ひのレディオ

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found ひのレディオ(ひのれでぃお.英称:HINORadio)は、2019年10月15日から活動している日本のクリエイティブユニットである。略称はHR(エイチアール)。所属レーベル、野口部屋(のぐちべや)である。

概要[編集]

メンバーについて[編集]

それぞれが独自の音楽性を確立するプレイヤーで構成されており、多様なアレンジが展開される。

結成の経緯について[編集]

2018年1月当時、TBSの人気テレビ番組であるSASUKEのエントリー活動へ高いモチベーションを持っていたひのが「SASUKEに出てみたい」と考えて結成。当初は、TBSへアピールするための戦略の一つに過ぎなかった。※ひのは、高校生の頃から合計で8回SASUKEへエントリーしており、毎年落選となっている。

メンバーを決めたのはひのであり、当時は、同じ大学に在学していたおかみちゃんとの二名で結成した。結成後、TBSに向けた動画(「サスケ応募用動画~クリフハンガーは爪で克服~」(現在はYoutubeで非公開動画となっており、メンバーのみが閲覧可能となっている。))を作成し、SASUKEへエントリーするも書類審査落選に終わった。

二人は、SASUKEに出場するための方法の一つとして、有名になることを目標に、"Youtuberっぽいこと"を始めた。ゲーム実況動画、料理動画、謝罪動画等の作成に尽力するが、楽しさを見いだせず、完成せずに終わった。

その後、音楽動画を作成することとなり、おかみちゃんの自宅にあったキーボードに触れたひのは、才能開花した。おかみちゃんは、当時のひののことを「天才チンパンジー」と評し、音楽活動を本格的に開始した。

※一夜にして「どんなときも」を弾き語りしたとの噂がファンの間ではある。

その後、同じ大学に在学していたR13が、彼らの活動を知り、ラジオ番組の作成をすることとなり、現在のひのレディオのメンバー構成となった。

略歴[編集]

メンバー[編集]

ひの [編集]

ボーカル、作詞、作曲、編曲、MV制作、イラスト担当

「うーたん」の愛称をもつ。メンバーからは、「さる」「耳が小さい」と呼ばれている。

24歳現在、童貞とのことである。(詳細は不明)

身長は、166cm、体重は、63kgである。

趣味は筋トレ、プランク5分10秒。ベンチプレス80kg

高学生の頃は陸上競技部に所属し、体脂肪率6%だった。専門種目は走り幅跳び。自己記録は6m47cm。

また、100mを12秒07で走る事ができる。

大相撲観戦が好きである。1番好きな力士は稀勢の里

小学3年生の時、学校の授業で描いた絵が推薦され展覧会に出展され受賞した過去を持つ。小学生以降、絵を描くことから離れていたが、楽曲のジャケット画や、ひのレディオ公式キャラクター恋純ユキを描く事で、当時の絵描きとしての能力が蘇りつつある。

好きな歌手は槇原敬之、globe、尾崎豊などである。しばしば作詞において槇原敬之、作曲において小室哲哉に影響を受けたであろう作品がある。

自治会の副会長を務めるなど、地域活動にも精力的に貢献している。

国家資格でもある放射線取扱主任者2種の資格を持つ。

寺村左膳の末裔であり、板垣退助の遠い親戚とも言える。

特別音楽の勉強をしたことはなかったが、相対音感を持ち、聴いた音楽を楽譜なしで弾く事ができる。 始めてリリースした楽曲、「冬源郷」は、全く知識がない状態で1人で作曲、編曲した。 おかみちゃんの家に置いてあったキーボードで、「どんなときも」を演奏するまで、自分の能力に気が付かなかった。

小学生の頃は音楽の授業が一番嫌いで、一番成績が悪い科目だった。*大人数で歌うこと嫌いだった。また、音楽の教科書に乗っている楽曲を好きになれなかった事が原因と考えられる。

口癖は「ちげぇよー」「インスタライブはやらねぇ」「恥ずかしがって何もしないことが一番恥ずかしいんだよ」などがある。

R13[編集]

作詞、企画、写真撮影担当。

非凡な頭脳を持ち、偏差値70を超える日本の有名大学を卒業している。

好きな歌手は、RADWIPS、ヤバイTシャツ屋さんである。

写真家として活動する側面を持ち、しばしば恋純ユキのインスタグラムの投稿に使用されている。

おかみちゃん[編集]

企画担当、教育係。

いちばんスケベ

幼少期からエレクトーンを習っていた経験から、毎週zoomにて音楽教室を開催し、ひのとR13に音楽理論を教える。

好きな歌手は東京事変、椎名林檎である。

卓球部である。

毎年クリスマスになると、野口部屋にてクリスマスちゃんこを開催しており、女将としてちゃんこ番を勤めている事が名前の由来である。

恋純ユキ[編集]

夢も希望もない僕の前に突然現れた天使。 ひのが作り出した二次元キャラクター。


相撲が好きなスー女であり、アルバム曲「未来に届け!キモチ」のMVではまわし姿を披露し、ファンに衝撃を与えた。

当初、恋純ユキを全面的に押したVtuberのような活動を始めていた(恋純ユキの相撲実況動画など)が、ひのが二次元の女の子を愛す事ができず、2021年7月21日にYouTubeのアカウントが凍結した事をきっかけに、Vtuberとしての活動を引退した。

しかし、恋純ユキを応援するファンの後押しもあり、インスタグラムは引き続き更新され続けており、2022年4月現在、フォロワー数が6000人を突破した。また、 feat.yukiとしての作品も誕生しており、現在はひのレディオにおける公式キャラクターとしての立ち位置を確立している。

ギュッP[編集]

ひのが幼少期に

ディスコグラフィー[編集]

恋純ユキ名義でのリリース[編集]

デジタルシングル
発売日 タイトル 最高位 作詞 作曲 編曲
1st 2021年2月19日 冬源郷  ー R13 yuki yuki

ひのレディオ名義でのリリース[編集]

デジタルシングル
発売日 タイトル 最高位
1st 2021年12月24日 恥ずかしがって何もしない事が1番恥ずかしい  ー
2nd 2022年2月16日 ともへ  ー
3rd 2022年3月22日 くっくっくうちゃん  ー

恥ずかしがって何もしない事が1番恥ずかしい[編集]

作詞 : R13、作曲 : ひの、編曲 : ひの

ひのレディオの1stシングル。

ともへ[編集]

作詞 : ひの、作曲 : ひの、編曲 : ひの

大学時代のともへ作った。

くっくっくうちゃん[編集]

作詞 : ひの、作曲 : ひの、編曲 : ひの

ひのが当時5歳で作曲した曲。

受賞[編集]

  • 「東邦最強男子決定戦2017年」<ひの>準優勝

出演[編集]

  • 「NHKのど自慢大会2021年」<ひの>

エピソード[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

「恥ずかしがって何もしない事が1番恥ずかしい」という格言を掲げて活動をしており、1stシングルのタイトルにもなっている。

外部リンク[編集]



This article "ひのレディオ" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ひのレディオ.