ねなしぐさ 平賀源内の殺人

提供:EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索


Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

ねなしぐさ 平賀源内の殺人
編集者 {{#property:P98}}
著者 乾緑郎
発行日 2020年2月10日
2022年6月7日(文庫本)
発行元 宝島社
ジャンル 時代小説、ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 305
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ねなしぐさ 平賀源内の殺人』(ねなしぐさひらがげんないのさつじん)は、乾緑郎による日本の時代小説、ミステリー小説。「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した乾が、「歴史の謎」をテーマに描いた作品[1]

ストーリー[編集]

Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:Message box/configuration' not found

登場人物[編集]

平賀源内
侍であり、本業は本草学者。医学、蘭学や鉱物の知識、戯作者、発明家といった多岐にわたる。
杉田玄白
平賀源内の友人。
田沼意次
老中[1]
工藤平助
医者[1]
志乃
源内を慕っている遊女[1]

作風[編集]

品川庄司の品川祐によると、悲しい平賀源内の最期が報われる気がするように描かれている[1]

宮部みゆきは2020年4月19日付の読売新聞で、本作について平賀源内の「史実を鵜呑みにしていいのか、磊落な天才の人生の行き着く先に、他の希望の道はなかったのだろうかと問いかける」ような作品であると評している[2]

書誌情報[編集]

  • 乾緑郎『ねなしぐさ 平賀源内の殺人』2020年2月10日発売[1]モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-4-299-00068-2
    • 文庫版、2022年6月7日発売[2]モジュール:Citation/CS1/styles.cssページに内容がありません。ISBN 978-4-299-03097-9

出典[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 1.5 ねなしぐさ 平賀源内の殺人”. 宝島社の公式WEBサイト. 宝島社. 2022年6月5日閲覧。
  2. 2.0 2.1 宝島社文庫 ねなしぐさ 平賀源内の殺人”. 宝島社の公式WEBサイト. 宝島社. 2022年6月7日閲覧。


This article "ねなしぐさ 平賀源内の殺人" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:ねなしぐさ 平賀源内の殺人.