは12年間使用され続けた[2]。オールド・ファームのライバル ケルティックによる1892年のケルティック・パークの建設は、レンジャーズがスコティッシュ・カップ決勝戦またはスコットランド国際試合を主催するチャンスを競うために改善された開催地を探すことにつながったし、これは、ホストら、特にイングランドに対する試合にかなりの収入をもたらし得た[3]。これら国際試合を取り巻く熱狂はこのようで、『The Times』は、「アテンダンスはグラウンドの大きさによってのみ制限される」("attendance is limited only by the size of the ground")と述べた[4]。元のアイブロックス・パークは1892年にイングランド-スコットランドの試合を主催していたが、しかし、1894年から1900年の間の連続4試合は、セルティック・パークに授与された。レンジャーズの取締役らは、施設を改善しようとして、新アイブロックス・パークの2万ポンドの建設を認可した[5]

新スタジアムは以前の場所と一部オーバーラップして建設され、1899年12月30日に正式にオープンしたし、そのときレンジャーズがハート・オブ・ミドロシアンを3–1で破った。オープニング直後、グラウンドは75000の収容能力に達した[1]。建設はすぐにスコットランドフットボール協会(SFA)によって承認された。そのときたった1つの投票で1902年のイングランド-スコットランドの試合を主催するために新スタジアムが選ばれた[5][6]。試合は両者間の31回目の対戦であったし、完全にプロフェッショナルなチームによって争われた最初の試合であった[6]

ウェスト・トリビューン・スタンド[編集]

ウェスト・トリビューン・スタンドは、少年時代からのレンジャーズファンでそのサービスを無償で提供したスコットランドの建築家アーチボルド・リーチによって設計され[7]、35913の収容能力があった[8]。しかしながら、リーチ自身が最大収容人数に懸念を表明し、試合前に現場を訪れてスタンドを視察していたが、しかし、測量士は目的のためにグラウンドを合格させた[9]。以前、構造に大きな揺れがあったという報告があった[7]。スタンドは、基礎でコンクリートに設置された垂直な梁を特徴とする鋼鉄フレームを使用して構築されていた。次に、水平な梁が木のデッキングと連動して使用され、観客らが立つための段状構造を形成した[10]。合わせて96段、それぞれの高さは4インチ、幅は約14インチであった。最大収容時に、各観客は平均長さ16インチ、幅14インチの個人用スペースを持っていると推定された[8]

出来事[編集]

前試合[編集]

1901年–1902年ブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップは1902年2月にアイルランドがウェールズを破って始まった。スコットランドは3月1日に大会最初の試合を行ない、ベルファストでアイルランドを5–1で破ったし、いっぽう君臨しているイングランドは、2日後にウェールズとの最初の試合でゴールレスドローに抑えられた。スコットランドとイングランドはどちらも2試合目を勝った。スコットランドはウェールズを5–1で破ったし、イングランドは1週間後にアイルランドを1–0で破った。残り1試合でスコットランドはグループをたった1ポイント、リードした。3つのシーズンで2度目のタイトルを獲得するために必要なのは、アイブロックスでのイングランド戦での敗北を回避することだけであった[11]

試合とスタンドの崩壊[編集]

災害地を視察する当局の写真

1902年4月5日午後3時30分に、スコットランドとイングランドの間で行われたブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップ今季最終戦がキックオフされた。公式の出席者数はなかったが、しかし試合の状態を推定すると、68,000人超の観客が集まったし、その半数がウェスト・トリビューン・スタンドに立っていた[6][8]。試合にはスチュワード約50人が勤務していたし、そのほとんどは彼らの役割の経験があり、SFAによって提供されていた。スタンドがいつ満杯になったのかを判断する方法はなかったけれども、彼らは、適切な時期に展示される、スタンドがいっぱいであることを宣言するサインを与えられていた[8]。スタンドはそれまで多くのサポーターを抱えたことはなかったし、以前の使用で半分以上いっぱいになることもなかった[8][9]。試合の早くに、サポーターらはテラシングの正面に向かって短時間押し寄せたし、勤務中の警察は、群衆を規制し、1地域から彼らを分散させる目的で介入することを余儀なくされた[8]

新聞報道とその後の研究は、事象は試合の前半の約30分間に発生しているとしている[5][6]、そのとき新しく建てられたウェスト・トリビューン・スタンドの後ろが崩壊し、何百人ものサポーターを40フィート (12 m)も下の地面に送った。推論されたいくつかの崩壊の理由は前夜の大雨と、試合が進むにつれて大勢の観客が押し寄せたり揺れたりしたことをふくんでいた。スコットランドのプレーヤー ボビー・テンプルトンを中心とする事件後の報告の1つの説。テンプルトンはエキサイティングな攻撃プレイヤーと見なされ、スコットランド代表チームにデビューし、崩壊する前にボール・モーメンツを手に入れていた。捜査によると、テンプルトンがボールを持ってドリブルするのを見ようという群衆のたまらなさが、彼らを前に押しよせたし、それが崩壊の一因となったかもしれない[12]。ピッチ周りの競走路が満員になっていたし、スタンドの下10列があいたままになっていたこともまた指摘された。これによりそれら列からの視界がさえぎられ、その結果、下の列の観客らは、下のからの列に押し込まれて眺望のきく地点を失なうことを避けるためにたえず押し上げた[13]

その後の現地調査で、ジョイント17が崩れ、スタンドに長さ約20ヤード (18 m)の穴1つが開いていることがわかった。群衆の中の数人の目撃者は、崩壊の前に大きなひび割れ音が聞こえたと報告したし、建具屋をしている或る目撃者は、崩壊の前に木の板らが裂けるのが見えたと主張した[8]

反応[編集]

崩壊の直後、穴の周りの群衆はスタンドから逃げようとして競技場に逃げ込んだ。スコットランドの選手 アレックス・レイズベックは後に、選手らは事象に気づかず、サポーターらがフィールドの周りの手すりをよじのぼったとき押し寄せる群衆はピッチへの乱入だと最初信じていた、と述べた[9]。彼は後で現場を説明し、次のように述べることになる「われわれが救急車の男らが働いているのを見たとき、何か深刻なことが起こったことがわかった。われわれは更衣室に引き退がるように命じられた。わたしは中の光景を決して忘れない。ほんの少し前にスコットランド選手らが裸になっていたシートらに、死体らとうめき声をあげる男らが横たわっていた。一部の選手の服でさえ包帯として要求された」("When we saw the ambulance men at work we knew that something serious had happened.We were told to retire to the dressing-rooms.I shall never forget the scenes inside.Dead bodies and groaning men were lying on the seats where only a short time ago the Scottish players had stripped.)[9]

当局は、200人から300人の観客が穴から下の地面に落ちたと推定した。発生した致命傷の大部分は、落下するときに地面かまたは鋼の桁のどちらかに衝撃を与えた人々によって直接に引き起こされた。結局は大勢の人がグラウンドに山積みになったし、死者が連れて行かれたグラスゴーのWestern Infirmaryの歴史家らは、人の数が多いために、「生きてグラウンドに最初に着いた人々はそのとき、窒息の危険にさらされていたにちがいない」("Those who first reached the ground alive must then have been at hazard from suffocation")とコメントした[8]。事件に最初に到達した人々は、負傷者とのアクセスを得るために、スタンドのベースの周りの亜鉛メッキされた鉄のフェンスを引き裂かねばならなかったし、『The Herald』は、現場で最初に救助者らが出会ったのは「言葉では言い表せない恐怖と混乱の現場…人々の混乱と出血の塊であり、犠牲者らは積み重なっていた」("a scene of indescribable horror and confusion ... a mass of mangled and bleeding humanity, the victims piled one above the other")と書いた[13][14]。一部の観客は、落下中に鋼の梁に巻き込まれていたし、救助されるまで空中に吊るされていた[14]。地元の病院らは死傷者らに圧倒され[5]、事象後、約190人が入院したと推定され[15]、近くのガバン警察署の独房らは救急治療室として使われ[5]、負傷者は、徴発されたブレーキら(brakes)または一度に最大30人を運ぶタクシー(taxis)らに乗せられた[13]。翌日に現場を訪れた新聞記者らは、現場にがれきがないことを指摘した。それは大量の粉みじんにされた金属と木が、負傷した観客らを運ぶための間に合わせの担架を形成するために使用されていたから[14]

混沌にもかかわらず、試合関係者らは、もしサポーターらが一斉にスタジアムを出始め、救助の試みを妨げ得たならば、もし試合を放棄すればそれはさらなる負傷につながるのではないかとあやぶんだ。SFAとフットボール協会の代表らは急いで進め方について話し合い、代わりに20分間遅れて試合を再開することを選択した[16][9]。一部の選手と関係者は決定に同意しなかったけれども、試合は再開されたし、継続を支持したレイスベックは、「最後の笛が鳴ったとき、全員がすっかりいやになっていたために、選手のだれも申し訳なかった」("none of the players were sorry when the final whistle went as they were all heartily sick")とコメントした[9]。試合の残りの間、観客らと関係者らがフィールドをとり囲んだとき負傷者は付き添われたので、彼らはしばしばプレーの実行を妨害しましたとき彼らがピッチにこぼれた。『The Scotsman』は、ある時、フリーキックをとるために騎馬警官らに移動を求めなければならなかった、と述べた[13]。スコットランドのゴールキーパー ネッド・ドイグは、試合の後半の間じゅう一貫して涙を流していたと報じられた[7]。かなりの数の観客が事象の深刻さに気づかなかった[17]し、押しつぶされがますことを恐れて、事象の際にゲートらが開かれたにもかかわらず、グラウンドを離れることを選ぶ人はほとんどいなかった[16]。試合は1対1の引き分けで終わった[6]

死傷者[編集]

合わせて25人が死亡し、500人超が負傷したと報告され、 [lower-alpha 1] それは「危険に」("dangerously")から「わずかに」("slightly")までの範囲であった[8]。最もふつうな死因は頭蓋底の骨折と考えられたし、犠牲者のうち14人がこのカテゴリーに記録された。14人のうち2人、アレクサンダー・マレーとブルース・クロフォードは「瞬間的」("instantaneous")と考えられたし、アイブロックス・パーク自体で死亡したと宣告された唯2人の犠牲者であった[8]。その日の終わりまでに、合わせて8人が死亡を確認された[16]。重い胸部内傷と肋骨骨折のような多数の遺体によってこうむる圧挫損傷に関連する死因とともに犠牲者8人がリストされた。残りの3人の死亡は、ショックかまたは心停止のいずれかに起因していた[8]。最後の犠牲者ピーター・パターソンは、5月15日の災害から3週間後に死亡した[5][18]

災害から2週間後、『The Scotsman』は、「危険な負傷者24人、重傷者168人、負傷者153人、軽傷者171人」("dangerously injured 24, seriously injured 168, injured 153, slightly injured 171")、合わせて517人の負傷者のリストを発した[8]。他の報告らによると、負傷者は588人にも上った[17]。多数の負傷は、観客の頭部の切り傷と深傷(ふかで)として説明されたし、崩壊によって残されたウッドデッキのギザギザな縁取りが原因であると考えられた[8]。カーコーディからのウィリアム・デュワーもこの災害で重傷を負ったし、『Dundee Evening Telegraph』は、彼は1904年7月に突然死ぬまで、負傷から回復しなかったと報じた[19]。別の観客ドナルド・スミスは1905年7月に死亡したし、これは災害で負傷したことが原因であった[20]

余波[編集]

災害は、この種の最初の大きな事件と見なされたし、『Athletic News』は、「1つの心慰める反省は、スポーツに関連してこの種の死者が出たのは、これが唯一のケースであるということである」("the one solacing reflection is that this is the only case of fatality of this kind in connection with (the) sport")と書いた[16][21]。これは1946年3月のボルトンでのバーンデン・パーク災害まで、イギリスで最も致命的なスタジアムの災害であった[21]。事象をめぐってレンジャーズまたはSFAに対して起訴は行われなかった[12]。災害の犯罪捜査は、材木商人アレクサンダー・マクドゥーガルに対して起訴をもたらしたし、彼は同年6月に有責殺人(culpable homicide)で起訴された[5][22]。マクドゥーガルはスタンドの建設に使用された木材を供給し、高品質のレッド・パインの代わりにイエロー・パインを使用することで安上がりにすまそうとしたとして非難された[23]。著名な土木技師ら サー・ベンジャミン・ベイカーとサー・ウィリアム・アロルがマクダガルの弁護の証人として登場した。両者ともに、自分らはイエロー・パインの選択は災害に何の役割も演じなかったと信じており、代わりにスタンドの建設に事故の責任を負わせる、と証言した。設計は、それが建築された作品にしてはあまりに軽すぎると見なされ、時代遅れの教科書に基づいていた。ベイカーは、スタンドの設計により1平方フィートあたり25ポンドの負荷に対して安全であると結論付けたが、しかし試合当日、1平方フィートあたり最大75ポンドの負荷が発生したと推定した[24]。マクドゥーガルは後に全会一致で無罪判決を受けた[9]

リーチ自身が事象に取り乱したし、レンジャーズになされたミスを修正するチャンスを懇願したし、「事故がわたしにいかなる口にも出せない苦痛を与えたのか、わたしはほとんど言う必要がない」("I need hardly say what unutterable anguish the accident caused me.")と述べた[7]。彼はイブロックスの再開発を監督するためにクラブによって再雇用されたし、その後、イギリスで数多くのフットボール・スタジアムを設計した[23]。事故後、フットボール・グラウンドの鉄鋼フレームワークに木のフレームワークを使用することは、ほとんど信用されなかったし、イギリス全国で、土工または鉄筋コンクリートで支えられたテラシングに置き換えられた[5][14]

レンジャーズは災害前にスコットランド・リーグ・チャンピオンシップを4回連続で獲得していたが、しかし、クラブはその後、事故後のアイブロックスの大規模な再開発の資金を調達するために自分らの最高の選手の何人かを売った。レンジャーズは1911年まで別のリーグ・チャンピオンシップに勝たなかった[12][25]

福利基金と試合[編集]

1902年4月19日に、FA評議会の会議は、試合が「未終了」("unfinished")として公式にリストされるであろうと宣言した。会議中に、被害者らとその家族のために救援基金を設立し、FAが500ポンドを寄付し、リプレイ・マッチを開催し、収益をすべて基金に寄付することも合意された。SFAは後にすべての点で合意した。リプレイは4週間後、1902年5月3日にバーミンガムのビラ・パークで開催され、2対2の引き分けで終了したし、選手の大多数は元の試合から変更されなかったし、スコットランドは3つの変更を加えた[26]。その結果、スコットランドのブリティッシュ・ホーム・チャンピオンシップ・タイトルが獲得された[11]。1回限りのクラブ・トーナメント ブリティッシュ・リーグ・カップも、資金を調達するために、開催された[27]し、いっぽうで、レンジャーズのオールドファームのライバル セルティックは、資金を調達するためにイギリス側ブラックバーン・ローバーズとの試合を組織した[5]

犠牲者らを支援するためにアイブロックス・パーク災害基金が設立されたし、解散させられる前に2年間近く経営された。基金は運営中に、負傷した観客らに約18000ポンド、故人の家族らに5,000ポンド超を支払った。残りの約5500ポンドの資金は、管理費の支払いに使用されたし、その後負傷した観客らを治療していた診療所に寄付された[28]

アイブロックスの再開発とその後の諸事件[編集]

アイブロックスは、災害後に大幅な再開発を行なった。1902年末までに、ウェスト・トリビューン・スタンドの高さは残りのスタンドと一致するように大幅に低くなっていた。スタンドの梁の数は3倍にされたし、これは、ボードが崩れたとしても、観客が落ち抜けることができないように設計されていた[29] 試合らも同じ年に再開されたが、すべてのスタンドの収容人数が限られていた[30]

1963年に、コップランド・ロード地下鉄駅に最も近い出口である通路13(通称「階段13」Stairway 13)に隣接する階段の安全について懸念が表明された。1961年9月16日にその階段で押しつぶされ状態で2人が死亡したし、1967年と1969年に、他に2つの事件があり、数人が負傷した。レンジャーズはそのときまでに合わせて15万ポンドを改善に費やしていた[31]。がそれにもかかわらず、1971年にアイブロックスで別のより大きな災害が発生した、そのときサポーターらがオールド・ファーム試合でスタジアムを離れようとして66人が押しつぶされ状態で死亡した[32]

注釈[編集]

  1. Some reports list 26 deaths, however the indictment for the only attempt at prosecution ever brought over the disaster, against Alexander McDougall, names 25 victims.[8]

脚注[編集]

  1. 1.0 1.1 “A Stadium To Be Proud Of”. Rangers.co.uk (Rangers F.C.). http://www.rangers.co.uk/page/Ibrox/0,,5,00.html 2018年5月7日閲覧。 
  2. “In pictures: The evolution of Ibrox Stadium through the years”. The Scotsman. (2018年2月20日). https://www.scotsman.com/sport/football/teams/rangers/in-pictures-the-evolution-of-ibrox-stadium-through-the-years-1-4692576 2018年8月10日閲覧。 
  3. Inglis, Simon (1996). Football Grounds of Britain. Collins Willow. p. 466. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-00-218426-7 
  4. “Disaster at a Glasgow Football Match”. The Times: p. 4. (1902年4月7日). http://tinyurl.galegroup.com/tinyurl/9rzL57 2019年4月25日閲覧。 
  5. 5.0 5.1 5.2 5.3 5.4 5.5 5.6 5.7 5.8 Ewing Grahame (2010年12月30日). “More than 600 people were killed or injured in the first Ibrox Disaster in 1902 when Scotland played England”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/sport/football/teams/rangers/8230537/More-than-600-people-were-killed-or-injured-in-the-first-Ibrox-Disaster-in-1902-when-Scotland-played-England.html 2018年5月7日閲覧。 
  6. 6.0 6.1 6.2 6.3 6.4 England Match No.76 becoming an Unofficial Match”. England Football Online. 2018年5月7日閲覧。
  7. 7.0 7.1 7.2 7.3 Scott Murray; Rowan Walker (2008). Day of the Match: A History of Football in 365 Days. Pan MacMillan. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-0-7522-2678-1. https://books.google.com/books?id=jqnq0hIia0cC&q=1902+ibrox+disaster&pg=PA100 
  8. 8.00 8.01 8.02 8.03 8.04 8.05 8.06 8.07 8.08 8.09 8.10 8.11 8.12 8.13 Sheils, Robert (November 1998). “The fatalities at the Ibrox disaster of 1902”. The Sports Historian (British Society of Sports History) 18 (2): 148–155. doi:10.1080/17460269809445801. 30 October 2008時点におけるアーカイブ。. エラー: |archivedate=を指定した場合、|archiveurl=の指定が必要です。. http://www.la84foundation.org/SportsLibrary/SportsHistorian/1998/sh182k.pdf 2012年9月22日閲覧。. 
  9. 9.0 9.1 9.2 9.3 9.4 9.5 9.6 The adventures of Liverpool's first superstar - Chapter III”. Play Up Liverpool. 2018年5月8日閲覧。
  10. Rob Steen (2014). Floodlights and Touchlines: A History of Spectator Sport. A & C Black. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-4729-2221-2. https://books.google.com/books?id=znhcAwAAQBAJ&q=west+tribune+stand+wooden&pg=PA47 
  11. 11.0 11.1 British Home Championship 1900–1914”. The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. 2020年12月27日閲覧。
  12. 12.0 12.1 12.2 David Mclean (2017年4月5日). “On this day 1902: First Ibrox Disaster”. The Scotsman. https://www.scotsman.com/news/on-this-day-1902-first-ibrox-disaster-1-4412812 2018年5月8日閲覧。 
  13. 13.0 13.1 13.2 13.3 “The Ibrox Park Disaster”. The Scotsman. (1902年4月8日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000540/19020408/164/0005 2020年12月28日閲覧。 
  14. 14.0 14.1 14.2 14.3 “A national tragedy: Ibrox disaster, 1902”. The Herald. (2008年4月7日). http://www.heraldscotland.com/news/12459941.A_national_tragedy__Ibrox_disaster__1902/ 2018年5月8日閲覧。 
  15. “The Ibrox Park Disaster”. Edinburgh Evening News. (1902年4月14日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000452/19020414/011/0002 2020年12月28日閲覧。 
  16. 16.0 16.1 16.2 16.3 “The Meeting of Scotland and England”. Athletic News. (1902年4月7日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000986/19020407/092/0005 2020年12月28日閲覧。 
  17. 17.0 17.1 Ibrox Disasters”. Rangers F.C.. 2018年5月8日閲覧。
  18. “The Ibrox Park Disaster”. Edinburgh Evening News. (1902年5月16日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000452/19020516/013/0002 2020年12月28日閲覧。 
  19. “Victim of the Ibrox Disaster”. Dundee Evening Telegraph. (1904年7月2日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000453/19040702/074/0005 2020年12月28日閲覧。 
  20. “An Ibrox Disaster Victim”. Aberdeen Press and Journal. (1905年7月25日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000576/19050725/038/0004 2020年12月28日閲覧。 
  21. 21.0 21.1 Johnes, Martin (2001). 'Heads in the Sand’: Football, Politics and Crowd Disasters in Twentieth-Century Britain. https://www.academia.edu/582314/_Heads_in_the_Sand_Football_Politics_and_Crowd_Disasters_in_Twentieth_Century_Britain. 
  22. “The Ibrox Park Disaster”. Edinburgh Evening News. (1902年6月19日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000452/19020619/087/0004 2020年12月28日閲覧。 
  23. 23.0 23.1 Brocklehurst, Steven (2019年4月25日). “Archibald Leitch: The man who survived disaster to build football”. BBC News. 2019年4月25日閲覧。
  24. “The Scotch Football Disaster – The Trial”. The Times. (1902年7月10日). http://tinyurl.galegroup.com/tinyurl/9rxgk2 2019年4月25日閲覧。 
  25. Rangers”. Football Club History Database. 2020年10月28日閲覧。
  26. England Match No.76 – Scotland – 3 May 1902”. England Football Online. 2018年5月8日閲覧。
  27. British League Cup”. Scottish Football Historical Archive. 2018年5月8日閲覧。
  28. “Winding Up of the Fund”. Belfast News Letter. (1904年3月31日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000038/19040331/119/0005 2020年12月28日閲覧。 
  29. “Ibrox Park”. North Star and Farmer's Chronicle. (1902年10月9日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0001883/19021009/085/0006 2020年12月28日閲覧。 
  30. “Reconstruction of Ibrox Park”. Greenock Telegraph and Clyde Shipping Gazette. (1902年8月14日). https://www.britishnewspaperarchive.co.uk/viewer/bl/0000472/19020814/053/0003 2020年12月28日閲覧。 
  31. Ferrier, Bob; Robert McElroy (2005). Rangers: The Complete Record. Breedon Books. pp. 67–8. モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-1-85983-481-7 
  32. On this day—2 January 1971”. BBC. 2018年5月9日閲覧。

座標: 北緯55度51分12秒 西経4度18分37秒 / 北緯55.8534度 西経4.3103度 / 55.8534; -4.3103


This article "アイブロックス災害" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:アイブロックス災害.