Welcome to EverybodyWiki 😃 ! Nuvola apps kgpg.png Log in or ➕👤 create an account to improve, watchlist or create an article like a 🏭 company page or a 👨👩 bio (yours ?)...

いすゞ・ミューウィザード

提供: EverybodyWiki Bios & Wiki
移動先:案内検索

スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。 スクリプトエラー: モジュール「Message box」はありません。

いすゞ・ミューウィザード
UCS69GW型
ホワイトリミテッド
Isuzu Wizard 005.JPG
タイプX(リア)
Isuzu Wizard 004.JPG
製造国
  • 日本の旗 日本(藤沢市)
  • アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(ラファイエット)
  • イギリスの旗 イギリス(ルートン)
  • タイ王国の旗 タイ(ラヨーン)
  •  エジプト(10月6日市)
販売期間
  • 1990年 - 1998年
  • タイ王国の旗1993年 - 2002年
  • 日本の旗1995年 - 1998年
乗車定員 5名
ボディタイプ 5ドアSUV
エンジン 水冷エンジン直列4気筒 渦流室式ディーゼルターボ 3,059スクリプトエラー: モジュール「String」はありません。cc
駆動方式 パートタイム4WD
変速機 4速AT
サスペンション Lua エラー package.lua 内、80 行目: module 'Module:TableTools' not found
全長 4,585 mm
全幅 1,780 mm
全高 1,750 mm
ホイールベース 2,760 mm
車両重量 1,890 kg
生産台数 不明(メーカーにデータ無し)[1]
先代 いすゞ・ミュー
後継 いすゞ・ウィザード
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

ミューウィザードMU WIZARD)は、かつていすゞ自動車が生産、販売していた5ドアSUVである。

概要[編集]

1995年、「ミュー」の5ドア版として「ミューウィザード」が販売される。その後「ウィザード」が発売される1998年にまで販売された。日本国外では1990年から販売されている。

日本市場導入までの経緯[編集]

1995年当時、いすゞはピックアップトラックの「TF」を5ドアのSUVとした「ロデオ」をすでにラインナップに持っており、主な市場であるアメリカの「SIA」で生産していた。一方、いすゞは同社を代表するSUVである「ビッグホーン」があり、自社競合を避けるため、ユーティリティーの面では一歩譲る「ロデオ」の日本国内販売は予定されていなかった。しかし1990年代の国内のクロスカントリー車市場の急成長に伴い、いすゞでも新たなSUVを国内に投入し、低迷していた乗用車販売の一助とする機運が高まった。

ミューウィザードの開発に当り、他社のクロスカントリー型SUVの多くが5ドア・ロングボディの投入で人気となっており、国内市場では「5ドア・ディーゼル・AT」が売れ筋の「三種の神器」とされていた。そこで、「ビッグホーン」とは別の5ドアの国内向け「新SUV」として、北米「ロデオ」の日本国内向けが企画されたが、ロデオの登場から約4年ものタイムラグがあったため、迅速な市場投入が求められた。そこで当時社長直属のプロジェクトとして立ち上げられた「ZIPカープロジェクト」により、各セクションから専任スタッフを集め少数精鋭の開発体制が組まれた。

当初は北米のロデオを右ハンドル化して輸入することで、新車種の追加と、帰りの車運船の積載効率の向上の両方が果たせると考えられていた。しかし国内市場への導入に当り、当時主流であったディーゼルエンジンの搭載や、国内ライバル車との対抗上、乗り心地を考慮したサスペンション形式の変更(リーフリジッドから4リンクリジッド + コイルスプリングへと刷新。)などから、UBSビッグホーンとの部品の共有化を考え、藤沢工場での生産になった。

同時期にエルフUTの企画が同じZIPカープロジェクトで立ち上げられた他、1997年に発表されたスペシャリティSUV、ビークロスも同プロジェクトから量産化されている。

北米仕様[編集]

1990年、北米にてTFを3ドアSUV化した「アミーゴ」の5ドアバージョンである「ロデオ」が1991年モデルとして発売開始された。製造はアメリカの「SIA」で行われた。エンジンは当初4ZE1型 直4 2.6 LとGM製のV6 3.1 Lが用意され、トランスミッションは5速MTに加えて、V6車は4速ATも選べた。1993モデルイヤーにV6エンジンは自社製の6VD1型 3.2 Lに、直4エンジンはホールデン製の2.4 L ファミリーIIにそれぞれ換装された。

日本仕様[編集]

北米向けロデオからの主な変更点は以下の通りである:

エンジン
ミューウィザードは4JG1型ディーゼルを搭載。
リアサスペンション
リーフスプリング+リジッドアクスルから4リンク+コイルスプリング+リジッドアクスルへ変更。
生産拠点
日本国内(藤沢工場)で生産。

エンジン・サスペンションが変更された背景に、当時の国内市場ではトルクフルで燃費に優れるディーゼルエンジンが人気であったこと、ワゴンではリーフリジッドサスペンションがすでに通用しなかったことが挙げられる。ミューの姉妹車という位置付けであるが、外観は同社の国内版ピックアップトラックであるロデオに近い。フロントコーナーマーカーのレンズがアンバーなのは北米向けロデオの名残である(ロデオのこの部分はサイドマーカー+サイドターンシグナル、ミューウィザードではクリアレンズの車幅灯をバンパーのフロントターンシグナル外側に移設し、サイドターンシグナルとなる)。

エンジンは、それまでのいすゞ小型車で好評であった4JB1-T型エンジンに代え、排出ガス規制に対応しやすい、3.1 Lの4JG2型エンジン(インタークーラーなし)を採用した。シャーシのほとんどはビッグホーン・ロングからの流用で、内外装はミュー、インパネ周りをビークロスと共用した部分も多い。トランスミッションは4速ATのみであった。

1997年春、マイナーチェンジではエンジンの電子制御化による出力およびトルクが向上し、アルミホイールのデザイン変更などが行われた。

欧州仕様[編集]

欧州向けのオペル/ボクスホール・フロンテラは1991年から発売が開始された。イギリス・ルートンにあるIBCビークルズ(いすゞとボクスホールの合弁で、旧ベッドフォード・ビークルズの工場)にて製造が行われた。エンジンは当初はオペル製の2.4 Lガソリンと2.3 Lディーゼルが搭載された。1995年のマイナーチェンジで2.2 Lガソリンといすゞ製4JB1-TC型 2.8Lディーゼルに換装され、リアサスペンションがコイルスプリング式に改められた。1996年からはVMモトーリ製の2.5 Lディーゼルも加わった。

フロンテラは1995年にルートンからオセアニアのホールデンに輸出されて発売されたが、こちらは3ドアのみであった。

タイ仕様[編集]

タイでは1993年から2WD車が「カメオ」 (Cameo)、4WD車が「ベガ」 (Vega) の車名で導入され、2002年まで製造が行われた。後継車種はMU-7。

余談[編集]

ドイツ自動車連盟(Allgemeiner Deutscher Automobil ClubADAC)が2005年に実施したテストにおいて、当代モデルと酷似したX6(中国名:陸風・X6)が前面衝突0点という史上最悪の結果を露呈し、思わぬ所で脚光を浴びる結果となった[2]

製造元である陸風汽車は江鈴汽車のブランドで、いすゞ(中国名:慶鈴五十鈴)と提携しつつも資本はフォードというややこしい関係を持っており、X6のディーゼルエンジンはいすゞ製[3]であるもののそれ以外はいわゆる「チャイニーズコピー」であり全くの別物となる。

輸出・現地生産先の名称[編集]

  • ロデオ(北米)
  • カメオ(タイ仕様の2WD車)
  • ベガ(タイ仕様の4WD車)

その他欧州のオペル/ボクスホールやオーストラリアのホールデンでは「フロンテラ」の5ドア車として販売が行われた。

車名の由来[編集]

  • 「ミュー」は「ミステリアス」(Mysterious)と「ユーティリティ」(Utility)をあわせた造語で、「謎につつまれた不思議な機能をもった車」という意味である。
  • 「ウィザード」は英語で魔法使い、名手を意味する。

脚注[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第93号21ページより。
  2. 北米向けロデオのアメリカNCAPにおける安全性は、前面が星3から4、側面が星4から5(最高)となっている。
  3. ガソリンエンジンは三菱製

関連項目[編集]

スクリプトエラー: モジュール「Side box」はありません。

  • いすゞ自動車
  • いすゞ・ミュー
  • いすゞ・ウィザード - 後継車
  • いすゞ・ウィザードアライブ
  • ホンダ・パスポート - 北米ホンダに供給された姉妹車

外部リンク[編集]


This article "いすゞ・ミューウィザード" is from Wikipedia. The list of its authors can be seen in its historical and/or the page Edithistory:いすゞ・ミューウィザード.



Read or create/edit this page in another language

Cookieは私達のサービスを提供するのに役立ちます。このサービスを使用することにより、お客様はCookieの使用に同意するものとします。